ブログトップ

六国峠@ドクター円海山の音楽診療室-無用な営みの、えも言われぬ、この上なき喜び

drenkaizan.exblog.jp

タグ:演奏家 ( 23 ) タグの人気記事

Netherlands Radio 4 フルネ追悼第二夜 幻想交響曲

少し早く目が覚め、少し途中から、最初は寝ぼけて記憶が曖昧orz・・・・・。
さてここの住人常連の何人かに宿題にしているww、シュミッドのサロメの悲劇は、の各位の反応を楽しみとして、円海山的にはなぜかドビュッシーのおもちゃ箱を越えて、今年初頭からなぜか遭遇機会おおい幻想交響曲に注目が行く。注目すべきは多数あるが、その重心の安定したテンポで、多少晩年体力の衰えが見えるも、しかし、その緻密な歪のない整数直線的な、ワイドレンジを持つ面持ちは?かつて、前回取り上げたレコ芸当該号でアンゲルブレシュトの演奏に与えられた優椀と洗練が当てはまる次第、奇しくもアンゲルブレシュトが、フルネを見出したのは、ラジオ放送された、彼の演奏するドビュッシー「ペレアスとメリザンド」であり、そして同曲の日本初演を委ねた次第であり、そのフルネが今度は記録としてインターネットラジオで我々を魅了しているのは奇遇でありなん。

 話を戻し、当該曲の終楽章のフーガから後半のサバトにいたるプロセスは、多くがそのベルリオーズの管弦楽の音色的創意での革新効果的面のみが強調され、狂乱のプロセスに勝り勝ちだか、 フルネにおいて、明らかに純音楽として、音色の階層としての秩序正しい順当な推移を与えられている、これはライヴにおいてさらに明らかになり、メーカのセッションでの録音では、多少デンオンは?それを強い音を捉える意識ゆえ弱音が捕らえ損なってたことを、痛感させられ、もしメージャーレーベルが・・と考えると、日本でこの指揮者の晩年の活躍以前に評判を確保できたであろうとも想像され。その不遇と半面リテラシー的な物事に事の評価が左右されているのはどこでも付きまとうのは確かであり、真実は遠いが、何とか近づきたい次第。
次回はルーセルの初期の大作で、インド旅行の成果ともいえる「エボカシオン」他放送されるが、さてあの曲にどれだけの浅い人々がついてい行けるか高みの見物。所有セルピアノスコア思い出して・・・・・実際プラッソンのEMIで予習必携やも。あっやべ・・・遅刻する・・・。
承後おかかさん いつもありがとう。
[PR]
by dr-enkaizan | 2009-02-10 07:30 | クラシック

ルルイエから来た指揮者

ピエール・ブーレーズのBBCでの放送映像アーカイヴが発売中とのこと。


a0007939_23502274.jpg



a0007939_0405581.jpg

Classic Archive: Pierre Boulez Conducts [DVD] [Import]

そして


その宣伝がようつべにアップされている、
情報提供厚木太郎殿

1960年代後半の当時帯状疱疹にて?サングラスをかけて*の指揮ぶりであり、氏独特の指揮棒を持たないで、冷静で的確な千手観音な指揮振りを垣間見れる次第。

Classic Archive: Pierre Boulez Conducts [DVD] [Import]

Pierre Boulez / Medici Arts



*
[PR]
by dr-enkaizan | 2009-01-19 23:59 | クラシック

新ナル就任先でフランス物のカテゴリーから開放されるのかデュトワ

Charles Dutoit takes over Royal Philharmonic Orchestra

の記事の下記のフィラデルフィアの首席も兼任(2008から)するとのこと・・・まま音楽監督はモントリオールもありコリゴリなのかは本人しか心境は不明。

Dutoit will also be chief conductor of the Philadelphia Orchestra, a four-season contract he begins in September 2008.

