ブログトップ

六国峠@ドクター円海山の音楽診療室-無用な営みの、えも言われぬ、この上なき喜び

drenkaizan.exblog.jp

<   2008年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧

フローラン・シュミットのバレエ「小さな眠りの精(小さな妖精は目を閉じる) Petit elfe Ferme l'Oeil 」

おそらくおおよそ誰も食いつかない、フランス近代音楽の真髄ネタをここに始めてみる次第にて候。
 それはフローラン・シュミットのバレエ「小さな眠りの精(小さな妖精は目を閉じる) Petit elfe Ferme l'Oeil 」にて候。
a0007939_23522488.jpg

当曲で今
私たちは20世紀に生まれたのs_numabe氏の記事が熱くそれを語っており、
承前1長年譜面でしか知れない謎の曲の仔細が解りつつあり、コメントで円海山も大いに盛り上がりさせてもらい、さらに最初に言及しているバレエ「小さな眠りの精(小さな妖精は目を閉じる) Petit elfe Ferme l'Oeil 」をアンドレ・エレが絵本にしたもの(垂涎物)について、少々仔細を述べておられ
承前2

承前3
それに大いに刺激させられ思わす今回の譜面からの言及を連作で試みる次第にて候。

作曲家のシュミッドはWIK引用にて言うとフローラン(フロラン)・シュミット(Florent Schmitt, 1870年9月28日、ロレーヌ・ムルト=エ=モゼル県ブラモン(Blamont) - 1958年8月17日、ヌイイ=シュル=セーヌ)はフランスの作曲家。
という扱いであり1889年にパリ音楽院に入学、マスネやフォーレに学んでおり、同時期に学んていたラヴェルの兄弟子に当たり、ラヴェルとは深い親交関係を持ち、ラヴェルに指揮者のアンゲルブレシュトや音楽評論家M.D.カルヴォコレシ、ピアニストリカルド・ビニェスらと芸術サークルアパッシュを結成して、最新の音楽について様々な草の根活動をしたとさるる。
 それは時に激しく、最右翼のシュミッドは、ラヴェルのスペイン狂詩曲の初演時に、アンコールとしてマラゲーニャが演奏された直後に、好意的でない平土間のアカデミズム層をやじり「何度でも演奏してやれ平土間連中がわかるまで」と野次を飛ばした次第にて候。
 また師匠の一人ビュッセルの証言がその著書に記載されており、ローマ大賞受賞後の作品詩篇47の初演の、その音楽の爆裂ゆえにひるむ打楽器奏者を首にして、代わりの演奏者を探す混乱した様子などが記載されており興味深い。

 また日本で同じビュツセル門下だった池内 友次郎(1906年- 1991年)氏の回想とされる話に、当時国家留学生でそれなりの住居に住んでいたゆえに、そこの風呂目当て、放蕩か?貧乏学生で?自宅の風呂が入れない事情になったシュミットが訪れて、風呂を借りていったという、伝説が伝えられている次第にて候。
 そんな彼はその後、詩篇47から飛躍しサロメの悲劇そして戦後パリの音楽の重鎮へ駆け上るのだが・・・そんな円熟期に書かれたのがピアノ連弾曲「小さな眠りの精の一週間」1912作である次第。
曲はデンマークの世界的著明な童話作家アンデルセンの童話「眠りの精のオーレ」を題材にした、そのオーレの物語で少年のヤルマーに眠りのせいオーレが語る一週間の眠りに付くお話をモティーフにしている、その辺は上記承前を参照して欲しいが、ここに引用すると、

1. 二十日鼠の婚礼……原作では「木曜日」
2. 草臥れたコウノトリ…… 「水曜日」
3. 眠りの精の馬……「日曜日」
4. お人形ベルタの結婚……「金曜日」
5. 石板の文字のロンド……「月曜日」
6. 絵のなかへの散歩……「火曜日」
7. 中国の雨傘……「土曜日」

というものであり原作の曜日を変え最後の中国の笠は原作に手を加えた筋書きになっておりこれも承前先を参照して欲しい次第にて候。

その後1924年に前奏曲と幾分の間奏音楽(恐らく*)を付け加えバレエ音楽に改変され(『小さな眠りの精 Le Petit Elfe Ferme-l'Oeil』作品73、1923)となり新たな作品として生まれ変わり、そして翌24年パリのオペラ=コミック座で初演される。

