ブログトップ

六国峠@ドクター円海山の音楽診療室-無用な営みの、えも言われぬ、この上なき喜び

drenkaizan.exblog.jp

タグ:音盤 ( 46 ) タグの人気記事

嗚呼・・・・・マッケラス

承前
よいよ歴史は押し迫ってくる感ありにて候。
RSSにて見る、当該する一連内容の記事の一部にみゆるマッケラスの認知度が、デッカからデンオン*
他*にいたる一連のヤナーチェックを差し置いての楽曲に留まるのは、昨今の俄か好事のまさしく俄か振りには閉口もする次第・・、確かにドビュッシーの海やラヴェルのダフニス第二等の名演奏や、廉価でのストラヴィンスキーのペトルーシュカに、デッカでのヤナーチェック以外での自国(追記)
のエルガーやデーリアスの数枚などは、基本的保守際物好きの聖典として念頭にあがるべきと頭をかすめる次第にて候。


ある意味それ無き記事は?我心に秘めて叱咤せるものとする次第にてもあるが。


 しかしながら、幅広きレパートリーを確実にこなす仕事は多くの其々の共感を生んでいることは、激しく同意いたす次第にて候。
*後年のスラブフォンのデジタル録音物で一部はデンオンリリースを離れる。
世代的に
「初めて聴いた」
は上記ヤナーチェックのデッカでの一連仕事であり。ことに音盤上のセッションを通して自国物としてではなく、研究者としてのオペラの紹介や、クリティカルな譜面の校訂の提示演奏実践であり、雑誌やリリースされる音盤そしてFMでのエアチェックにて受容し、わくわくしながら、その偉業をリアルタイム追っていけたことは、鑑賞経験の一里塚でもあり懐かしい思い出でもあることでもある。

ヤナーチェク:シンフォニエッタ

ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 マッケラス(サー・チャールズ) / ユニバーサル ミュージック クラシック


夢中にされられた一枚
いまはセル騒動の影に追いやられ、教養連続購買強要雑誌の付録状態という末路状態だが、自身のユニバーサル社の依頼によるオリジナル版の校訂譜面を実践した歴史的偉業と、その優良な録音にて定盤的価値を両立した奇跡な演奏な次第。

その利き所は国内の三浦氏の独自(汗)の英文邦訳引用ライナーでの報告を引用すると・・・その経緯がわかるが果たしてこの末路では記述は残っているか不明

今回の録音に際してマッケラスは、ブルノのモラヴィヤ博物館のアルヒーフの保管されている、ヤナーチェックの自筆スコアに当り、かなりの箇所を原典に戻している。



1 第二楽章に現れるファンファーレでは全トランペットが吹奏に加わる。
2 第三楽章のヴィオラパートは本来ヴィオラ・ダモーレのために書かれている。マッケラスはこの古雅な楽器を用いて録音した。
3同じ楽章での略
練習番号5-6、ヤナーチェックの記譜したとおりでは演奏不可能とされる輝かしいピッコロのアラベスクは、オリジナルの用に1オクターヴ高く演奏されている。

以下略

そして
4フィナーレ
略シンバル(補足ファンファーレの再現の前)一撃が1小節早く起こる
旨などが言及されている。


Sinfonietta / Taras Bulba / Lachian Dances

Vienna Philharmonic Orchestra / Decca



追記 沼辺さんところに国籍問題言及あるが、敢えてサーを重視して英国としている了承されたし。
[PR]
by dr-enkaizan | 2010-07-18 02:43 | クラシック

除夜の鐘というより除夜の前へ!!

さて紅白の水樹もK1も終わり・・・・コメントも過疎化しているwwのも確認しているとあちこちから、鐘の音が聞こえている次第。

 年越しにゲオルギー・ゲオルギヴィッチ・スヴィリドフの前進!!からの自己納得なルンバリズム?WWを社会主義リアリズムしたメインテーマを拝聴しようかと思う次第。*モスクワ放送晩期のニュース解説のテーマに流用でおなじみの曲a0007939_23311923.jpg

Georgy Sviridov: Music for Chamber Orchestra; Time, forward!; It is snowing; The songs of hard times

Boheme


それでは来年に前進!!とポジティヴに締め!!