以上引用

これにより、フィラデルフィアはオーマンディーのレパートリのフランス系はこれにてリニュアルするのか・・・しかしながらオケの実力の良いところで振る当指揮者の個性は埋没しがちであり、嘗てルーセルのバッカスでのエラート録音でのパリ管弦楽団やデッカでのプーランクでのフランス国立など端的ナル一例であり、水準は高いが、デュトワの拘りを望んでき聞くものには退屈な音盤であったことなどが念頭にあがり、今回も懸念さるる次第にて候。

 嘗てのデッカでのこのコンビの録音も各地を見ても忘却の様子でもあり、双方ともフランスの色眼鏡なしで・・如何様になるかに今後かかかっていると愚考さるる次第にて候、まあ、その前に音盤的なリリースは今後望めないのかも心配、すでにフィラデルフィアはオンライン音源有料配布に踏み切っておりこのへんに、マネージメントにシビアなデュトワの音源が絡むとどうなるのか興味深深なり。
[PR]
by dr-enkaizan | 2007-05-02 13:04 | クラシック

外人クラオタGJその後

もはや見たこともない庭は夏の日ざかり様

六分割の画面でのロ短調は神か!!・・・やはり合唱畑の人物なのでは・・・誰か直撃インタビューキボンヌ。
a0007939_13155866.jpg

[PR]
by dr-enkaizan | 2006-10-03 13:13 | クラシック

ラッド・マッキントッシュのビッグバンド

少し寒いような夏の初めに・・ふと
Ladd McIntosh Big Band のCD
などを取り出す・・・・・
まあ 青い大蒜でという所で
この"Bulbous Garlic Blues"
言う次第にて候
SEAB 2042
a0007939_411619.jpg


曲目は
1. Mini-Q
2. Jeannine
3. The Fugu Express
4. Mack The Knife
5. Moonrise
6. Pismo Gizmo
7. Coyote Woman Blues
8. The Woman With The Laughing Eyes
9. The Masquerade Is Over
10. Bumps
11. Saving All My Love / Teach Me Tonight
12.Bulbous Garlic Blues

Bulbous Garlic Blues
Ladd McIntosh Big Band / Sea Breeze
ISBN : B000001854

Ladd McIntosh なる音楽家は1941年生であり、幼少からジャズの音楽家族に生まれ、12歳でサックスを演奏するようにもなり、その後研鑽をつみし現場とアカデミズムの叩き上げ人物にて候。

 おもにロスでのビッグバンドの活動で60年代から公にビッグバンドの指揮・編曲・作曲を始め。
 その音楽は往来のビッグバンドにありがちな、保守的で情緒よりさらに鋭角な視点で派生しており、その自由でエキゾチックなリズム、従来とは違う音色、炸裂するインパクトながらも、決して聴き難くない音楽は、クラシック音楽書法的見識を感じさせる次第であり。
この人物の叩き上げながら、音楽アカデミズムのとの関わりそして、長らくビッグバンドのオルガナイズのキャリアに居たこと意味するものと所見さるる。

この音盤が絶品なのは全編にわたり生き生きしたリズムと、現代感覚に満ちた辛辣なビッグバンドサウンドが楽しめる次第であり、大概の人々のもっているビッグバンドのイメージより多少モダンに聞こえるが、決して難解にはならないところでもありなん。

2. Jeannineでのリズムモティーフとリフレーンの交差に導入されトロンボーンソロ合戦に全体でのテンション和音でリズムを刻む壮絶をいかにもお洒落でやり遂げるあたりや。

ご存知クルトワイルのマックザナイフのスイングする編曲での
4. Mack The Knife
3. The Fugu Expressでの超絶技巧での反復音形で描く音彩にリズミックに歌われる歌」
6. Pismo Gizmoでのベースに、早急速度でのルートなアルペジオオスティナートを背景に断片的に漸化的に増殖する金管フレースから、ブリスあたりの楽曲と符合するようなモダンな編曲ぶりや12. Bulbous Garlic Bluesのメインタイトルでの堂々としていながらも、少々悪びれたモダンなフレーズは強壮作用もりもりにて候。

さて日本では演奏関係には著明な御仁ながら是非皆様も御拝聴

ああ早起きさむぃ寒さでおきる夏なんて・・・もうひと寝しよう・・・・か
[PR]
by dr-enkaizan | 2006-08-02 04:20 | 解説のない音盤紹介

録音・録画補償金やDRMのあり方などが・・・・・

ITmedia D LifeStyle:「補償金もDRMも必要ない」――音楽家 平沢進氏の提言 (1/4)

昨今Y松氏の音源契約の問題などが話題になっている次第だが・・・創作者への利益の保護になっているのか現在のシステムは甚だ疑問。

まあ第三者ゆえ、確かに安いに喜んでしまう故に(汗)某掲示板ように私見で怒りをぶつける資格はないが・・・やはり変な状況に。
[PR]
by dr-enkaizan | 2006-06-15 18:48

