ブログトップ

六国峠@ドクター円海山の音楽診療室-無用な営みの、えも言われぬ、この上なき喜び

drenkaizan.exblog.jp

最長寿のクラシック番組だったの・・・・か・・・・

承前
俄然佐渡氏になって推進力だけはました当該番組、なれど黛氏の頃のドグマは・・・タモリ山下を再招聘しようが望めないし・・・出来なくて当たり前な次第、しかし別に新しい頁を捲らなくとも、その頃にあって今にない、奥行きや媚びない心意気は思いこしてほしい次第にて候。
[PR]
# by dr-enkaizan | 2009-06-23 00:24 | クラシック

金管演奏経験者には笑えない画像だが・・・・魅力的な造形に見えるのは確か。

承前
 此処での問題はあくまでも金管が口にされる媒体であることであり、全国の金管奏者は、自らの楽器に置き換えて複雑な思いになるような気がする、ので当該画像を心がけなしに見る見ないの余地は与えてほしいが、ブルレスケというカテゴリー(笑)ではそれは容認されるか、金管演奏経験者の某は理解に苦しむ次第にて候
 斯様である
 ともかく心なしかトロンボーンという金管経験ある円海山も、なにか口に以下略な、そんな飲○健康法は・・・どうよと思いにかれれたのは、確かでなのである。
 演奏と鑑賞はその感じ方が多少概念が違うようであり、その二極分化の一端がこの承前にあるのは大変悲しい事であるのは確か似て候。
まあ当該ページが、ネタに箸ってkyな諸事で、クラ系ブログ界隈のジャングル黒○えー化にならんことを願わん。(笑)お世話になっているだけに、今回は公然とリンクする次第。

 さて、それにしても、金管楽器は色んなところでネタになるのはその板金の粋を尽くした渦巻きや漏斗の造形や、真鍮色の黄金や、その様々大きさそして、それを受ける演奏者の様々な姿勢などが、多彩であることに起因するのは確かである。
 さら多少体育系なあたりはストーリーテラに狭い意味で時々刺激を受けることがあるらしい*のも確かであり。

 それゆえ一概に批難は出来ないが、敢えて笑える冗談で済ませるかは、大事なものに小便をかけられて見てからでも遅くはないのかもしれない。

*特に最近では、スイング何某の映画、リアルでの学校部活のマーチングドラムに、某人気音楽漫画の表紙にはじまり、アニメ雑誌でハルヒやかんなぎにクラを持ち込んだ張本人のヤマカンが吹奏楽を題材に小説連載開始をしたり、そして四コマ界隈では
(1)』/まんがタイムコミックスでのひかるファンファーレ辺りが注目される、
a0007939_1824079.jpg

小柄な乙女が大きなチューバというミスマッチと、吹奏楽部員の学生や部員としての日常そして楽器固有の浅いネタなどがあり、あっさりと音楽をやることが好きな気持ちが示されて好感が持てる次第にて候。

ひかるファンファーレ 1 (まんがタイムコミックス)

田川 ちょこ / 芳文社


[PR]
# by dr-enkaizan | 2009-06-20 18:13 | クラシック

さようなら小山清茂氏

承前
無論木挽歌にて追悼の予定。
多くは語らず。
ご冥福をお祈りいたします。

OGTー303 管弦楽のための木挽歌/小山清茂

音楽之友社


現代日本の管弦楽作品集

NHK交響楽団 / ソニーレコード


[PR]
# by dr-enkaizan | 2009-06-09 21:39 | クラシック

渡象の季節か・・・・

承前
リアル ダン某 作った香具師は神
[PR]
# by dr-enkaizan | 2009-06-07 17:28 | 雑文

日本のWebは「バカと暇人のもの」?てっ・・・・・・汗

承前
承前2

 前者は多少アメリカン・スノップながら、WEBをとりまく衰退状況の現状を見据えている次第、恐らく十数年前から、一部の選民的な階層と旧商用ネットの残党による悪いところが斯様な自体に向かわせたのは確かであり。
 此処からは多少例外のブログとてトピックのタイトルの著書*言説の意を踏まえつつある現状にある。
*「ウェブはバカと暇人のもの」(光文社新書、中川淳一郎著)
 これも余りに、WEB所有者がオピニオンでいたいが故に、昨今の話題へ、無理に資料をそろえるか、ネタに走るかのタームが、現実的インフラにならない傾向を助長させているのは確かである。余りに、自分を飾る下心が見えすぎているのは、実際ドウヨとも・・・以下略
ニュースサイトでリンク集がはやるのは、そうした下心なりに有益なものが必要最小限で提示されているストイックさだともいえ、音楽や画像系の動画サイトには表現としてのコンテンツがあり、文字と表現と主張をもたないWEBは自然に淘汰されつつあるのもうなづけるし、企業のメインストリームから離れ、無料WEBサービスの統合廃止も進むのも必定の結果はおおありでありなん。(笑)
  しかし逆にいえば、現実に囚われない自由な活動においては、秀でている利点も否めないが、自らを含めもう一度考えたいような記事にて候。
話してあなたのWEBやブログは暇とお金があれば出来るような状況になっていないか?現実社会でのオリジナリティは?と少々己に真剣を刺してみるように一度見直してみよう。
[PR]
# by dr-enkaizan | 2009-06-07 16:57 | 雑文