このあたりを譜面は如実に示しており、前書きに、一覧があり
a0007939_0111997.jpg

その配役キャストが掲示されている次第
その拡大は以下のとおり
タイトル
a0007939_0124940.jpg


中の左
a0007939_013766.jpg

中の右
a0007939_0133270.jpg


そして下の演奏者・・
a0007939_0165224.jpg

なんとアルベール・ヴォルフであり・・・今となってはラヴェルの演奏もクリュイタンスあたりに淘汰され、デッカのシャンタパルティエあたりの管弦楽が廉価で発売され名を留めるほど認識が軽くなっているのがなんともな・・・?次第。

 そして曲はおそらくトレモロを交えた、同作曲家のアントニオとクレオパトラの前奏曲や夢想を彷彿させ、映像第二集や前奏曲集のドビュッシーを彷彿させる前奏曲ではじまる。
a0007939_0195083.jpg

 そしてアルカイックな三拍子の舞曲で二十日鼠の婚礼が始まる
a0007939_0225418.jpg

そして曲がおわると間奏が追加されており?
a0007939_0242597.jpg


次へ進みどう各曲曲想の違うような導入や回想がなされており、バレーとして情景音楽を添付している考えられるのだが、その辺が原曲の解説には不足しているか、原曲も接続音楽があるのが、原曲譜面を所有していない円海山には如何しがたいorz・・・
 さて中国の笠にて最初の部分すこしのところで
a0007939_0285186.jpg


歌詞のある譜面が出現し、これはバレーでは歌が付いたことを示唆するのでと思われる。
まあリクエストあれば続行するが、この辺で一端終わり。

 真の知られざるとは音に記録されていない譜面も含めるとまだまだあることをしるべしか?
この路は茨なりや。うーんorz・・・・・。
追伸コメントでは二台ピアノと言ってましたがピアノ独奏譜面でしたこと此処にお詫び申し上げます。
追記’前奏曲を嘗てのデーターを補完してmidiにする、
これ
前奏曲
しかし、この譜面事態バレー用の簡易編曲の譜面であり比較的未校訂と思しき故か、臨時記号の整合性が多少怪しいのと、久々の読譜が災いし1:20以後の半音階部分に舞曲や中華音楽風のフレーズが混ざるところがまだ検討の余地あり(*)、あえて恥を偲んで、この曲への注目を喚起したく、ここに現段階の状態を提示する。



最初はドビュッシーのビリティスの歌や六つのエピグラフに出てくる同音トレモロ音形に始まり、同じく前奏曲集の枯葉や花火を彷彿させるフレーズが現れ、この先の物語を示唆するようなライトモティーフが、シュミッド独自の半音階的までに、拡大された旋法的和声法のけだるい中に、舞曲やお囃子のような旋律が混じる、ある意味この箇所は、後輩ラヴェルのこれに先駆けること十数年の作品、マメールロワのバレー版の前奏曲と言う先駆例に類似しており、依頼主の要求従い踏襲したかが想定できる、しかし手法はシュミッドのラヴェルへの密やかな対抗心をうかがわせる。

 そして冒頭のフレーズが盛り上がり、次第に熱を帯びてゆくが、此処は作曲者の詩篇47を彷彿させる箇所などがありこれも興味深い、そして一瞬軽妙で神秘的な音楽に導入されるが突然ポリトナールの不協和音のトリルの咆哮で中断、そしてドビュツシーの牧神午後冒頭に出てきたホルンの動機と酷似したフレーズが朗々した雰囲気を形成しする、おそらく題材の「ヤルマールの夢」と牧神の夢想への導入を捩った意図が強いのではと考察される、自身の作品の類例として、混沌に浮き出るあたりは 夢想 、そして禁欲的ながらエキセントリックな雰囲気は アントニーとクレオパトラでの前奏曲 、そして倒錯した盛り上がりなどは ディオニソスの祭り あたりの関連を示唆したい、そして短調の和音により、次の二十日鼠の婚礼になるが、それはまたいずれ。