聞いてみたい香具師は
[PR]
by dr-enkaizan | 2009-12-31 23:29

ブーレーズのベルリオーズにジェコブスをRVW他

昨日久しぶりにリアル音盤を多数購入セルものであり。
今年の元旦に突発したベルリオーズ幻想祭りを再開にあたり・・・アナログ時代お世話になって久々な、ブーレーズのスローリーな旧盤をと。エディションの三枚組などや、バレンボエム暗黒史扱いが遺憾な、シカゴをふってジェイコブズがテューバを吹いたRVWの協奏曲など他を、夜中の車中にて拝聴。
 CBSの音源のブーレーズの録音の半端な扱いはオーマンディーほどではないが・・・・多少クリティカルではない漏れを伴っているのが痛い、未発表が含まれると思えば、旧来の録音に穴があるような変なカップリングなのはなぜか。
 DGのバレンボエムも初期のもともと地味な扱いの録音だっったが・・なかなか後年を思わせる表情をイギリス室内とのデーリアスにはうかがわせこれも・・・アナログレコード時代では出来ない発見似て候。
さて此方では、年末音源を皆に問おうか。
まだ書きかけ
[PR]
by dr-enkaizan | 2009-12-30 17:08 | クラシック

増殖のアレ

承前
まあ復刻やオリジナルは出回っているようだが・・・・何もかも懐かしい。
CITIZENS OF SCIENCE のリフレーンの伴奏のエリクチュルは、オネゲルのパシフィック231の後半がフォーマルなモデルだったりする。

増殖

YMO スネークマン・ショーSony Music Direct

ここは警察じゃないよぉー


[PR]
by dr-enkaizan | 2009-06-24 23:12

冨田 ジャングル大帝“新装” 

承前
いわずと知れた冨田勲氏の手塚アニメ音楽からの素材による、多楽章の交響詩でありなん石丸寛指揮、日本フィルハーモニー交響楽団演奏*、により昭和四十年代に録音され、発売、のちアニメを付随し再商品でDVDにされたりもしている経緯をたどり、現在は入手が多少困難なものであり、今回は新録音に初版のストーリを示す、手塚氏のイラストの体裁で発売される。

 個人的に劇伴奏のと録音は量・質ともこれが冨田氏の最高峰と目される次第。
終曲での、マイティー・ジャックを彷彿させる、ホルンでのレオのライトモティーフが転調繰り返すプロセスで、背景の重厚な弦楽と、躍進するリズムを新録音で聞けるのは幸い・・・・さて演奏の出来栄えが気になる次第。*お詫び(笑)石丸氏のひろの段階でIME暴走にて博也が・・orzそれでは兜以下略で修正
[PR]
by dr-enkaizan | 2009-06-23 23:28 | 劇伴奏

影ながら・・・・お見舞い申し上げます

承前
 先史話ながら・・・・・もう十数年前になるが、某企業から脱して、なぜか・・・新規の某○媒プラントので一エリアの担当をする羽目になり、なれない仕事の多忙に追われ、基本が終わった次点で、リタイア入院の憂き目にあった頃を思い出す次第、正直たいしたこともない単純な皮膚炎で体表の殆どがやられ、実際命関わりとも脅されたが・・・・だましだましやったのが祟った次第の自業自得であり、 その職場でなぜかクライバーがご縁で親しくなった、今はなき○○○○後○○氏の秘書のお一人の方のご紹介で、○○○○憲系の病院に二週間の入院と相成ったもの。

 そのときはまだ音盤をデーターを持ち歩くなど、夢のまた夢であり・・・・ブーレーズのドビュツシーとラヴェルの三枚組とCD歩行人を持って療養に望んだ次第で、日用品等色々同じ思いをしてそろえた次第にて、非常に身につまされて承前を読む。

 ブログ黎明のころには旧ブログにはTBもしたが、ブログでは一線を退いておられるようでもあり、おこがましいので、ここで影ながらご健康の好転をお祈りする次第にて候。
以上円海山@熊蔵

お世話になった懐かしき人々へ・・・音信無き懺悔を、ワレ打電・・・円海山マダ浮上セズ
[PR]
by dr-enkaizan | 2009-02-10 22:52 | 雑文

