ブログトップ

六国峠@ドクター円海山の音楽診療室-無用な営みの、えも言われぬ、この上なき喜び

drenkaizan.exblog.jp

<   2009年 02月 ( 10 )   > この月の画像一覧

鎌倉のコミュニティーFMにむきになっても仕方ないが?

実際、現在色々すぐれていないが、少々再開。

本日、移動先の車中にて鎌倉のコミュニティーFMの、鎌倉交響楽団ライヴの蔵番組を聴くことがあり、当団による、珍しい、鎌倉市歌のオケバージョンを聞くことが・・・・しかし、そこのパーソナリティーのいかにも湘南娘さんには、遠い世界観の人物故か、作曲家の矢代秋雄の矢代(ヤシロ)をヤダイと呼んでした次第、早速報告を・・・さてその結末はいかに。途中八代と誤変換でだし、再度送信欝だ・・・・。しかしほかの放送局にはない、コミュFMのユルさが癖になるので、鎌倉近隣人物は拝聴強く推奨せり。
[PR]
by dr-enkaizan | 2009-02-20 20:44 | クラシック

影ながら・・・・お見舞い申し上げます

承前
 先史話ながら・・・・・もう十数年前になるが、某企業から脱して、なぜか・・・新規の某○媒プラントので一エリアの担当をする羽目になり、なれない仕事の多忙に追われ、基本が終わった次点で、リタイア入院の憂き目にあった頃を思い出す次第、正直たいしたこともない単純な皮膚炎で体表の殆どがやられ、実際命関わりとも脅されたが・・・・だましだましやったのが祟った次第の自業自得であり、 その職場でなぜかクライバーがご縁で親しくなった、今はなき○○○○後○○氏の秘書のお一人の方のご紹介で、○○○○憲系の病院に二週間の入院と相成ったもの。

 そのときはまだ音盤をデーターを持ち歩くなど、夢のまた夢であり・・・・ブーレーズのドビュツシーとラヴェルの三枚組とCD歩行人を持って療養に望んだ次第で、日用品等色々同じ思いをしてそろえた次第にて、非常に身につまされて承前を読む。

 ブログ黎明のころには旧ブログにはTBもしたが、ブログでは一線を退いておられるようでもあり、おこがましいので、ここで影ながらご健康の好転をお祈りする次第にて候。
以上円海山@熊蔵

お世話になった懐かしき人々へ・・・音信無き懺悔を、ワレ打電・・・円海山マダ浮上セズ
[PR]
by dr-enkaizan | 2009-02-10 22:52 | 雑文

Netherlands Radio 4 フルネ追悼第二夜 幻想交響曲

少し早く目が覚め、少し途中から、最初は寝ぼけて記憶が曖昧orz・・・・・。
さてここの住人常連の何人かに宿題にしているww、シュミッドのサロメの悲劇は、の各位の反応を楽しみとして、円海山的にはなぜかドビュッシーのおもちゃ箱を越えて、今年初頭からなぜか遭遇機会おおい幻想交響曲に注目が行く。注目すべきは多数あるが、その重心の安定したテンポで、多少晩年体力の衰えが見えるも、しかし、その緻密な歪のない整数直線的な、ワイドレンジを持つ面持ちは?かつて、前回取り上げたレコ芸当該号でアンゲルブレシュトの演奏に与えられた優椀と洗練が当てはまる次第、奇しくもアンゲルブレシュトが、フルネを見出したのは、ラジオ放送された、彼の演奏するドビュッシー「ペレアスとメリザンド」であり、そして同曲の日本初演を委ねた次第であり、そのフルネが今度は記録としてインターネットラジオで我々を魅了しているのは奇遇でありなん。