*明らかに臨時記号のシャープ・フラッドの解除関係が怪しいようであり、
フレーズの前後の関係から推測すると和声的不整合になり、さらに色々怪しい、件の箇所も果たして中国の笠あたりを意識した中華風なのか?、単なる誤読の結果なのか?どちらか判別しかねる、恐らく管弦楽の譜面もしくはパーティセルに近い段階作者自身もしくはそれに近い立場の正規版としては初版譜面であり、なにか管弦楽スコアあたりは承前での前提が?当譜面の演奏には付きまとうのではと思われます。(教えてエロい人(笑))

尚一部譜面の解像度がソフトで対応できない箇所が生じ、適当にピアノビューででっち上げたグリッサンドや、メロディーラインが単音では弱い箇所は、オクターヴ補強ししたり、トリルの和声箇所は、むしろ管弦楽法でのやり方を踏襲して想定で変更しております

[PR]
by dr-enkaizan | 2008-04-30 23:50 | クラシック

ジュ(エ)フスキー:不屈の民変奏曲の新録音


a0007939_11244631.gif

8.559360 ジュフスキー:不屈の民(ドゥルーリー)
Ralph van Raat (ピアノ)
録音:21-22 April 2007. Bachzaal, Amsterdam, Netherlands
RZEWSKI: The People United Will Never Be Defeated
URL: http://ml.naxos.jp/?a=8.559360


 芸術におけるアンガージュマン的姿勢は・・・・その異能や技能を極限に持って表すにいたってその真実味が増し、それの意味合いと符合しない受容においても深い芸術的造形の局面を占めすことが多いのではと・・・・そんなことを強く感じさせる見本が、このジェフスキーであったり、多少アレだが?ジョンレノンの奇行パフォーマンスや歌であったりすると思う今日この頃にて候。
 表現者たるもの?昨今の例宜しく、ただの意思表示声明文になを連ねることで満足をしてしまっては如何なれど・・・それも様々な対立構造を渡って巡り渡る利権や使役序列が、単純ではない今を生きる時代の難しさゆえと所見され、それは仕方なしの思いあり、せめてもの善意なのか自己免罪なのかという感慨はどちらか明言しかねる次第にて候。

 少なくともかの国に危機感を感じさせ、表向きなれど対話へ導かせたのはたのは、明確にことを知らしむる思いある動きを成しえた人であり、それは単なる暴徒でもなく、まして権威者の名を連ねた文章ではないことは確かでありうる。

 さてそんな自由を謳歌するもう一つのカの国もその権利闘争の暗黒歴史があり、彼はそれらに起因した労働歌を素材に、古典から近代そして現代(ミニマル~即興)の音楽技法の尽くして音楽作品を作り上げる一連作品群を作り著明になる。

その作品の代表格不屈の民変奏曲は
政治闘争歌 "El pueblo unido jamas sera vencido" による36の変奏曲という実体をもつ一時間に及ぶ長大な曲ながら、主題がさせる懐かしさと親しみと・決して安易な民衆主義傾かない、ハードな技巧までのレンジを具有する内容を誇る。
日本での影響は、当曲を高橋悠治がレパートリにして、その会参加のあり方は、高橋悠治の率いる水牛楽団の端緒にもなる次第であり、さらに武満徹氏も作曲家と対談さらに、氏の企画したミュージックトディーにては、氏の音楽を数多く演奏するオーッペンス女史を招き、ノースアメリカン・バラードの本邦初演なども敢行されている。
 当アルバムには、そのノースアメリカンバラードの最終章の
第4曲「Winnsboro cotton mill blues(ウィンスボロ綿工場のブルース)」が収録されている、本来ならこれも全曲録音されるべきものであり、初演者のジェコブズと作曲者の録音以来なされていないのは遺憾な次第にて候。
(これではオッペンスの初演のFMエアチェックテープはまだ手放せない)
この曲は低音クラスター*に始まり、それの合間からけだるいブルースが現れ、陽気な音楽の成りになるが再びクラスタの雑音に引き戻されるという内容であり、なにか・・・wikiで確認できる歌詞の怒りと符合する、因みに二台にピアノ版がこれには存在しており、日本で演奏され、これもFMで放送されているが、その折には、来日した作曲家自身がオリジナルの歌を歌いその後に、演奏された次第である。