それは言霊か・・・真昼の魔女

承前ドボルザークの交響詩の題材は民話でも結構陰鬱な内容を取り上げている次第にて候。
今回ゆりかもめさんの取り上げる真昼の魔女しかり、それから水の精しかり、ヨーロッパのほんとは怖い民話の世界を地で行っているものが多い。
 当該テーマの真昼の魔女も、子供を躾ける途上に、魔女が来て命をもらうような脅しをかけていたら、突然小さい魔女が現れ、次第に踊りながら等身大になり近づいてきて、母親が気絶、そして後に駆けつけた夫に介抱され、気がつくと子供が死んでいたという、謎めいている寓話的悲劇を題材にしている。
 魔女自身の存在が円海山的には何通りか考察されるが、一つの呪詛的の側面からは、言霊であり、不吉な話題や縁起を欠くことの跡に、エンガチョなどの代表される、定型の文句をいうような風習が多くの民俗学的な研究の機縁になっているように、ウィギを引用すると
>声に出した言葉が現実の事象に対して何らかの影響を与えると信じられ、良い言葉を発するとよいことが起こり、不吉な言葉を発すると凶事がおこるとされた。
次第でありなん。

 これは先の引用先どおり西洋にも聖書の記述としてもあり、そこでは吹くという動詞が由来のプネウマであり、ちょうどこの交響詩の序盤のホルンの空虚音程で始まり、木管により指示された動機が、弦楽でメロディーで展開するプロセスなど、まるでその言霊の機構をも暗示しているかのようなのは、作曲家にそれらが念頭にあったのかは詮索をしてみたくなる次第にて候。

 あるいは題名の魔女に当該童話がWitchと使用していることからも。その言霊として説が濃厚になる、Witch称される魔女の彼女らが呪詛という言霊に近い定義により、術を遂行するとされ、キリスト教以前の多神教の名残由来に関連しているのも、スラブの文化となにやらありそうな感ありありで候。おそらく呼ばれたのか、それとも自身が魔女だったのか・・・はたまたと推理してこの曲を楽しまん。

ドヴォルザーク:交響詩集

ケルテス(イシュトヴァン) / ユニバーサル ミュージック クラシック



この辺はその筋のクラ人の小額機動隊のおかさんにバトンを渡しておきたいwwところでこの辺で。

同じウィッチなら
[PR]
by dr-enkaizan | 2009-01-21 00:48 | クラシック

私は幻想交響曲に憑かれているのか・・・。シリーズ 序

 去年から新年にかけて、なぜか車の中でベルリオーズの幻想交響曲を、聴いている次第にて候。最初は三週連続かそれに近い形で?FMコンサートで出くわし・・・そしてSonnenfleck さんのトピックそれ以後、自分で家にある幻想を幾つか取り替えては聞いている次第。
 元来フランス近代以前は、斯様に夢中に聞くことは、無かったがなぜか、ベルリオーズの浮き足立った、響きの感覚が、移動媒体での体感することで、心地よいのか?不可解也。
 これはある意味「庭は夏の日ざかり」のSonnenfleck さんのトピック
タケミツのジャンクな楽しみ方。に通じるところがあるのではと思う節があり、実は、当該記事のジェモーは昔、通勤の某水色の電車での、最初から東京までのBGMとして、ケクランの萌える茂みとともに、ウォークマンのテープラインナップとしてあったこともあり、夢見のなかで聞くうち、次第に「音量の大きな部分のみの脈絡を求め、雑音から音楽の細部を聞く欲求に代わって、ものすごく、耳が詳しくなってしまって、自宅の装置で純正で聞いたときには、その脈絡の欲求満たされて、さらにジャンクならぬジャンキーな二度ウマ状態に陥ってしまった思い出がある次第にて候。
 今回も車中で聞くうちに、断片的に聞く、幻想交響曲の脈絡の欲求の受容体が脳内で形成された故なのか・・・・・ミュンシュの三種類そしてアンセルメ・・・マルゲウィッチにそしてクリュイタンスにアルヘンタそしてエトセトラ状態になりつつある。

 特にパリ音楽院管弦楽団の二種類アルヘンタとクリュイタンス国内ライヴはどちらも、おのおの異なる熱狂が渦巻くものであり、絶品である、前者は何かデッサンが狂っているような、躁状態に常に向かっている演奏であり、それは第四楽章の断頭台への行進で、スコアにある反復記号を守っても、古典的なフォルムを志向せずに、まるで突然、時間が引き戻される、ような感覚を与え、意図は不明なれど、その演奏内容との相乗にて、非常に幻惑的もしくは幻覚効果を奇しくも生み出している。
a0007939_051986.jpg