 話を戻し、当該曲の終楽章のフーガから後半のサバトにいたるプロセスは、多くがそのベルリオーズの管弦楽の音色的創意での革新効果的面のみが強調され、狂乱のプロセスに勝り勝ちだか、 フルネにおいて、明らかに純音楽として、音色の階層としての秩序正しい順当な推移を与えられている、これはライヴにおいてさらに明らかになり、メーカのセッションでの録音では、多少デンオンは?それを強い音を捉える意識ゆえ弱音が捕らえ損なってたことを、痛感させられ、もしメージャーレーベルが・・と考えると、日本でこの指揮者の晩年の活躍以前に評判を確保できたであろうとも想像され。その不遇と半面リテラシー的な物事に事の評価が左右されているのはどこでも付きまとうのは確かであり、真実は遠いが、何とか近づきたい次第。
次回はルーセルの初期の大作で、インド旅行の成果ともいえる「エボカシオン」他放送されるが、さてあの曲にどれだけの浅い人々がついてい行けるか高みの見物。所有セルピアノスコア思い出して・・・・・実際プラッソンのEMIで予習必携やも。あっやべ・・・遅刻する・・・。
承後おかかさん いつもありがとう。
[PR]
by dr-enkaizan | 2009-02-10 07:30 | クラシック

プロレタリアシャーキングパニック!鮫工船(SAME・KOU・SEN)

a0007939_813351.jpg
a0007939_8132450.jpg
a0007939_8135125.jpg
a0007939_814763.jpg

淡水の湖にサメが生息していることは考えるなという方向で。


[PR]
by dr-enkaizan | 2009-02-09 23:59 | 雑文

極小のネタメモは<つぶろぐ>へ 記述テスト開始

承前
おかさんのアイデアに従い。
記事にするまでもないヘタレな発言のガス抜きとして<つぶろぐ>を使用することに。
これらからトピックも作る可能性も考慮に入れて能動的メモ代わりにに、友好リンクや友好(してるつもりの)サイトrssの見聞を公示する次第にて候。
正直TBやコメントの帰りなどの閉塞感があり、少々勝手に半分公示可能なブックマーク付けのネタメモツールとしてつぶログを我使用せるものなり。
なお基本はメモなので、腋利用者に当該記事への可能な書き込みがあっても、よほどの事という以外は、レスポンスはありませんので、あしからず。

流れたメモは此方からどうぞ
なお、しばし見た目より、少し活動が縮小いたしますが、今後ともわが風前の命(笑)が持つ限りは・・・御愛顧の程
さらに旧記事のtbや校訂に追記報告にも使えるでそれらの報告も此方へ。
[PR]
by dr-enkaizan | 2009-02-08 21:05 | 雑文

ジェームス・レヴァイン ストラヴィンスキー/春の祭典

ストラヴィンスキー/春の祭典 ジェームス・レヴァイン/メトロポリタン歌劇場管弦楽団

当曲の演奏でこれほど、スコアに書かれた音を無駄にすることなく、なおかつ即物的にしかし抑制とは無縁に引き出した、
いや?というより放り出した演奏はめったにない次第にて候。
 それは、春の祭典の理想を求めるカルトな響きへの妄執が実願したかのような、趣であり、本来はある程度抑えるべきすべてが白日に晒されすぎて、受け取る側が飽和する感覚を引き起こし、
あまりに乱雑・未整理*にも誤解されかねない状況を呈し、演奏の充実にも反して、世評は軽んじられている次第。

 *確かにテイクは少ない録音で、あいまに演奏者の雑音なども入ることから一発取りの長いテイクが想像され、録音場所のアコスティークも悪いところで、音盤の作られ方も含め乱雑な部類には入る。ジャケッドデザインも風忍調のサイケトランスアート調でありこれも一因か?