岩城宏之氏現代音楽祭り-鎌倉スイス日記さん発

最近贔屓にしてもたっているが恐れ多い鎌倉スイス日記様の追悼トピック二番目追悼記事

追悼、岩城宏之!での最初の件での

>での私の持っている彼の演奏のことごとくが現代日本の作品ばかりであることに、我ながら愕>然とした。

これは大いに同じ感慨で驚愕した次第。
そして
>岩城宏之は未来を描いた音楽家だった。天国には一足早く武満も来ているだろう。武満は岩城の肩をたたいて「やあやあ君も来たか。長い間ご苦労さん」と労をねぎらってくれていることだを

読み大いに泣けてきた次第にて候。
いっそあの世のほうへ・・・(以下略)

 ちなみに鎌倉スイス氏の賞賛している先のトピックで言及した

>その彼の数多い現代音楽
の最初に相当するのは
現代日本音楽の古典
NHK交響楽団 外山雄三 岩城宏之 小山清茂 渡辺浦人 吉田雅夫 尾高尚忠 武満徹 / キングレコード
スコア選択:

でありカップリングは解説によると、岩城氏の承諾で追加されたものであることがわかる。
さらにこれの同時期に野人とのカップリング?だったか不明ながら

〈湯山昭の音楽の窓〉とっておきの器楽曲
外山滋 ホラーク(ヤン) 湯山昭 吉川雅夫 渡辺貞夫 フィルハーモニー交響楽団 岩城宏之 / キングレコード
スコア選択: ★★★★★

での子供の為の交響組曲などもそうした功績の一つとして言及できる次第にて候。

関連記事 手前味噌ながら 日本を題材にした表題音楽
Thunder's音楽的日常様の
岩城宏之氏追悼
にも以前の賞賛しあったこの曲が上げられています



その後前衛手法の音楽の録音も含め現代日本の録音の隆盛を築いたのもやはり岩城氏に他ならない。

鎌倉スイス先生お嘆きとおりの。マラソンでしか論じないマスコミや言説者は一度ご拝聴推奨にて候。


さて此処に岩城氏の現代音楽TB祭りを所望
来たれ兵。

追記密かに拝見している恐れ多い「音楽ひみつ日記様」の岩城氏の追悼記事でのコメントのやり取りで
>どうしたら日本人作曲家の知名度が向上するか、いかにして埋もれている素晴らしい作品群を世に紹介するか、岩城氏の旺盛な活動はその問いに対する一つの解答であったと思います。


との見解いただきました。

ぜひ皆様も思い当たればこれに報いること我希望セリ。

兵1岩城宏之さんに捧ぐ、黛俊郎作曲「曼荼羅交響曲」yurikamomeさん
兵2訃報:岩城宏之氏Nobumassa Visioneしさん
追記
兵3ある指揮者の死s_numabe 様 このたびブログ開設のほど、最初かかなりコアなので目が離せない次第 岩城のキング秘蔵名盤シリーズ ストラヴィンスキー「兵士の物語」(日本語版)の紹介
兵士の物語
観世寿夫 観世栄夫 田中雅彦 田中千香士 北村源三 内山洋 伊藤清 有賀誠 山畑馨 ストラヴィンスキー / キングレコード
ISBN : B00005F6KC
[PR]
by dr-enkaizan | 2006-06-14 23:58 | 解説のない音盤紹介

ブーレーズのヴァーレーズ オフランドが

暇なので・・・・「君の釣瓶」に

ttp://www.youtube.com/watch?v=RxYb44Czv1A
アンサンブルアンティルコンテンポランのころだから83から90年か?
詳細キボンヌ。

それにコルビジェとクセナキスのフィリップス館への Varese & Le Corbusier - Poeme electroniが映像付きで聴ける
ttp://www.youtube.com/watch?v=JFTiKp9w_Lw&search=varese

ついでにVareseつながりでFrank Zappa - Montana (1981)
ttp://www.youtube.com/watch?v=Wp7S7SI0flQ&search=zappa

