ブログトップ

六国峠@ドクター円海山の音楽診療室-無用な営みの、えも言われぬ、この上なき喜び

drenkaizan.exblog.jp

<   2008年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

発射台から飛び立つ何時間も前に待望の宇宙飛行の様子を誇らしげ

承前
旗の動きはCGか処理落ちか・・・・それと泡・・・。

追記10/4
[PR]
by dr-enkaizan | 2008-09-30 01:51 | 雑文

スカイ・クロラの原作者の森博嗣氏がiPhoneのトラブルでソフトバンクモバイルに激怒

承前
まあ軟銀行・・・・花屋さんが果物を売るようなというと、何か語弊があるが・・・ジャンルの違う店が売っているような事態に気づくべきにて候。
作者はそれを見極めてエントリはさすが。
 どうも林檎好きをブランド名でだまして金を搾り取ろうとするのがセレブ家電業界のトレンドになりそうな予感。
[PR]
by dr-enkaizan | 2008-09-28 15:44

あれから23年?・・・・。

 当時渋谷は物々しく、過激派中東がらみのビラを駅前で配布、かのホール機動隊にかこまれ、よく見れば・・・・私服も多随所に、巨匠のコンサートというより、政治的要人の来訪の様相をかもし出していた次第に絵て候。

 そしてコンサート会場に入ると舞台裏で、外の緊張と裏腹に暢気に低音金管が、第二楽章のあるトリルのある三拍子のパッセージ(*)を何度かさらっているのが聞こえてくる(この項書きかけ)
*Mahler: Symphony No.9
/ Deutsche Grammophon
 同時期の録音、桶は違うが、あの日のコンサートと同じぐらいと本人はインタービューでバラタインを煽り豪語する演奏。
これの13トラック前後のチューバのあれ
その後ホルンの音階上向きのパッセージのあと急ブレーキが掛かる、それらの密接な印象付けを重視した故か?

[PR]
by dr-enkaizan | 2008-09-08 23:51 | つかの間の再開

アナグラム801

承前の経緯にてアニメ化が京都アニメとTBSで企画されながら、
発表短期間で中止が記憶に新しい、ブログ発の漫画「となりの801ちゃん」にてそざそうらえるが・・・その要因がさまざま取り沙汰されるなか、公式がそれを自虐にネタにしており。そのタイトルが「となりの801ちゃんの消失」という次第。
 個人的に思うに、二期がクレジットされている、京都アニメの代表作にして、最近のアニメ需要のエポックをさまざま作った、」「涼宮ハルヒの憂鬱」がらみのアナグラムでは愚考致す次第にて候。
 ちょうど二期は原作の「涼宮ハルヒの消失」から始まり、これは巷でも取り沙汰されている、二期の民放V局移行のスケジュール調整企画が、二期の予定が早まったため、中止になったという説を作者が反映したのか、それとも何かしら通達された事情を隠喩しているのかさて・・・・。
涼宮ハルヒの消失 (角川スニーカー文庫)
谷川 流 / / 角川書店
ISBN : 4044292043
追記9/5ネットに斯様な噂もあるが・・・・・なにか単純すぎるようなブラフのような面持ち似て候。
真実はいずこ?(了)
[PR]
by dr-enkaizan | 2008-09-03 00:59 | 雑文