 しかし、との巧みな音色はそれらの批判では見逃しており、多くの理想的一例がいくらでも指摘できることがある、たとえばトラック20の冒頭から「敵対する村との戯れ」の最初のティンパニと弦楽のずれた刻みにと、フレーズが交差する箇所での、ティンパニに合わせられたテューバのバランスは絶妙であり、メーター旧録音やストラヴィンスキーの自作自演ステレオなどのテューバやその逆のデービスやブレーズなど、両者の存在のいずれかにクローズアップされる演奏に付きまとう不自然はなく、ティンパニーの音に被せられた必然的音色音量の意義すら感じさせる次第である。

 今回鎌倉スイス先生の春の祭典トピックのコメント途上で推奨せずはいられなくなり、トピックする次第。
 昨今のレヴァインの注目の低さは・・氏のプライベートの様々な要因?や、一時アカデミーな話題の中心たる、主要オケから外れて、しかもレコーディングから遠ざかった要因もある。さらに確かにフランス近代辺りの音楽では、かなり厚ぼったい印象も否めないところであり、表情を深くとってはいないがグラママラスな音が鳴っているあたりであり、さらにロマン派以後はその裏付けは昨今の学術系の歴史的裏づけという、怪しげなトレンド的擬似音楽史的実証想定のような刺激的な付加価値もない、旧世代の意義の範疇にとどまるとさえとも、認識されてしまっている現状であるのも事実で・・・・・情報媒体の発展の結果、今の聴衆が感傷的要素、上記刺激要素にどっぷりかぶれ、常に安定している豊穣な音を求めていない傾向で、個人的な嗜好で安易に聞きところらしき印象を操作流布するなか、なかなか平均的に鳴らすレヴァインの玄人的な傾向に刺激を見出せないあたりもある。特に日本ではその傾向が強く陰鬱に、もしくは異形に突出した特長がありがたがられるのとは袂を分かつ傾向にある。故に氏の演奏の斯様さが・・・・・
 深みや憂いや影という日本人的感性の極北であるのは確か。しかし、昨今の未達成水準の演奏を、印象操作交じりを?マイナーであることを新味覚と誤解する向きにはこの演奏を再度深く聴いて、何たるカを思い出してもらいたいこと事趣味がスノップする向きに警鐘しておきたい次第にて候。
 奔放を嫌うを良とするのが蔵人の好事の証としている勘違いしている輩が多いが・・・さにあらずや?
 ストラヴィンスキーの鐘楼発言を捩って語るとしての、レヴァインの春の祭典の意義は?スコアのメティエこそ突かれるべき鐘楼の鐘であることを、もう一度思う起こしてほしい主張に他ならない。感じるのは自由だが、つき方が悪い鐘楼の音は遠くまで聞こえないことも事実にてござ候。

 このことはこれの前に1977のペトルーシュカですでに萌芽があったがそれはいずれの機会に。
a0007939_220367.jpg

ジェームス・レヴァイン ストラヴィンスキー/春の祭典


1992年録音で輸入版がそして来日記念として同演目を含む
1993年にリリースされた音盤、しかも同曲の国内演目はさらにラヴェルのボレロを演奏した記録され、このオケの底力は
フィラデルフィアやシカゴの豪腕を頂点にされるアメリカオケだが、裏方にてもデフォルトこれぐらいはやってのけることを知らしめるものにて候。
1993年6月3日:サントリーホール
ムソルグスキー/展覧会の絵
ストラヴィンスキー/春の祭典
ラヴェル/ボレロ
あなおそろしや、実演見聞した人はコメントキボンヌ

