ブログトップ

六国峠@ドクター円海山の音楽診療室-無用な営みの、えも言われぬ、この上なき喜び

drenkaizan.exblog.jp

タグ:音盤 ( 46 ) タグの人気記事

バラキレフ:ピアノソナタ ピアノ表現の歴史を一気に無謀に駆け抜ける書法カオス

 さてバラキレフと聴くと、皆様のうち、ピアノでの技巧難曲の「イスラメイ」以降記憶がたどれる方々がいたとしても、交響曲や交響詩であり、それをなぞるかのように音楽ベンダーも、イスラメイ以外のレパートリーは希薄に辛うじて大半の各分野のレパートリーが点在する次第。
 しかしながら、恐らくロシア五人組のなかでも、とりわけ音楽書法を自在扱える教養をうかがわせ、リスト ショパン シューマンを理想とするピアノ技巧性とロシアおよび中央アジアの民族性そして、西欧文化圏のロマン主義にまで広い視野のある音楽は今後注目される作曲家であるのは、昨今の彼のピアノ作品全集の譜面などの話題からも、今後我々が知りえる音楽宝庫として留意すべき事項の一つであると所見さるる次第にて候。

さてそんなバラキレフの知る人には著明な稀少なものに、あるピアノソナタはその宝庫への導入として相応しい、珍妙な内容ゆえ我拝聴推奨セリ次第。
ピアノ・ソナタ変ロ短調 (1900-5)

嘗て80年代レコゲイの特集にも紹介がなされており、かなり昔からの珍妙な秘曲だが、昨今のトレンドから忘れ去られている観もある。

第一楽章はダイアトニックな短音階の装飾が、ドビュッシーの「ピアノの為」の前奏曲や、ストラビンスキーの春の祭典の冒頭などの主題の原初の血脈を感じるロシア的主題が、バッハのフーガのような遁走的多声展開がなされ、それ古典派のような伴奏上になって、それがショパンのピアノ曲の響きに変容し、最後はまた折り目正しい終止がなされる。
第二楽章のマズルカはリズムの扱いはドビュッシーのそれに近いが、ロシア調の節回しがかなりの風情。
そして第三楽章は間奏曲であり、歌というよりショパンの楽曲にあるアルペジオや途切れる歌による音詩であり、次第にスクリュアビンを思わせるかのような官能的盛り上がりもするが、静まり途切れるような終わりかたをする次第。
そしてフィナーレはチャイコフスキー的なアカデミズムなエリクチュールでロシア的叙情を表現し、技法的要素で開放している音楽展開している、短調のロシア的情緒あるロンド主題に前の楽章の回想もなされ、構成を引き締めても進み、最後は、ハーフディニッシュコード含む機能進行で、多少静まり心地よい憂鬱で曲は終止する。
現状どれだけ音盤があるのか不明ながら、NMLでモノラルながら、ケントナーの演奏で再会できるのが嬉しい次第。

a0007939_17421.gif

8.111223 バラキレフ:ピアノソナタ/リスト: 巡礼の年 第2年より/他(ケントナー)

なおショパンについてバラキレフの考は、ピアノ曲を簡素整理したような、敢えて編曲と呼ばず組曲「ショパン」としている作品のスケルツオなどで伺え知れるが各位に委ねる。


a0007939_1172239.gif
8.220324 バラキレフ:ショパンの作品による組曲/序曲集
BALAKIREV: Chopin Suite / Overtures
[PR]
by dr-enkaizan | 2008-01-07 01:09

何を新年初聴きとしてみるか?