 後者は絶好調の自身に満ち溢れた演奏であり、的確に抑えつつ、次第に演奏者が興奮して加熱してゆく次第で、実演でこれだけのことがおきていたのは、まことに奇跡であり、その記録が良好にアーカイフに残されたのも奇跡にて候。
a0007939_0521993.jpg

(気が向いたらつづく)
[PR]
by dr-enkaizan | 2009-01-16 00:49 | ベルリオーズ

アニバーサリーの残り香 151年目のエルガー:スターライト・エキスプレス、他

 去年の150アニバーサリの残り香
当楽曲は以前ジャンドスのNMLネタにて言及澄みながら、対訳込みでデッカがエルガー作品をマッケラスなど中心に大盤振る舞いをしていることを言及しそびれた次第。

 そのなかで、三浦氏晩年の仕事?と考えられる当曲の音盤は国内盤の買う価値は高くあると断言せぜる得ない。

 近年のマニアの解説より改めて三浦氏の仕事は簡素ながら、落ち着いている次第。
それに準拠して当曲の概要は、エルガー58歳時に書かれた劇作品の付随音楽で、当作品はそれからの幾つかの管弦楽伴奏の歌曲の集成となり、その素材には別作品の「子供の魔法の杖」も素材を取り入れいるが、それは三浦氏のライナーを実際にごらんになることを推奨する次第にて候。
 なお当然カップリングには「子供の魔法の杖」の二つの組曲、さらに、小管弦楽のための「夢の子供たち」とエルガーの童心にスポットを当てている様相を呈している。

 その曲の概要は、原作を妖精文学というか一部で怪奇文学では著名なアルジャーノン・ブラックウッドの「妖精郷の囚われ人」(*)を基にし、別人が演劇に仕立てた「スターライト・エクスプレス」への音楽の依頼であり、その長大な演劇から九曲の歌曲を抜粋したものでありなん。

*日本で一度訳本が出版され三浦氏の書く表記よりそれを優先させている次第

 三浦氏のライナーを頼りに劇の粗筋は。「極めて幻想的(ママ)」で、ユラ山脈に移住した、生活に困窮しているギャムデン一家と、おなじ境遇のプールセル村があり、見かねた子供が、星屑を特殊な洞窟に集めた配る「星明りの協会」をつくり、各家に分配し、大人たちを救う、そしてイギリスからおじさんや妖精の協力の末、貧困の両者がクリスマスを越す事できるように救済する、妖精版人情物語なる様相。

登場人物の手回しオルガン弾き(Br)やその女房のラーファーそ長女のジェシー・アン(ともにsop)の持ち歌を歌い、歌詞は草花に風や昆虫の雲やそして星とこの国らしい自然主義に満ちていたり魔術についての話の妖精世界で牧歌的なオカルトに満ちている。

 音楽もエルガーらしい、ドイツ的な書法に立脚しながら、どことなく旋法的な旋律と和声も配合されたあたりに哀愁があり、標榜したRシュトラウス張りの色彩的管弦楽にて、最初の手回しオルガン弾きで歌われる「小さい鈴」の引用フレーズが、フィナーレで鐘を伴い感動的色彩をもって再現されるあたりは聞き物であり、また4曲目での夜風で妖精を目覚めさせる?アリアでは、ウィンドウーマシンが導入され効果的な面白を聞かせ、ラヴェルの子供と魔法の先駆すら感じ、非常にあきさせない。

さて後半にはオルガンも加わりキャロルソングの「最初のノエル」が出現するあたりは、妖精世界のケルトや北欧文化圏とキリスト教文化圏の折衷の軋轢もしくは陳腐さが感じなくもないが?今年のクリスマスに如何な一品にてござ候。
a0007939_1925180.jpg

エルガー:スターライト・エキスプレス、他
[PR]
by dr-enkaizan | 2008-10-14 00:38 | 解説のない音盤紹介

今回は深井をねたに その2

前回から一月
今回は続きをまあ

あの状態で七ページ・・・。
追記五ページ改訂も一つ追加で八ページに
このほうが本来の続くなのでした。

ミミは問いかける・・で続く。

見てみる
[PR]
by dr-enkaizan | 2008-06-16 22:42 | 康代さん