[PR]
by dr-enkaizan | 2009-02-08 02:15 | 解説のない音盤紹介

タイトルの一部を「○妻」にすると

承前ナンシー
ゲーム以外でも置き換えると・・・・・ものすごくどうしようもない下らなさ(笑)
人○の祭典とか・・なにかハーレムのような。
ダフニスと人○って・・・・これは二つの組曲から漏れたバレー音楽での真ん中のリュセイオンのところに・・・・。
○妻に寄せる哀○とか・・・・。なんか抗議がきそうなのでもう一つ○ついか、○とか「歌」とか思ってないでください似て候。
・・・・・なにやってんだか・・己の世間も大変になりつつある時に・・・。
めげずに・・。
三つの人○的素描「海」・・・・これはマンマ寝取り逃避行の作曲家の状況になるが・・・・。
サティーがこんなタイトル書いていそうな・・・。
シベリウスの交響詩でやると・・以下略
なお文中のは、おそらくまんまだと鬼のように来るスパムよけ。
そして神は大いなる○妻をつくりたもうた。
ルールを拡大して、単なる追加で人○道楽息子の帰還・・・・。
最近ご無沙汰のストロング小林さんが観たら飛びつきそうなネタかも
追記 性○をつけて・・・・
承前
なんと・・・。
80年代帝王全盛期の、ベル○○でのラ○○○ーの後任の首○○○○ネ○ト募集にもかような広○以下略
とうわさされるが真相は

カラヤンの遺産コンプリートDVD-BOX

ソニーミュージックエンタテインメント


唐突に、なぜか あーDGデジタルでオケコンの再録音が聞きたかった。
なぜかマゼールがそこで録音。

バルトーク : 弦楽器、打楽器とチェレスタのための音楽 Sz.106

ボストン交響楽団 / ポリドール


にカップリングが近年の国内発売。
LP時代のカップリング二つの映像はいまだお蔵入り。
[PR]
by dr-enkaizan | 2009-02-07 11:03 | 雑文

あのオサマさんも応募?

承前何子
寝る前にココロが伝える。
これはあの庭は夏の日ざかりさんの
これ だと思い、エントリー。
字幕には売り文句として「外交的」で「砂地に慣れ」、「大規模なイベント」をコーディネートした経験てっお前はたけしのオールナイトの佐川君からの手紙とか村田先生コーナー葉書職人か・・・・!
[PR]
by dr-enkaizan | 2009-02-06 00:05 | 雑文

昔はデジレー・エミール・アンゲルブレックと読まれていた。

承前
さて海のネタでかつての掲示板のやり取りで思い出したのは、やはり耳学問が結構展開するターム多かった次第にて候。

 某英国の長老巨匠のドかトかという話にはしまり、ルかリの問題など本筋からもれる場合はそれとなし、殺気オーラのあるレスをして相手を恐縮させてしまい、本意の効果にながら申し訳ない思いしてしまったのは良い思いででもあり、あの頃は全国の独尊がネット上で初めて、各種整合の必然というプロセスにあったゆえの、黎明期ならではだったのだと、好意的にも考えるが・・・しかし、音楽をかたるものであり。承前の言葉を引用すると。
>日本語なんだから別にいいじゃん。方言だってあるんだし。

の如しと同じく思う次第にて候。
 猫でドビュッシースレッドで展開するさいは必ず避けて通れない、逸匠、現行発言での、デジレ・エミール・アンゲルブレシュトも、かつてはタイトルの表記で呼ばれており・・・これも、アンゲルブレックで発言すると遠まわしに、アンゲルブレシュトではとまるで、俄かのような耳学問へ展開して、各種書物でアンゲルブレックで承前だった当方は、あのころの俄かバブル経済が背景に涌いてでたマニア気取りな輩の振る舞いには、少し血管が走った思いでもあるが、しかしながら、日本人のフランス語のカタカナ表記の発展して、ドビュッシーですら昔は、だったわけであり(笑)今の表記を戻せとはいわないが・・せめて 大田黒氏やあらえびすの本とか全盛期の頃の発音は?はアンゲルブレックの表記だったりもすることは、ふまえて各位コレクトのコンタクトは取るほうが、なんか積み上げある箔のある趣味らしくなりはしないかとも、我大いに愚考致す所存にてござ候。