さようなら黒恭先生

承前
我々には雑誌放送と恩義に余りある次第。
多くは語らず。
一同喪にふくすことのみ。
ご冥福をお祈りします
[PR]
# by dr-enkaizan | 2009-06-03 20:58 | クラシック

マーラ→誕生日→笹の葉ラプソディという伏線まさかなww

雑誌での記事辺りからあるいは?で各位が
某実況スレ引用
05/14 第07話 涼宮ハルヒの退屈
05/21 第08話 笹の葉ラプソディ   → 新作
05/28 第09話 ミステリックサイン
06/04 第10話 孤島症候群(前編)
06/11 第11話 孤島症候群(後編)
06/18 第12話 エンドレスエイト    → 新作
06/25 第13話 涼宮ハルヒの溜息1 → 新作
07/02 第14話 涼宮ハルヒの溜息2 → 新作
07/09 第15話 涼宮ハルヒの溜息3 → 新作
07/16 第16話 涼宮ハルヒの溜息4 → 新作
07/23 第17話 朝比奈ミクルの冒険 Episode00
07/30 第18話 ライブアライブ
08/07 第19話 射手座の日
08/14 第20話 サムデイ イン ザ レイン
08/21 第21話 涼宮ハルヒの消失1 → 新作


と大方予想もしくはリーク?されているが・・・・もう一つ
笹の葉にはクラ的期待*も以下略

*最終回の交響曲第八番が使用されたグスタフ・マーラー(Gustav Mahler, 1860年7月7日 - 1911年5月18日)引用ヴィギ の誕生日と笹の葉の過去の七夕という時系列
をシンクロしてくれれば・・・と不可能な妄想・・・・七番のあれとか四番のあれとか・・・・妄想

[PR]
# by dr-enkaizan | 2009-05-20 01:48 | 雑文

何でもあり時代の終焉かも・・・・。

承前
立場の話であるような気がする。
常にTVに対峙するむしろ敵視する故とも、話主の意見にはある次第だが、いずれにしても、すでにモラルが公共で崩れているて、それを再考できない、権利や序列に縛られた、新陳代謝の悪い放送の閉塞を意味するのは確かな次第にて候。
、ネット掲示板の祭り~討議~自浄作用のような繰り返されるタームがなく、苦情~対応一方向のやり取りしかない、前駆的企画段階で、その趣味の良し悪しすら選べない酔狂が未だに現場の企画を支配する、そんな放送業界の自浄は必要であるのも同様である次第にて候。 
 まあ本人境遇の真偽はともかく、確実な効果ながらも、後味の悪い黒い笑いは時期を選んで空気を読んでやるべし。
[PR]
# by dr-enkaizan | 2009-05-17 23:03 | 雑文

作曲家田中公平氏のブログにて

承前あらかたはネットで言い尽くされた事柄なれど、自身もそれを踏まえつつ敢えて公言する意図は、昨今の某団体への勧告などが関連しているのかとも邪推するものなり。
 配信の規定に柔軟に対応しないうちにビジネス・チャンスを逃し、不正な者たちにかいくぐられてしまう制度には、音楽の作り手もいらだっている証拠似て候。
 昨今イベントや関連する諸事のイメージで売られがちな音楽だが、音そのものを知らしめることは旧態依然に近いのは確かであり、コンテンツの充実や正確さはいまひとつであるのも確か、唯一NMLが壁に挑戦しているが・・・・もう一つでありなん。詳しくは承前を。
[PR]
# by dr-enkaizan | 2009-05-16 00:17 | クラシック

市民メディア以前に、会社として、編集部としての体をなしていなかった。

承前
注意 但し、承前の記事はネットにありがちなアンチのある二つの事項では何かに属している見解ではあるゆえそれはオミッド了承した上で。
 ネットはいまだ草の根時代からの、精神的にへその緒が、取れていないのかもしれない。
しかし俄然商業ベースという点では、あまりに草の根個人裁量による内容は脆弱で視野は余りに狭窄的である次第にて候。

 当該オオマイのマイは蒙昧から来ているのでは思うこと暫しであった次第(汗)