 さてプレートルの明確に違いがわかるニューイヤーに刺激をうけ、ここは一つフランス近代からロマン派の間のものが、無性に聞きたくなる次第で、さっそく思考をめぐらしてみる。

 なにかピアノと管弦楽ものをしかも、フォーレのバラードの路線で品位を保ちつつ、力強い表現をしめす、というような事で想起して、マスネーとその弟子のピエルネのピアノ協奏曲のアルバムがVOXにありそれが、NMLにも存在しており、それを新春の早起きにがてら聴き二度寝を敢行。
a0007939_5121458.gif

CDX-5110 FRENCH PIANO CONCERTOS

 前者は第一楽章から九度の抜けるような爽やかな分散和音からとオケの対話、そして主部のスルルツアンドまで品位と豊穣の音色がちりばめられ、ラルゴの安息のコラールはまさに、その装飾段階にてフランスの高音重視のバスの軽妙さの美徳を一心に受け止めることが出来、一般的にフォーレの括りで語られる品位について、タイスで通俗にされているマスネーのそれ以外の作品まで拡げられることはなく、一般の聞き手は語らないあたりに、いかにフランス音楽をエスプリや人名で先入観や雰囲気で理解してきたことが解る次第にて候。
フィナーレは多少エキゾティクでありマスネーの異国趣味であり、弟子のドビュッシーのローマ大賞受賞作の「道楽息子」の参考になったのではというフォルムを多数含んでいる。
 そしてピエルネのそれも、丁度、友人にて同じ門下の同期ドビュッシー幻想曲と比べると幾分古めかしいビルトオーゾな楽曲の様相で、まるでサンサーンスや師匠の影響下にあるも、その力強さ才気そして時折でてくる旋法性あるメロディーラインはピエルネの個性の萌芽を垣間見る次第だが、後の作品の片鱗というより、非常に優等生的な出来栄えであり、その傷のないところが多少興奮を削がれるが・・・・今後多くのコンサートレパートリーなる聴き栄えは約束できる`次第にて候。


演奏はオケが多少荒いが、非常に健闘が伺われ未知よりの楽曲を斯様に聞かせること自体有り難い次第、

なお二枚目の内容も言及したいが本日はこれまで、さて・・・如何に。
[PR]
by dr-enkaizan | 2008-01-02 05:17 | クラシック

なにも語ることなし・・ただこれを読み聞くべしか・・・デーリアス「海流」

以下を承前の事

ポーマノックの浜辺から

Sea Drift または海の彷徨

自然の摂理に叶った音楽


もう書くことが無いぐらいゆえに、ヒコックス指揮ロイヤルフィルの同曲の入った、おそらく世界一番に当曲を解説したかのようなジャケッドをここに

私たちは20世紀に生まれたの s_numabe様へ
a0007939_224653.jpg

[PR]
by dr-enkaizan | 2007-07-01 22:46 | 解説のない音盤紹介

グレツキを出されるとキラールを出したくなるかも・・・・・

レスピーギの合間に・・・・。
最近立て続けにグレツキの名前を聞かされる次第にて候。
最初はNHK FMでの現代の音楽での西村氏のポーランドの簡素主義の現代音楽潮流の講釈でそして、盟友ゆりかもめさんのトピックである。

 そして、前者の西村氏の番組ではキラールまで取り上げられおられ、いつぞやの武満氏の未来への遺産とおなじく、またしても先を越されてしまう次第にて・・・多少しょぼくれる次第でありなん。

当作曲家は、ポーランドの現代意音楽の面々で現役ではおそらく、歳が高齢な作曲家であり、同世代的にはグレツキと活躍がシンクロする、そして映画音楽も数多く手がけておりために彼の名前をググるとおなじみの映画の名前が多数出てくる次第でもある。

作風は簡素な反復と大まかなミニマム的音響の対比などはグレツキと類似的ながら、大きく性格を違えるのは、旋律的根底の要素とリズムにおける民族音楽的属性の高さと、細分された音の動きの多様、タブミュージック的なミニマル要素の不規則な切り取りや変移を多用しており、かなりの刺激的な様相を我々に提示することにて候。