トミーマーズ?のオーバーハイムがチョベリグ。
Frank Zappa - Suicide Chump (1978)
ttp://www.youtube.com/watch?v=RGS9GaMgZi8

zappy plastilina
ttp://www.youtube.com/watch?v=G1zfpLXeU6A

ベビースネークのころのインタヴュー放送。


Frank Zappa & The Mothers
ttp://www.youtube.com/watch?v=A5aZQ2t0U3s

68年のTV放送映像と音源ォイスパフォーマンスと特集な管楽器奏法に、アンクルミートからPound for a Brownにはじまるメドレーは狐の頃のオルターネィテヴバスがポップスとしては、異色なストラヴィンスキー張りの楽曲が聴ける、驚くべきはかなりが譜面で計画されてたことであろうか。
Frank Zappa - Inca Roads
名曲これも豊富で超絶な打楽器ソロや複合拍子と現代音楽の実験の文脈を含むポップス。
ttp://www.youtube.com/watch?v=uFHSk_lEeHk

そして晩年のアンサンブルモデルンの管弦楽曲集ライヴイエローシャークではオケ版Pound for a Brownのなおさらストラヴィンスキーに近づいた音楽は、カッコい現代音楽の何たるかをしらしむるにて候

ttp://www.youtube.com/watch?v=91VPEAHK9GA
[PR]
by dr-enkaizan | 2006-06-07 09:57 | クラシック

なんで・・・SACD だけなのかサロ様「ハルサイ」新録音

What's coming

秋ごろなのにストラヴィンスキーのハルサイとはこれいかに・・・・。
ムソルグスキーの禿山はオリジナル版でバルトークのマンダリンがカップリング
そおいえば・・・・anja様のところが「去年の円海山の休止」以来ご無沙汰に・・・・なっているのが大変恐縮な・・・・(汗)お元気育児に励んでいらっしゃるのを草葉の陰で見守りましょう・・・。
追記:anja様も同じトピックゆえ どの面下げてご無沙汰TBを超遅延出産祝いとしてピングいたします。a0007939_1131663.gif

追伸:姫さま・・・・去年のアカデミー賞のサロ様ヒンデミットは我々の紹介が先行していたのは此処だけ誇りで大いなる素晴らしき誇大妄想ということで。(笑)ついに我々は美音の流布に勝利したのです(プロパガンダ風)。
[PR]
by dr-enkaizan | 2006-06-01 19:11 | 気になる・・・・・

作曲家宮川泰氏死去-芸能と芸術とサブカルチャーの狭間

スポニチ Sponichi Annex 速報

wikiを見てもその作品は氏の放送業界で黎明期に音楽をになった出身を表す次第で、そのラインナップと共に育ったTV世代としては、潜在的に音楽感覚の一端を学べたことに感謝し、ここに冥福を祈る次第。
ザ・ヒットパレード(フジテレビ)
シャボン玉ホリデー(日本テレビ)
宇宙戦艦ヤマト(読売テレビ)
さらば宇宙戦艦ヤマト~愛の戦士たち(映画)
宇宙戦艦ヤマト2(読売テレビ)
巨泉・前武のゲバゲバ90分!!(日本テレビ)
ひるのプレゼント(NHK)
脱線問答(NHK)
カリキュラマシーン(日本テレビ)

 いうまでもなく、「ヤマト」のシリーズはその後の「アニメの交響楽嗜好」を開拓したのは言うまでもなく、ことさら氏の卓越したアニメサントラを、交響組曲に仕立て全面的に「オーケストラ」を「閉鎖的なアニメ系サブカルチャー層」に意識させたことは、一部の例外(*)もあるがその層が漠然として捕らえていた、それ以前のアニメのオケ劇伴奏への再発見の流れを生み出しことは文化史覚えるべき事項にて候。
(*)戦後のサブカルチャーでの認識されるクラッシック・オーケストラ系では渡辺浦人親子の初期アニメでの小編成での下仕事に始まり、単独としてフィルアップある冨田勲のジャングル大帝交響組曲という先例があるが、70年代はそれ尾を意識する前に映像への興味が先行されていた頃であり。あくまでも製作者側でのパッケージングであり、ヤマトブームのファンとの反応の流とのないでの、「訴えかけの強さ」とはとは違う事例であることを留意。
生誕30周年記念 ETERNAL EDITION PREMIUM 宇宙戦艦ヤマト CD-BOX
アニメ主題歌 / コロムビアミュージックエンタテインメント
ISBN : B00030GSY4
スコア選択:

