ブログトップ

六国峠@ドクター円海山の音楽診療室-無用な営みの、えも言われぬ、この上なき喜び

drenkaizan.exblog.jp

<   2009年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧

除夜の鐘というより除夜の前へ!!

さて紅白の水樹もK1も終わり・・・・コメントも過疎化しているwwのも確認しているとあちこちから、鐘の音が聞こえている次第。

 年越しにゲオルギー・ゲオルギヴィッチ・スヴィリドフの前進!!からの自己納得なルンバリズム?WWを社会主義リアリズムしたメインテーマを拝聴しようかと思う次第。*モスクワ放送晩期のニュース解説のテーマに流用でおなじみの曲a0007939_23311923.jpg

Georgy Sviridov: Music for Chamber Orchestra; Time, forward!; It is snowing; The songs of hard times

Boheme


それでは来年に前進!!とポジティヴに締め!!

聞いてみたい香具師は
[PR]
by dr-enkaizan | 2009-12-31 23:29

なにか受賞ディスクに苦渋の思いがみられるようなのは気のせいか?

承前
今年も生きていたと胸をなでおろす。
密林で春ちゃんからみでレスピーギのあの曲の状況を見ても思ってたが?
そろそろリアル媒体がヤバイのかもしれない今日この頃。
インフラのそうだか・・・景気やデフレそしてメーカーの拘りが皆無な販売企画に問題もある。
たとえばソニーはいい加減オーマンディーの録音を何とかしてほしいし以下略・・・色々ある。
紙媒体がきつい中色々いわれつつ残っている当雑誌の明日は如何に?確かに新旧別けての巨匠のラインナップに、旧のほうにも未だフルベンというのも・・・アレは別格の立場をつくり更なる視点をもてないのか。
新規のものにモノラルを強要するのも気が引ける次第。
無論音質を超えた名演奏達ではあるが・・・。
[PR]
by dr-enkaizan | 2009-12-31 02:36 | クラシック

“スパコンキラー“のマジコン利用(子供が)

承前
承前2
スパコンを泣かせた議員がマジコンに泣かされる・・年の瀬に大きな笑える語呂あわせに一票。
マジコンの危うさを知らない人間が、スパコンを語る公務なモラルに乾杯!!wwそして合掌。
しかし説教まで報告までは、人の親として好感が持てたが、その後別話題レス流し削除*で・・・身内の違法行為の疑惑の事実報告なしでトンズラとは?以下略
*ttp://blog.livedoor.jp/htmk73/archives/2084946.html
そして妙な言い訳に到達・・・
ttp://blog.livedoor.jp/htmk73/archives/2089120.html
しかし市販ゲームの改造は大っぴらに聞くのはモラル的にどうよ以下略・
・・。

追記あくまでも此処での利用はタイトルも含めて疑惑ではあるが・・・・チートも穏やかでない卑怯な印象が以下略
[PR]
by dr-enkaizan | 2009-12-31 01:32 | 雑文

さらばウェンティーズ

a0007939_1863581.jpg

チリがなくなるのは少し辛い。
[PR]
by dr-enkaizan | 2009-12-30 18:06 | 雑文

ブーレーズのベルリオーズにジェコブスをRVW他

昨日久しぶりにリアル音盤を多数購入セルものであり。
今年の元旦に突発したベルリオーズ幻想祭りを再開にあたり・・・アナログ時代お世話になって久々な、ブーレーズのスローリーな旧盤をと。エディションの三枚組などや、バレンボエム暗黒史扱いが遺憾な、シカゴをふってジェイコブズがテューバを吹いたRVWの協奏曲など他を、夜中の車中にて拝聴。
 CBSの音源のブーレーズの録音の半端な扱いはオーマンディーほどではないが・・・・多少クリティカルではない漏れを伴っているのが痛い、未発表が含まれると思えば、旧来の録音に穴があるような変なカップリングなのはなぜか。
 DGのバレンボエムも初期のもともと地味な扱いの録音だっったが・・なかなか後年を思わせる表情をイギリス室内とのデーリアスにはうかがわせこれも・・・アナログレコード時代では出来ない発見似て候。
さて此方では、年末音源を皆に問おうか。
まだ書きかけ
[PR]
by dr-enkaizan | 2009-12-30 17:08 | クラシック

まさかの「春ちゃん」現象

承前某画像掲示板にてひそかに人気であった「NHKニュースウォッチ無いんです」笑の、天気図に現れた、擬人化キャラ似て候。そもそも冬将軍の次に現れた*、「春ちゃん」は、
a0007939_11315684.jpg


ボッチチェルリの「春」にインスパイアされた和様化したギリシャ的な意匠をまとった蒼眼のブロンドの額に春を貼り付けたという、投げやりなデザインながら、昨今の萌えの時流にマッチした意図どおり、教育番組のまいん及びマリーガリーに先んじて、当放送局にて二次展開を成し遂げた次第。
 *なお現在は小夏ちゃん・秋ちゃんと女性で展開し冬将軍に一巡

Respighi: The Birds; 3 Boticelli Pictures; Il Tramonto

Chandos


同種意図を楽曲で達成したのはww、無論当曲であるのはここにお集まりになる諸氏には承前の状況にてござ候。
 さて今年の冬を以下に通り越し。来年の春は穏やかに訪れるのか否か・・・そんなあなたの近況・春予想など・・コメントにて拝聴。

春ちゃんの事実・・・・・{まとめサイト出典によると?}
a0007939_11212617.jpg
上原案・・当番組の気象士の平井氏によるとされる。
下現行上記ボッチチェルリテイストを入れざる得ないな・・・・これjは。
[PR]
by dr-enkaizan | 2009-12-30 10:49 | 雑文

期待するか憂いるか?一気に全曲プロジェクト

承前
まあ筆者の、箱根駅伝をある種の憂いの例えに使うののはエイトル・ヴィラ=ロボスが認知して正しくかけてからでも、遅くはないような気がする。とオレは思う<流行の亀父風くくり>笑
 しかしながら熱狂だけで音楽の聞く場を求むるだけであれば何と空しいかもしれない似て候。
音楽自体に感じれなければねぇ・・・・・・。ただの勘違い野以下略
音楽の企画の箱物化は御免蒙りたいが・・・ビラロボス(笑)宜しくやってほしいものもあるような・・・。
[PR]
by dr-enkaizan | 2009-12-06 23:35 | クラシック