 時勢柄の不謹慎や権利他が侵害して、問題ある、それを提言ではなく恥を掻かされたと逆に切れたり、指摘が電波で迷惑ようなタームで掲示板が荒れ、個人的な前述の問題でブログが炎上もする事例を何度も見てきている*はずなのに、?
いまだに無尽蔵の水脈若しくは、金脈として、インフラやシステムを安易に作ろうとするものが後を絶たない、のは?、余りにネットの人口が、序列や区分けを平均化しようとする概念で蔓延し過ぎたゆえと所見さるる。
*参考-おかさんの20世紀ウラクラシックより

 あくまでも平均化している中での文字媒体のコミュニケーションでは、本来、相手の危険指摘も、友好を見せかけた下心も、等価の情報として捕らえるが、それを人間の感情が付いていけない現象があり、このようなリスクの多い素材を、適当に編集して利益へという流れこそ、ガイドラインやヘッドラインの定規若しくは桝目の点から荒唐無稽へ転じやすいのは一目瞭然にてござ候。

 個人的にそれらの最大限配慮も回避措置を得たうえでの、批難の意図ではない提言喚起意図のオピニオン記事なら、此処みたいにブログで、一個人の異見として書くに越したことはないが、思わず苦言した、一般の交友の一コマの記念写真に、好意の履き違い大凡品位の低い、卑下した表現で注記をいれてはしゃぐ、ボランティアなのか、業務なのか不明ながら、なにか祭事の役割ある人間のあの様とかは、個人的には当然荒れた文面にもなる。また卑下をする人間の立場では大凡、その役割を満たしていないように、取られかねない表層のリスクヘッジを公然とするのか、そのスィーツな考えを誰も疑問に思わないのか、むしろ興をそぐ観点から、これではないそれ以前にあった例では異見はスルーする、若しくは擁護して非道徳をよしとするセクトなケースも見受けられる、むしろその点では個人で同様の題材で、オピニオン的な記事を書く人たちのほうが?些細な内容から真摯に受け止めて下さっており、此方が恐縮するほどである、このように平均化した中でも、歴然としたグループや立場のほうが何かと、立場の意義の自負ゆえか尊大ではある感慨を持たざる得ない。
 しかし共通の禁則フォーマッドも忘れるべからずでもあり、立場に関わらず媒体と素材の関係*を配慮した行動は必要不可欠であるとも所見せるもの似てござ候。

落としどころは父権的な男の子の恥ずかしい(笑)たとえで、ある程度の知る人物間での未閉鎖状態の社会窓を指摘して、それを受け止め閉める人間と、耳を貸さないでそのまま無視して人間、どちらの、業が深いのかというあたりか。女の子で言えばはブ○紐だか見せ○ラのケースがあり例えが難しい・・てっww・・・・・これが本との品位のない例えの見本か・・それ以前になに違う領域話が・・・さらに進化してあたってんじゃなくて当てているなら神・・・以下略。

*炎上のリンク先に同様の記述ある同好の身内同士で「キャッキャウフフ」はしたい、やや高アンテナ、高リテラシーな層はTw○t○e○とかのお話。
[PR]
# by dr-enkaizan | 2009-05-09 14:07 | 雑文

よいよ来週は溜息に入るのか?...それとも純粋時系列なのか?

 さて前回放映時にはマーラーの千人の交響曲が、あまりに、話の筋とシンクロして話題だった、件のシリーズ似て候。
 その切望され、その構成に憶測を生んだことが記憶に新しい、第二シーズン、いざ再開を見れば、前回のシーズンを時系列順に放映して、その合間の原作未アニメ箇所を新規に補完する方法をとり前回同様サプライズな構成でありなん。

 無論、既出部分も前回の版と微妙な修正がなされており、今回で一旦原作時系列での既出の区切りが、一巻においてついた模様、恐らく次回以後*から、前回2006年版(区分便宜上以後年代にて呼称)で未アニメ化の原作初出順の第二巻へ、あるいは作品内の時系列の一部未アニメの三巻以後、そしてコミック版での同時系列の内容他へ入る公算?が大きい次第で、新規の映像がよいよ拝見できる可能性が、アニメ各位の期待を掻き立てること必死な模様にて候。
*原作三巻アニメ2006年版第四話での荒唐無稽な草野球話(丁度展開部のような部位で見た目は原作第六巻・アニメ2006年版第十一話射手座の日同様単体で見ても見た目面白い)以後の
ノウイング・ミー、ノウイング・ユー 漫画3巻(漫画オリジナルストーリー)
笹の葉ラプソディ と ミステリックサイン
ミステリックサインおかわり 漫画4巻(漫画オリジナルストーリー)
特に原作に草の葉は重要な伏線と展開を含むので注目度が高い。