交響組曲「新 宇宙戦艦ヤマト」~GREAT YAMATO
TVサントラ 川島和子 シンフォニック・オーケストラ・ヤマト 宮川泰 / コロムビアミュージックエンタテインメント
ISBN : B00005HLLZ
スコア選択:
あの本編 アバンのバラード風ジャズボーカルスキャットとオケの競演やイスカンダルでの並行四度の使用した木管の用法、時にショスターコービッチような恐怖や凄み、チャイコフスキーの泣きになりはたま、印象派にフリージャスそしてムード音楽風をオーケストラで包括されている次第なのはクラ的な泣き所。


アニメの森さんのヤマトシリーズは感慨が結構生々しい受容体験の証言ある次第。
2005/1/10 13:41
「交響組曲宇宙戦艦ヤマト」  アニメーション


交響組曲 「宇宙戦艦ヤマト」 Symphony
シンフォニック・オーケストラ・ヤマト 宮川泰 / コロムビアミュージックエンタテインメント
ISBN : B00005EN69
スコア選択:

 もし宮川氏がサブカルチャー層に、あえて当時のアニメの主流であり自らの出身のジャズ的要素を極力押さえ、むしろ歌謡曲では異色(*)なクラッシクの要素をさらに深く取り込み、「チャイコフスキーのようなドラマ」と時に「前衛的現代音楽的手法」をもって、「オーケストラ表現手法の何たるか」を感情をすり鋳込みやすい西崎氏の構成と松本市のメカ及びキャラデザインをもって「解りやすい文脈」知らしめなんだら?
(*)いうまでもなくザ・ピーナッツあたりのレパートリを想起されたし

 同時期もしくは以後に活躍する「すぎやまこういち」、後にヤマトで合流することになる「羽田健太郎」の仕事もオケを使用することもためらわれる機会も少なくなり、その後のポスト的ファースト・ガンダムでの渡辺岳人(浦人の息子)の音楽もオーケストラ音楽としてサブキャルチャーへの展開はなし得ない可能性が強い。

 それは宮川氏以前の特撮・アニメなどの音楽の再評価のムーブメントの今日の隆盛すら少し地図が変わってきた可能性もあり。

 その後になる、今年亡くなった伊福部氏の「ゴジラを代表とする特撮シリーズのサウンドトラック」の、演奏会用の楽曲化(*)ですらどのように受容されたかすらも変わるといっても、過言でなし。

 さらにオケに関わる・関わらずともその後の同時期の70年代アニメサントラ(山下・渡辺(宙明)・菊池ほか多数辺り)への回顧的なブームも一部の放送企画以外で商品化する展開で起きたかも疑問。

(*)もとはヒカシュー井上誠氏が伊福部氏のスコアかりてシンセに編曲した「ゴジラ伝説」が契機で.同時期のコロンビアとキングの特撮サントラの廉価企画などがあり、若干ヤマトブームと発端が異なる次第語弊なきよう認識されたし。

 さらに昨今のアニメのサントラにて若手が、何の変哲なくオーケストラ音楽を委嘱される状況があったかも疑問にて候。

 それだけ氏のヤマトの音楽が、サブカルチャーでのクラッシックの音楽の親和性を認知させえる、見事な先駆例であったのには他ならない次第似て候。

 そして朝日新聞に連載していた歌謡曲の分析は、卓越であり、彼がそのメロディーラインでの黒人文化との接点を、16分音符の単位のシンコペーションと和音階のコンビネーション解説して絶賛した「サザンの桑田氏(当時は桑田バンドでのステップビート)あたりの記事など思い起こせば、氏の歌謡曲作曲のセオリーの確かさと鋭い眼差しをことさら感じる思いでありなん。

 その辺ではヤマトの西崎・松本コンビが作ったメーテルリンクの「青い鳥」のアニメ化での当然の音楽担当での主題歌の異様な歌詞につけられた、メロディーと陽気な伴奏のミスマッチにして見事な成果に円海山的には注目を唱える辺り、筆(キー)を置く次第


追伸・蛇足ながらサンキョーの人気台の大ヤマトシリーズの主題歌としても起用され。
現在もパチンコ店ではその人気は・・・・いまだもってもエバと並ぶ次第
[PR]
by dr-enkaizan | 2006-03-21 20:42 | 劇伴奏