そんなキラールを代表する一曲といえば、FMでも西村氏が取り上げていた
オラヴァであるのは誰もが異存はなきことと所見さるる。

曲は15人の弦楽による音楽であり。
 山岳地方のヨーロピアントラッドな短調のフレーズの反復と同フレーズの突然スイッチを切り変えたかのような不自然な移調の交代そして、レコードの針が飛んだかのような、あるいはCDのトラッキングエラーによる音飛びのような不規則な部分でのミニマムな部位での繰り返しになり、さらにフレーズが転旋したコーラスの裏目メロのようになり、そしてハーモナイズされ不規則なミニマムな繰り返しを再び始め、大きく律動的盛り上りが一段落すると、今度は低音弦のスタカートのリトミックなオスティナード伴奏に、ソロで下降する特徴的メロディーが歌われ、二度目にはメロディーは総奏に移行してオスティナートは細分化されて音塊的な推進的要素驀進して、次第に舞曲の節と合いの手、各種細分的動きの激しい律動ある飽和したかのような音塊が混在となり、狂おしいまでの盛り上がりの渦中と清楚なリトミックの間を交差して行き、さらに半音階的な動きが伴奏に現れ、 冒頭のフレーズと不規則に交代しながら頂点て、基本フレーズが引き伸ばされた浪々と歌われい楽員のかけ声で終る。

かなり個性的な当曲は人気もあり音盤も数ある模様であり。
円海山的には90年代の中ごろ録音で推奨。
Wojciech Kilar: Requiem Father Kolbe
a0007939_0412515.jpg

おそらくナクソスライヴラリーにも・・・・いろいろあるのでは・・ご拝聴ください
[PR]
by dr-enkaizan | 2007-03-09 00:36 | 現代音楽

今年の音盤での個人的衝撃「年末のミュンシュ一発」告白開催地

さてよいよストロング氏の吉報の現物が密林より届く。

a0007939_2356758.jpg

プロコフィエフ:ロメオとジュリエット(抜粋)ボストン交響楽団 ミュンシュ(シャルル)
ジャケはコクトーでオサレ

おそらく今年の最後の最後に至り強烈な音盤が、燦然と再発売されるとは。
半世紀近くもこの音源が忘却なの甚だ遺憾・・・というより認識の外であったことを恥ずかしく思い、その音盤の衝撃を受け止める次第。
「絶対俺は莫迦だ嗚呼莫迦だとも!!」と言わしめる・・・。

多くはトピックでかたるのも勿体無いゆえ買った人とコメントで語り合いませう。
無論:詳細後日追記予定。
これはプロコスキも嫌いも絶対買うべきかも・・・?
[PR]
by dr-enkaizan | 2006-12-28 23:54

今年の音盤での個人的衝撃春~夏告白開催地

さて年末ながらなんと今年は大晦日まで仕事に煩わされる予感(欝)ゆえに年を越えて、ゆるりと2006を振り返ル次第。
とりとめもないので最初は春~夏にかけてのそれをこちらに。
各位のコメントを求める次第にて候。

さて夏にかけては「塔」のコンドラシンのハビヤールの復刻が頂点にくるが・・・衝撃的なことに気づいたのは、某前衛嫌いな作曲家氏の予言どおりに、音盤ベンダー以外での廉価音盤販売に拍車がかかり、クラ音盤が一枚500円以内入手できる事態になりつつある日常が訪れたことにて候。

おもに昔の海賊版にかわり・・・ロイヤルフィルコレクションの音源がさ迷っている状態であり、シモノフのマーラーやストラヴィンスキー(*)そしてロシア物さらに、ハンドリーのホルストの惑星とセントポール組曲という名演奏にそれに負けない充実度あるかのワーグナー管弦楽曲集なそが書店や量販店の薬局店の片隅にラインナップされている。

されそれに拍車をかけるかのような上記コレクションを包括しさらに、アメリカVOX社の音源を混ぜた国外のクロドマニアを扱う事態に発展している次第にて候。

ミスターSのブラームス交響曲全集そして驚異的なのはあのVOX社のフロマン指揮ルクセンブルクの奇演たるドビュッシー全集などが、入手できる次第である。

この演奏は前に
フロマンのドビュッシーに目覚めた人がまた一人 に参照のとおりなる価値をもつしだいであり。

 ゆえに輸入店の片隅の怖いもの見たさ的価値と、ドビュッシーの珍しい楽曲収録の価値を誇る二律背反の思いに駆られる貴重な音盤である。

 上記音盤が一般家庭にすんなり入れる量販店での販売にには、その売れ残っている在庫を思わず買う衝動を抑えつつも、眺めるにして横隔膜が揺れる思いに駆られる夏をすごした次第にて候。