 感慨として2009年版での時系列で改めてみるとは、原作での初期巻時の登場人物の掘り下げが、原作者の世界観構想の確保において、ミディアムクライマックスのポテンシャルが低い線でなされ、以外に意図されたと思われる単調が?、アニメにすることさら緩慢に感じられ*、2006年版では確保や推移の素材として、時系列を超えた順番で、核心に触れない限りの演出やわずかの改変そして、原作者に依頼した一話のオリジナルで、14話という限られた話数を付加して、バランスよい緩急をつけて我々に提示するこに成功したことが判る次第。
 *朝倉のキョンへの襲撃辺りまでは真偽不明の世界系文章をキョンの斜に構えた常識ある突っ込みを通した、文章がつづく点、実際、今回の溜息は、2006年版の六巻の朝比奈みくるの冒険のメイキングであり、筋的にはアニメの演出でそれをふまえつつ、軽く済まされている、そして伏線提示と多少世界観の説明めいている内容で、挿入されたショートストーリと重複する説明も一部あり、原作しては必要不可欠ながら、内容がアニメ向きかは判断が保留される、当然演出は京都アニメとして腕の見せ所として期待できる次第 

そして、今回の2009年版では、それを20数話というスパンで、原作の緩急不備を前回承前的な事柄をバックホーンにしたことにより問題を無効化し、その補完への興味で摩り替えた観点に摩り替えて、新たなる提示を行うことを目論んであるようで。またもや、我々はサプライズされるようであるが。
 正直、影で色々あったのは確かで、ややブームが冷めつつ*あるまで、この二期が伸びたのは否めず、これが吉と出るかは、判断保留として、以後の動きを静観して我所望する次第にて候。

なお個人的には、アニメのゴーフルの缶は原作どおり、ハトサブレ(+)の缶でくじ引きをするように改訂してくれれば神だったのだがww

+豊島屋にだれかチクレ、すると鎌倉もハルヒ展開になるのだがこの辺でのハルヒ厨の注目度は悪い・・・・・。なおアニメでの理由は、関西ではゴーフル神戸風月堂のほうが知られている理由と、かのウィギの中の人が記述もしているが仔細不明、何故片方の記述に企業名がついて片方に付かないのかこのあたりも毎度 憂意疑
する事項也。
*同人的展開を本家したショートアニメ、二次創作を逆輸入した にょろーんそして、不完全な蔵系の冠コンサート(蔵系の人は、到底真面目に聞けない同一口調で批評するのは恥ずかしい要素一杯)など、時間を稼ぐ展開。さらに原作の続行の二年延滞必死の状況など。まあやはり文化と称されるが、アニメはいまだ芸術でなく芸能という扱いで見なければならない、いやこうした状況はさら嘆かわしく続く要素がまとわりついている。しかも芸術も、どうもトレンドやイベントが作られた本質と無縁の状況へ追いやられているようである。ここでも趣味としては、注目できる限りの点は取り上げるが、仔細を蔵系の芸術評論と同じ目線で取り上げるのは・・・実際ドウヨとおってもいる次第ご容赦されたし。

追記Харухи Судзумия Серия 露西亜語版涼宮が色々面白い件
[PR]
# by dr-enkaizan | 2009-05-09 04:29 | 雑文

>もし『ウィキペディア』にシカに関するウソの記述があったらどうするつもりだったのか

承前
 そもそも大手のネットベンダーあそこをリダイレクトした、サービスを始めるから斯様なことがおきる次第。
草の根をサービスに取り込もうとする魂胆もさることながら、それに甘んじて識者やライターによる、裏づけのサイトを創設しようとしないことが、まずいと所見される。
 実際、今回うちの康代さんでもネタにする、ストラヴィンスキーのバレー音楽も、いまだにある件で*間違いを直していないし、プロコフィエフの交響曲第四番も音盤の件の間違いと、改訂に際しての主題の変更が厳密に直っていない事など問題は山積であり権利も個人の趣味の領域に・・・以下略。
*演奏会用EDは以下略
 役所はさらにその辺がいまだ区別がついていないようなので、それらの文章に個人ベースの使用でない、素材として意図は判るが・・・あまりに地雑で安普請な陳腐さは御免こうむりたい。
 むしろ、不祥事起こしたやらかした主続行で、彼が`N○T+の光との間で矛盾要求で自虐宣伝をする方が・・・・ましだったのかもしれないが。それ以前に・・・HNKの退職者の天下り先のB-CASならびに、同様の個人情報取得機構の撤廃を行わなければ、負担を強いられる国民は納得しない次第にて候。+何か字が化けたかタイプ化けwworz
 ついでに、アナログの速報性はデジタル化による処理のタイムラグで失われる補償はどうするのか?そのサービスは、全てにおいて等価でないのは明白であり、入れ物や受け皿の機能の有無を、利権問題でごまかされている構図が、どこまでなのかを考えると・・・・・以下略。ww*
追記早速、草は草でも、草の根に反応、うーん私もセレブのペットになってみたい・・。
a0007939_19191917.jpg