 正直、1980年代前のEMIのフランス音楽のエスプリ第二期にて、評伝でしか知りえなかったこの指揮者の音を始めて知り衝撃を受け、バークレーのペレアス涎し・・・EMIやエラートの管弦楽集やライヴに感激、CD時代にモンターニュステレオライヴに驚嘆して再受容組であるが、なぜかネット世代では?奇妙な耳学問はそれを支配するのか、それ以前の親戚や同興らのコミュニケーションでは、そちらのほうで通用していた次第であり、むしろネット黎明期に、早い者勝ちで発音のとどまらない、様々な慣例や評判を個人的技量で再構築してしまったのではとも、自らも含め反省する問題ではある次第、一概に音楽マスコミが偏向しているのではなく、双方で、つねにコンブアイランスは必要であることは肝に銘じておきたい次第にて候。

因みに1984年六月のレコ芸では巨匠達の時代という特集でジレー・エミール・アンゲルブレック表記で古川登志男氏が丸々1頁記事を書いている次第。まだドビュッシーのサンセバスチャンとフォーレのレクイエムしかディスコグラフィーの復刻が国内ではなされてなく、バークレーのペレアスの復刻希望が書かれている。

内容として簡素だが、父はフランス人で母はイギリス人で母の手ほどきの後、パリ音楽院に入って、(成績がよくなかったため放校)など両親の国籍なども触れており。あとはシュミッドのサロメの悲劇や1920-30年代のスエーデンバレー団(1921)オペラコミック(1924)や劇場そして、コンセール・バドルのコンサート兼任(1924)でのドビュッシーやラヴェルそしてフォーレの演目にか軽く触れ、コンセールバトルーでの1931年のカルメンの成功、1934年のフランス国立放送の成立、そのシャンゼリゼ劇場で1935年の辞任(後任はロザンタール)まで、演奏を週一回放送していた事も言及。さらにその後も客演で同団とは共演して、それらでも、1939での、ティボーを独奏者迎えた演目が評判でありヴィヴァルディーとバッハ(1月)ベートーヴェン(3月)メンデルゾーン(4月)を放送していて、記録があればと筆者がフランス以外演目*にも秀逸な指揮者だったことをもしのび渇望している(笑)。
 そのあと、その物腰と人柄に触れ、演奏については、晩年の円満な人柄の頃で、曲の真髄と魅力を引き出す洗練された指揮と評し、国立放送の指揮者たる所以と賞賛している。
 代表的レコードは当時未復刻ながらドビュッシー「海」(A AB8134(廃盤))そして復刻されたフォーレのレクイエムでの、カップリングのパバーヌが割愛されているのを残念と記述する次第にて候。
 そして締めくくりは当時一年前に音楽院教授を退官したもモラーヌがペレアスを歌いしドビュッシーの「ペレアスとメリザンド」の1963放送録音のバークレー(当時廃盤)を紹介している。

その後EMIがデュルクレトムソン盤ドビュッシーの録音集成をLP組で復刻、後にCDに・・・なかなか当時のレコ芸は凄かった・・・orz

a0007939_32363.jpg



関連

*アンゲルの放送録音は戦後では放送素材の音盤LPが放出されおりマニアの糧になっている、一部は承前の家主が紹介しているが、円海山もマーラーのなき子を偲ぶ歌と、ラヴェルのしシェヘラザ=ドとチガーヌを青◎でなにしたが・・・・すさまじい細緻な演奏に聞きほれた次第、フランスはもとよりマーラーは、この頃から歌曲でのマーラーはそれなりに認知されていたのか不明ながら、淡白ながらも、あまりに端的にマーラーのスコアを捕らえている、成る程ドビュッシー同時代の背景の響きを成しえることに、納得させられるものにて候。ミュンシュもRCAにボストンで録音しているが・・・これがあったゆえかとも妄想を書掻き立てるものにて候。
追記

a0007939_2313364.jpg
またあの妖精が
[PR]
by dr-enkaizan | 2009-02-05 02:16 | ドビュッシー蟻地獄@円海山編

ドクター・ペッパーのような・・・・・セル指揮クリヴランドの海

承前*
某ローゼスの全米無料配布大丈夫なのか、それゆえ必死なのかこのドクター。
*ネタもとの書き手の安易な今様引用に嫌悪とさっ気を覚えつつ、承前せよ
 某所でドーバーのスコア掲げて、「海」の聴き比べ?きっと、セルのドビュッシー海を聞こうとしている、明らかに、海の家に喧嘩を売ろうとしている(笑)明らかに、練習番号63番以下略・・・。