a0007939_22481035.jpg

クラオ・・・康代さんと再度遭遇
「廉価のあるところに康代在り」
[PR]
by dr-enkaizan | 2006-12-27 22:48 | 康代さん

鎌倉スイス先生のところでペペロンチーニで奥深い件について

スパゲッティ・ペペロンチーニ
来週は連載(高雅にて・・・)の再開など多忙の先生の所
なぜか料理属性のトピックに群がる調理好事な人々のコメントが面白くあり。
尚当該のスパゲッティーは、その素材の単純さに反して、技巧的な面もあり、ようするに歴史や地方背景を無視すると音楽で言えば・・・
イタリアのスカルラッティーの音楽を彷彿させる、ということでFA?か・・・。

まあスカルラッティーでも聞いて食するを理想とするか否や?

意外にも!塩加減と小手先の独自さがおいしい・・・ロシアのシェフのスパゲッティーで(笑)
スカルラッティ・ソナタ集
ホロヴィッツp / ソニーミュージックエンタテインメント
ISBN : B00005N0EP
スコア選択:
[PR]
by dr-enkaizan | 2006-12-03 23:12 | (゚д゚)ウマー 探訪

ボヘミアのトゥーレの弔鐘

さて世間では弔いと反省が巡るも、喧騒なれど?
多忙ななか興味深いきかくは・・てつわんこ氏の鐘を題材にした曲シリーズ。


弔いは 行為が陳腐に思えるように鐘の音で

 黛敏郎が「カンパノロジー」でその音響学的背理をもって完全即物に器楽や音楽語法の媒体にする以前も、鐘の不正倍音的音色は、音楽家の刺激を与え、単体でも人々に様々なる思いを与えていたのは、紛れもない事象にて候。

その点ではモーリス・ラヴェルのその一人、鐘自体で題名が出る曲は、1905年のピアノによる組曲「鏡」の「鐘の谷」 四手ピアノの「音による風景」での「鐘のなる中で」 音の象徴が現れるものには、夜のガスパール(1907)での「絞首台」での一定に鳴らされる音形はテクストの忠実な追従によるが、ラヴェルのこだわりが感じられる、鐘と直接ではないが、鐘と同じく複素数以外の複雑な倍音や基本周波数に複合音を持つ金属打楽器や既成の器楽の組み合わせも絶妙であり、ラヴェルと鐘の関係は多くのこれ以外の指摘が成されるのは確かにて候。

そしてそれらの音響的興味を決定付けるかの様にラヴェルの最初に発表した歌曲の「恋に死せる王女のためのバラード」も、そのピアノ伴奏に多くの鐘を象徴する音響事象に遭遇する次第。
(テクストはローラン・ド・マレ)
曲は冒頭にガスパールの絞首台の先駆のリズムで・・短調和音に増音程はいったハーフディミッシュの和音な空虚さで鐘がならされ、そこに高音域と低音の鏡像反進行の組み合わせで、古代旋法風のアルカイックフレーズが現れその上に、同じくアルカイックなメロディーで「ボヘミアに一人の女王がおりましたと」はじまり、トゥーレー王の妹の王女の美しい素性が歌われ、端々に前奏の鏡像の旋律が合いの手的に暫し節ごとに挟まれ、そしてその前に「さすらいの吟遊詩人」が現れ、彼女に告白し双方我をわすれ恋に墜ちる様まで鐘と合いの手は続き、突然中断して合いの手のメロディーが並行和音で力強く奏され、その動機を基にしたメロディーで「抜ける白さの美貌の女王が あまりにも優しい詩人を愛した故に 程なく、彼女の白き魂は星の彼方へ昇天しました」と歌われる、此処においても低音に鏡像的な進行があり耽美的、おそらくテクストには直接表現はないが「身分の違う恋の悲劇」を想像させる内容であり、此処では多少の旋律に短調と音程跳躍を与え、多少両端のアルカイックで古めかしい書法と対比を与えており、後年のマ・メールロワそしてピアノ三重奏の第三楽章を多少彷彿する短い瞬間でもある。