*いまだ明確な通信サイトでの大きな買い手のつかない不良債権化する予感ある、VHF帯を、交通安全のためにと詭弁を弄するが、電離層伝播で中規模な通信に使用できる、電波帯域を斯様な近距離、での通行指示アナウンス用に使用する矛盾と、スポラティックE電離層での遠距離到達時の、機能障害でのそれらの安定性へのリスクなどが野放しなっている。実現性のなさは、あまりに馬鹿にしすぎている詭弁にしか見えず。今後放送サイドの情報封鎖をいいことに、封印する事実にしてもあまりに、取り返しのつかない事態へ、我々を落とし込む恐れもある次第。
[PR]
# by dr-enkaizan | 2009-05-06 19:08 | 雑文

評論でもなく友達でもない透明な立場で送り出す大切さ。

承前件の事件ネットでは、双方への擁護と憶測そして批難で埋め尽くされいきなり祭りになったのは記憶に新しき事。
 しかしながら、専門家?の分析ではかなり明確な典型的なケーススタディだったことが説明され、成る程な次第。
 要するにDJの流布の自負心とその音楽への愛情が、独りよがりの方法論で行動をゆがめたに他ならない次第でありなん。当該女史もトークとDJという曖昧な定義と、職務上その場所の顔という自負心が形成されて、そのプレゼンや、セオリーの感覚、評論か対話かの、区分け等の行動言動にブレを生じさせていっいたと所見さるる。

 やはり自分も含め、その場所のありようというものは、常に変化を考えないと、当たり前じゃない事を当たり前にしてたりしてww、駄目になってしまうのかもと、愚考セル所存。
[PR]
# by dr-enkaizan | 2009-05-06 07:45 | 雑文

客の要望に応えて○○を選ぶ手助けをする、○○専門の給仕人

 まあそれがあの四文の字であり、教養や感性が大切でな次第。
 祭事の場に遊ぶ時の己と、主催者*のネクタイにいたる服装や、侍る様を、開陳するだけなら、敢えて言おう、それはむしろ四文字ホ○○スか太鼓持ちと。

 まるで北の亡国某国のマンセー放送のようなあるいは、以下略

 まあこれも宴には必要不可欠な生業であり、たゆまぬ努力の成果であり、一概に卑下したり無碍にできないのは確か。 
 それが、仲間内や、表層に評判にても、対象物に対して幸いか、文化なのか熟して考慮すべき。

 物事は末永くは、調子に乗ると足元が以下略・・・

汝 。真の顧客は場の酔狂ではなく、音楽への熱狂を欲していおるのだ、・・・といいつつ、良いんですけど、個人的には萌ました次第にて候ww。
任せられた信用への印象に対してという自覚の問題のお話。
プライベートなもので何書いてもといえばそれまでのお話。

 それともクライアントははかのインフレーションを狙っているとでも・・・・まさか・・・・まさかかな?現場大変そうで、雨に負けないこと願わん。
 色んなところで傘を差す必要もお忘れなくww・・雨は戸外だけで降るものではなくネットでも降り注ぐ。
これはエールと聞こえうるか、上等と感じるか、否か聞くもの次第似て候。

 正直箱の装丁でなく、聴かれる音楽を語ろう。
かの職種では一途に瓶の中身を語ってこそでは。背景はそれからのお楽しみ。そして臭いを嗅ぎ別ける感性は、大切だが・・・適切な場で働かせ以下略
くれぐれも異見故、大多数の支持を十分得ている祭りへの、さらなる、くる顧客獲得の向上を切に願わん故の。
 正直こればかりは・・つづいて個人的に少々アレだが・・・・なにか鼻につくのは何故だ?モラルファザード過ぎても如何な物ではあるのでこの辺で。ちゃんちゃん

リア王 (岩波文庫)

シェイクスピア / 岩波書店


よのなか一人ぐらいコーネリアス。
a0007939_2011554.jpg

追記・・・本来、まあくだけていて、華やかな場の利かせは、ノンノットということで。嗚呼・・・知っていてもネクタイ結びは苦手ずら・・涙。大概はブランドに目が行くが・・・本来の要は巻き方だといわれ、その辺でよく突っ込まれたトラウマが・・・・嗜み下手な己であった次第。まあ厚顔は時には薬にも毒にも・・ピングが真上に何でそんなタイミングが・・・・・またバチがあたった、多謝
*の周辺バイザーの意を大雑把に表記・・御幣なきように
[PR]
# by dr-enkaizan | 2009-05-05 19:04 | 雑文

 「サラリーマンNEO」ディレクター

承前
まあ 世評に申し訳ないが、頭の悪い円海山的にはNHK臭のする、突き抜けないお笑いバラエティーであり昨今の芸人バラエティーとの区別がつかない。

 恐らくテレビf黎明期のゲバゲバ90分とかドリフやキンドンにタモリそしてひょうきんを、適性年代順にリアルに体験しているからなのだろうか。むしろ、マリーアンドガリーを単独放送して欲しい。wwこれは個人的趣向。
 ファンの方が悪いわけではないので御幣なきよう。
[PR]
# by dr-enkaizan | 2009-05-05 03:54 | 雑文