LA Mer (The Sea): Three Symphonic Sketches (Dover Miniature Scores)

Claude Debussy / Dover Pubns


 セルで聞くなら音友のせめて・・・・スコアでないと・・笑以下略

OGTー89 ドビュッシー 海 (OGT 89)

音楽之友社


 というわけで、久しぶりにセル指揮クリヴランドのCBS録音を聞く。
 海の家創設の頃に、招き猫で色々お祝いレス*と情報を下さったかたのおかげで、再発見できた名演奏であり、シャルルミュンシュやライナーと同じタイプの校訂修正方針**の特徴では録音バランスで理想的なのに、その地味な印象と、セルのドイツ物の印象が祟り、いまだ世間には軽視されている次第な、嘆かわしい状況ににて候。

ドビュッシー;交響詩「海」/ラヴェル;「ダフニスとクロエ」/亡き王女のためのパヴァーヌ@セル/クリーヴランドo.

セル(指揮)/クリーヴランド / ソニーミュージックエンタテインメント



 まあ、炭酸ある清涼飲料でステレオ初期の海の演奏を限ぎり比喩セルに、ミュンシュやライナーがコーラ・・・・、アンセルメはペリエと月並みな例えであるが、セルは当然海に関しては,
立場的にドクターペッパーのような気がしてならない今日、この頃各位想像の程。

 多少メタなので、少々演奏を・・・・・とりあえず仔細はここでは、多く語るつもりはないが、セルの演奏による、第二楽章「波の戯れ」の5:18以後でのハープの重音グリッサンドでの背景弦楽の重厚な辺りが、その他の演奏より、響きの層を重視した、当演奏の特徴を端的に現す次第。
  まあこの構築感覚がドイツ語圏で、音楽を深く研鑽したセルならではといってしまえるのだが。・・・・・・・またフランス表層愛好家に余計な先入観を与えかねないのこの辺で。

 *因みに、ドクターペッパーすきといえば、海の家創立時に猫で賛辞を頂き、早期にリンクしていただいた、斉諧生音盤志の斉諧生さんも確かお好きだったような・・・。

**現行譜面が出回っていない頃の当時のアメリカのオケ演奏*の多くは、二版目譜面に、矛盾の修正と初版の特徴を独自に加えている。63の三連音はあるが、セルは同じ、譜面にミュンシュやライナーのように独自の60-8小節のファンファーレは入れることはせずに、おそらく二番目の校訂譜面をなるべく忠実に演奏を行っていると想像される。なお同時期のパレーは現行譜面に近いものを演奏している次第。

、あと現行譜面の校訂の元になったと想像され、第一楽章のチェロの細分パートの一部をヴィオラに受け持たせる慣例を作ったトスカニーニや、それに追従していると思しき演奏家達は、例外的に現行の譜面様相で比較的早い時期に演奏している。多くは右上のリンクから海の家の本分へたどり着く事推奨。
 因みにドーバーのスコアは現行譜面の初期の版下改造の可能性が強く、現行決定は金に物を言わせれば、デュラン-コスタラ版が校訂報告多くの版や全国規模のオケの譜面の校正にあたり、網羅しており非常に順当であり、単にセルの演奏であれば、音友版のエディショナル・ペータが妥当であり、評論に譜面の相違誤認を防ぐことが出来る次第。なお全音はポケットスコアの初期に近い版下で練習番号62等諸々が初版や自筆譜面の特徴を示している。但し60-8のファンファーレはすでに削除されている段階

スコア ドビュッシー海 (Zen‐on score)

ドビュッシー / 全音楽譜出版社


[PR]
by dr-enkaizan | 2009-02-04 02:20 | 六国峠海の家「海が好き」情報