そして再び力強い合いの手のメロディー、そしてアルカイックな主部が復帰してメロディーが歌う「ボヘミアの大きな鐘もトゥーレの小さい鐘も至高の讃歌を奏で」を表現するが如し、和音の上下交代に、違うサイクルで不協和な音程で鳴らされる和音や低音などで多くのならされる、弔いの哀れみの鐘々を表現する、そして元の一つの鐘に沈着し曲は終る。
ラヴェル歌曲全集
オムニバス(クラシック) ベルガンサ(テレサ) トゥールーズ・キャピトル劇場管弦楽団 ラヴェル プラッソン(ミシェル) ボールドウィン(ダルトン) バキエ(ガブリエル) / 東芝EMI
ISBN : B00005GJS1

 この題名はラヴェル著明なるピアノ曲に酷似しており、余りに影になる習作扱がら、鐘とラヴェルそして中世アルカイックへの憧れなどが顕著に現れた作品として注目すべき曲とも所見さるる次第。
(なおこの曲と著明なるアレはある音組織に酷似あり・・・・後日談という裏設定をトンデモ力説してみたい衝動に駆られる)
さらにラヴェルは晩年に幻想文学による歌劇「沈鐘」計画するも病気により果たせない夢となる、同名作を後年、また鐘を効果的に使っているレスピーギが歌劇にしており、これも数奇なもの。


追伸・

弔いと言う事象それすなわち

鐘の音の如し心持なる哀れみ也
[PR]
by dr-enkaizan | 2006-08-18 00:34 | 解説のない音盤紹介

鈴置洋孝さん死去 

asahi.com:声優の鈴置洋孝さん死去 「ガンダム」のブライト艦長役-おくやみ

鈴置 洋孝さん(すずおき・ひろたか=声優)が6日、肺がんで死去、56歳。葬儀は近親者のみで済ませた。後日しのぶ会を開く予定。連絡先は東京都渋谷区桜丘町29の10の賢プロダクション。

 「機動戦士ガンダム」のブライト艦長などを演じたほか、舞台のプロデュースも手がけた。


このほかにドラゴンボール等80-90年代のアニメにはときには野望に神経質でダンディーな役柄の声をあてる。

円海山的には90年代の「テッカマン・ブレード」(テッカマンのリメーク作品)のフリーマンの切れ物で知性的で底知れぬ策士の演技が忘れられない。

ということで和田薫氏のサントラからスペースナイツのテーマの重々しい編曲・フリーマン序曲をもって追悼
宇宙の騎士テッカマンブレード
小坂由美子 / キングレコード
ISBN : B000064JT0
スコア選択:
[PR]
by dr-enkaizan | 2006-08-11 00:51 | 劇伴奏

お助けしましょうすずめばち

Waspというと円海山的にはアンダーソン物の人形劇「スティングレー」の所属する海洋の霧を守る組織の名称をおもいこす次第。

実はスティングレーにRVWのWaspと酷似する音楽(オイスター行進曲)が、バリーグレーにより作成使用されていて、それが次のサンダーバードの救助を受ける、橋から落下した宇宙ロケットの回の宇宙ロケット搬送の音楽に流用さている。

さてそんなストロングさんに解るコアなねたはこの辺で・・・・。

DRACの末裔による徒然の日々sawyer.氏の音盤の要望に答えアマゾンのリンクとりいぞぎ紹介。
Vaughan Williams: Sinfonia Antarctica; The Wasps
Ralph Vaughan Williams John Alldis Sir Adrian Boult London Philharmonic Chorus London Philharmonic O / EMI
ISBN : B000002S2Q
スコア選択:
試聴可能

ちなみにいろいろ語弊はあるが当曲にかんしての「無名演奏家の(笑)数曲抜粋」なら薬局でもあつかっている「クロドマニアの四枚組」の「イギリス音楽名曲選」に収録あり・・・千いくらで即効で購入可能にてそうろう。
[PR]
by dr-enkaizan | 2006-08-10 21:52 | 告知さらす