10年前は20万円だった

承前LAN 10BASE-2でケーブルトロンのトランシーバーを末端にさしたBNCケーブルがクライアント数台とサーバへムカデのようにのた打ち回る時代に・・・隣の部署がLAN 10BASE-TでサーバーとルーターでスイッチングHUBでのLANシステムを導入したのを贅沢自慢されたのを、昨日のように覚えている。いまは立派に家電状態ww

BUFFALO LSW-TX-8EP 10/100M スイッチングHub

バッファロー


追記
そうそうネットウェアとかwwマルチタスクでドスエクステンダーとか・・・WIN95からこういう時代へ豹変したんだっけ。最初の三行の映像で浮かぶ人が少数派の時代なんでしょうね、あまり嬉しくも他らしくもない、骨董的形容な・・・、
[PR]
# by dr-enkaizan | 2009-05-04 17:18 | 雑文

遮られた休息

バルトークラジオのサロネンのニューフィルのマーラー第九番を聞くが・・・第二楽章終了のタイミングに家人のネットトラブル*発生で中断の憂き目をみる、散々な日々に、これから夜中の放浪でも・・・。
しかしながらサロネンのマーラー第九番、テンポを幾分引き締気味ながら、あせる感覚はない、しかも分散されたパートが一つの律に従い歌唱を構成することを注目させる声部の処理の著しい.第一楽章は非常に面白く美しい.
とくにフレージングは譜面記載上のスラーの抑揚を明確に統合している点にも一因があり、己ジャンルでは、ドビュッシーの海などでも同様の感心したことを思い起こすことを、ここでも敢行している、さらに器楽のミュートやゲシュトップの音色効果も適度に扱われて、非常に情緒におぼれない発見に満ちたマーラーを聞かせる。現代音楽陣営では第九は往年の演奏との比較で、ブーレーズが多少練りこみ不足の録音だったが、サロネンは往年の演奏への手法的な問題提起と高い演奏表現で、この作品演奏をなしえている次第に候。

返す返すも、トラブルが残念。

*ダイアル・アップが立ち上がると騒がれ・・最初は不埒なサイトでもかよと?疑いつつも要因を調べさせられたが、付属のランチャーの普段開かない階層を開き、其処のプロバイダー契約ページを迂闊に触れて接続スプリクトにという顛末だった次第。斯様なくだらないことをで、台無しにされてしまこの理不尽、さらに機嫌が悪い状況にww

さて・・・どうしくれようか・・・ふふ・・・呪われているな・・・・・色々心当たりがつい最近あるようだし、・・・呪い返しでもしてこようか否かww
 不満があるなら呪いでなく意見でキボンヌww妄言 多・・多謝
のろいでなくバチとかOrz・・・・ww
[PR]
# by dr-enkaizan | 2009-05-03 21:13 | 雑文

世の中は冒されるのに「どんな熱か」を?選べない人も居る事実

 本日所用事の帰路、 駅にての観光客や諸事の人あふれる、ラッシュのホーム似て、日本のチームの青いサッカーのユニフォームを着てはしゃぐ小さい、外人を含む、一団がありて、周辺の引きと迷惑を同団は感じていないという、お定まりの情景に出くわす次第。
 
 どうも自分の趣向の諸事に置いては、団体同士は寛容になり、あまり周辺への配慮の感覚というものはなくなってしまう物なんだと言う、自らも含め再度感じてしまい、一種の同属嫌悪に近いが、なんとも嫌な気持ちにさせられた次第にて候。

 ことさら、同様で、それが祭りのような、晴れがましい場所になると、ある種の言動に、逸脱とか不謹慎が生じることが多々あり、さらに色々とその上記の問題点が、本人の純粋な思惑とは別の方向を思わせる、リスクヘッジを生み出しているのは、己のかつての掲示板での失敗も含めての上で、とても微妙な感慨にならざる得ない。

 良い意味でのサッカーのフリーガン宜しく、己の熱狂を分かつべく、世間の不安や憂鬱を乗り切ろうという好意での、意気と元気と勇気を鼓舞する、そんな祝へ望む心著しい、コピーだが、語句対象が、二つの街の熱狂とは、同義かはかけはなれ、それをよそに、、遠い不運で不遇な人たちに、最大の不幸*をもたらした事であることを思うと、多少、それを見過ごすことがいいのか悪いのか、悩ましい限りにて候。

さらにそれは今、人類にものしかかる何かにもなりつつあるのは確かだ。
追記リンク真偽不明なれど・・・・こういう英語も訳があると・・・以下略
 あの祭り+については、つぶろぐではネガティヴなる感情を記したが、決して楽しみにしていないという訳ではないのだが、楽しみ方ありきで、こうした上記の事例を見るにつれ、感情のインフレーションという状況で全て受容する意味合いが?・・その事例にとって幸か不幸かをいう価値はその後検証されるべきではある、むしろそれが一時代を代表する事例になったのも確かにてござ候。
ぜったい、参加者の良識的行動をもってという条件で継続はされるべきには違いない次第。
それが・・・・ことさら情報取得におわせになっているところで、多少アレだと辛い、書くべきか悩んだ。悩んださ・・・。
妄言多謝いやはや又あちこちスルーされるなwwこれは。

*情報が多少周知なのだと思うが、ウイルスが今回猛威をふるった要因の背後には、社会的要因が取沙汰されている。
+なお熱狂が悪いのではないので御幣なきように・・それに組み合わされ、個人ベースでの病原体のほうがという話

 まあネット全体がハブ広告状態になるのもアレなので、一つの異見として愚考セリ、ともかくみんな人類に有益なる熱狂の心が、悪き不安を駆逐する熱に変わらん事は信じている次第。
しかし24時間TV化救済展開は禁止ww
各位万全の体制で熱狂に参加、報告セリ、ワレ全裸待機するものなり。
[PR]
# by dr-enkaizan | 2009-05-03 01:25 | クラシック

ひらがな4字で「!」蔵的には?

いま、ひらがな三文字はもう古いww
承前
蔵的には
からやん!ばんすた!
日本の現代音楽的には
たけみつ!
まゆずみ!
よしまつ!・・・・
フランス六人組的に
おねげる!
萌えないorz・・・・・・・・。

けいおん! (1) (まんがタイムKRコミックス)

かきふらい / 芳文社



あるいは☆を
から☆やん
たけ☆みつ
って・・やめんかい以下略

らき☆すた (1) (単行本コミックス)

美水 かがみ / 角川書店



追記
北欧美音指揮者の萌え四コマ
さろ☆ねん・・・とか言うとAnjaさんが・・来るかもww
みんなハルトークラジオでさろ☆さまのまらきゅう!を聴こう。2009/05/03 12.05-14.00
(日本時間2009/05/03 19:05〜21:00)
勝手に誘導・・・・姫様・・・・影ながらすいません。

 ストラヴィンスキーの春の祭典を演奏しようとする女子高生アマオケを描く萌え四コマなら
はるさい!もしくは はる☆さいで・・ヤベぇ オラ なんか萌えてきたぞ・・・・・。
[PR]
# by dr-enkaizan | 2009-04-30 02:04 | クラシック

少女椿はペトルーシュカの夢をみるか? Bパート(1)アフォーマンスでなくアフォリズム

ついていける人だけきてください。
今回はペトルーシュカやストラヴィンスキーどころか音楽も扱わず緩いグルメ教条になっていますが。次回の半分ぐらいまでこの状況になります。
まあまたプロットにらきがきを貼り付けたあれですが・・・・なんでこのときだけ数値が上がるのかすいません


美味礼讃 (上) (ワイド版岩波文庫 (258))

ブリア‐サヴァラン / 岩波書店



見てみる
[PR]
# by dr-enkaizan | 2009-04-28 23:33 | 康代さん

チャンバも走る

承前
気まぐれの更新がナイス。
キャプ○ン○ GOLDEN連作ww
これを適応するとメアンセルのシードビュッって・・・・・言うことに以下略
ここも読者が変態である分には問題ないようです
[PR]
# by dr-enkaizan | 2009-04-27 01:21 | 雑文

引き続き少女椿はペトルーシュカの夢を見るのか ココロ編

近日中にBパートが始まりますが。
今回はストラヴィンスキーどころか音楽からなぜか離れたとこで、エリナ嬢が以下略

そして・・・・どうもココロが一番の読者なのかも。
a0007939_23414994.jpg
[PR]
# by dr-enkaizan | 2009-04-26 23:42 | 康代さん

引き続き少女椿はペトルーシュカの夢を見るのか Aパート(3)

さて三回目ついてける人だけ見てください・・あくまでもこの台詞は康代さんのキャラもはいってますので、素では捕らえるのは止めてください。wwなお多少未校正ですので記述の妙なところは、いろいろ気がつき次第差し替えます。六ページあります
追記 多少、写植で行ごと落ちていたところを、肯定し校訂。orz

見てみる
[PR]
# by dr-enkaizan | 2009-04-12 10:23 | 康代さん

ストラヴィンスキー 逮捕時の写真の件

今回そのタイーホ時の写真と思しき一枚がここにあるので、・・・
頭にHつけて承前
ttp://tablaman.wordpress.com/2007/10/28/i-am-not-a-composer-of-music-i-am-an-inventor-of-music/

ストラヴィンスキーがアメリカ国歌星条旗を編曲した作品は今はティルソントーマスの録音が聞ける次第にて候だが。
発表と同時に、国歌の編曲を禁止する当時のマサチューセッツ州法に触れて譜面を押収され、逮捕されてしまっのは、国歌の薀蓄話として伝わってる次第


なんか情け容赦ないアングルで・・・・ただの人相の悪い変な移民の親父に見えるのがなんとも。
これをジャケットした音盤はあるのだろうか?

ストラヴィンスキー・イン・アメリカ

ロンドン交響楽団 / BMGメディアジャパン


[PR]
# by dr-enkaizan | 2009-04-06 23:59

クラシカ葉山時間帯移動がすばらしい件。

 国営放送の何とかクラシックに代表される、昨今FMのクラ系のトーク番組の質の低下はあきれるほどであった次第、あまりに媚び過ぎるで、一つの線で受けを取れると思いきや、いつまでも節操無くつづける企画には、大いに個人的に虫唾がはしり、しばらくFMでクラを聞こうという気が起きない状況がつづいていた次第に似て候。
 そんななか、今回、湘南ビーチFMが番組改編で、この秋の終了したクラ系ではないが、フュージョン系のセンスのよい番組「リラクシ・モード」の穴を埋めるかのような番組を、移動してきたことは大変喜びを持って迎えられ各位拝聴推奨セリ。
 適度ながら深い造形ある解説と、地味ながらリラックスさせるトークそして、中途半端にならない音楽を流す時間の番組が日曜の夜と言うリラックスできる時間に移動できたことは、さすがにこの放送局ならではとも愚考致す次第。


なお遠隔地のかたはネットラジオで聞ける次第なので
此方を
[PR]
# by dr-enkaizan | 2009-04-05 23:18 | クラシック

まもなく非招待な飛翔体が飛翔するわけだが・・・・

ショスタコービッチの交響曲四番の第一楽章の展開部の直前のあの箇所なんて不謹慎なことは以下略

追記 体が帯に・・orz
[PR]
# by dr-enkaizan | 2009-04-04 11:33 | 雑文

引き続き少女椿はペトルーシュカの夢を見るのか Aパート(2)

さて前回のつづき、今回は、バレーカンタータ結婚の話が少しでますが。
正直、言語が音盤によりまちまちなのは悩ましい次第。
 さてブリテンとプーランクは彼女達はなにを選んだのか。
想像したらコメントキボンヌ。

見てみる
[PR]
# by dr-enkaizan | 2009-04-02 22:21

キリスト看板ジェネレータ

和解を試みる
>

a0007939_19363837.jpg

プレビューではテーブルが使えて、本番では使えないイケズな腋厄人・・・・。
参考
はみなさんおなじみでしょう。


a0007939_19381662.jpg

参考
>恨み、辛みをもった百八つの女たちの煩悩が
>仏陀異(ぶったい)Xを創ろうとしている。

>仏陀異Xの名は、竜水!!
なんと原作者は違えどあの怪物作品が・・・。
[PR]
# by dr-enkaizan | 2009-04-01 16:37

リリアン女学園ソドムてっ

承前
業務中慌てて×を押す次第似て候・
取り合えすレイテッド18
マリ見てネタですか・・・・外し具合がなんとも・・・・といっても

うちの康代さんも、色々裏設定にリ○○ン利用していますが・・・・。
よし次回は康代さんも、学園ソドム編に突入しよう。
跡地予定URL

関連 ストリートビューのあの“黒い三日月状の物体”発見される

とくれば大体お分かりでしょう。
[PR]
# by dr-enkaizan | 2009-04-01 13:52 | 雑文

少女椿はペトルーシュカの夢をみるか?-1- Aパート(β版)

 さて色々飽きる中断おおい、康代さんシリース。懲りずに、相変わらずネーム写植に毛を生やした落書きでもう一ネタ(苦笑)
 おそらく一番古いであろう、着想ネタであるペトルーシュカ版問題の件。
さて構想はおそらく三年はかかっているが、なんとも酷いまとめ、そろそろ形にしてみようかと着手中。
最初のプロローグ3ページあたりをお試しに。これから始まるのでたいした内容でないことご了承。
追記、まとまりを考え追加して4ページにした。
さて準備に1911年版はブーレーズの旧音盤で
1947版はレヴァインとかを用意してくれると作中に使う予定なので・・・・。

私信おかさん片菜さん借りました・・・・ww。

なお今回のタイトルの由来は?個人的にはブレーズの聡明で迫力あるもの、自作自演での克明さやレヴァインのようなキャッチーでカラフルな演奏を校訂しつつ、アンビヴァレントにペトルーシュカの哀愁が、丸尾末広の劇画・・・少女椿しているような、フリークな見世物小屋するような演奏をも望んでいる・・・・・その点では、抵抗はあるがクレンペラーの演奏あたりがそれに抵触していると思う次第にて候。
さて皆さんは?版云々はここではおいて置いて、どうでせう。

見てみる
[PR]
# by dr-enkaizan | 2009-03-30 00:20 | 康代さん