なお語弊ないがあくまでもプロレタリアだがこの作曲家は反体制ではなく、それにありがち興酔てき身振口ぶりは一切無い。この辺は武満氏の対談をご覧推奨、あくまでも目線は民衆と同じというところがあり・・・ノンセクトラジカルにも好感がもてる次第。
*紡績工場著と知る円海山思うに糸巻き機器のラインを示唆するかのような音響になっている。因みにこの譜面は所有しているが、このクラスター部分のお茶付けのノリを五線譜に落としたような状態を人に見せるとたいがい引く(笑)
追記:同刑務所服役囚からの手紙に曲付けした カミング・トゥゲザー Coming Togetherや ミニマル時代の初期代表作もナクソスで聞けるので推奨

a0007939_1152927.gif

CDR90000-084 ジェフスキー:「フレッド」 - ポケット・シンフォニー/パニュルジュの羊/カミング・トゥゲザー(エイス・ブラックバード)
RZEWSKI: Fred - Music of Frederic Rzewski
URL: http://ml.naxos.jp/?a=CDR90000-084

、「パニュルジュの羊」付和雷同者達を意味する作品でであり、一つのテーマをずらす軌範の即興性のある階層属性での導入コンセプトが、芸大時代の久石譲のミニマルコンセプトなどの発端になったのでは思わせる。
ないNMLではジェフスキーがジュフスキーとなっており発音のこだわりか?毎度の中華クオリティー発動なのか子一時間問いただしたい。

さらに追記、ようつべに当該音盤の演奏者演奏映像がある、是非視聴推奨。
http://jp.youtube.com/watch?v=FJbROXEiwjY&feature=related

[PR]
by dr-enkaizan | 2008-04-29 11:26

一つでミュージックコンクレートスタジオに?電子楽器「ELECTRIBE」

 承前1 現在ヴァーチャルヴォーカロイドがはやっているDTMであるが、それを一部の向きがミュージックコンクレートという用語の誤用で語ろうとしている向きが多々あるが、一部は当てはまるゆえに、前面に否定は出来ないが、厳密には、現実音を解析した再構築音声と現実音の一属性を変容させて使用された音声の違いがあり、この件では実用に電子音楽系機材を使用したもの以外、コンクレートとヴェーチャル音声のくびきは多少難しいのかもと所見さるる次第にて候。
 もしミュージックコンクレートの末裔を今に探すならこの辺の系列になるとここで小声で囁いておきたい。
承前2
 無論一要素は継続されるも、静寂の要素諸々削り取られたのは芸能の経由での使用され方所以でありなん、そもそもコンクレート及び電子音楽の機器の発展に反比例したジャンルの衰退は、実験要素の役目を終えたことが大きく、その後、多くは余りに現実楽器の代行で使用され、メーカとして器楽の使用法の権利ゆえ広く広まらないのもその要素でありなん。


 そんななか、動画共有サイトなるものがそれらの成果を広く知らしめており、我々は電子楽器の普及しずらき事態に多少明るい異変が起きていることを認識スル次第にて候。

さてこれを使用して他のジャンルの人間は何を作るのか?期待もしてみたし。
承前3(コルグ)
承前4(当該機器)
[PR]
by dr-enkaizan | 2008-04-28 10:30 | 気になる・・・・・

スピルバーグ、「攻殻機動隊」を3D実写映画化?

承前
うーんやはりバトーjはセーガルの方向で(笑)あっ ・・・・そえでは・・・・沈黙の電脳に・・orz
[PR]
by dr-enkaizan | 2008-04-15 23:49 | 雑文

CRI(北京放送)に日本深夜アニオタがいると思う香具師の数

円海山のカーステのラジオの一つのチャンネルには、1044という夕刻から始まる北京放送の日本語放送の周波数が割り当てられている次第。
 昨今は、近年時間をかけて和らいだ雰囲気が、チベットの件でヒステリックにプロパガンダ色がつよくなり、昔の論調になりつつあり、それはそれなりに聞き物になりつつある次第にて候。
 そんななか友好企画の「中国で夢を追いかける日本人」というインターネット対話の企画の宣伝が流されるが、そのCMのBGMの音楽が何処かできいたような故、色々確認するや、なんと、昨今放映を終了した、円海山でも取り上げた横浜が舞台のエロゲ原作のアニメの、「きみある」の主題歌のカラオケを使用しているではないかと・・大いに驚愕此処に報告セリ。

 かの遊園地の日本アニメのディズニーのバチ、そしてオリンピックでの涼宮ハルピンなど無断使用大国の威信をかけた見事な最新の借用に、我ただただ口角を空虚に広げる次第でありなん。

スタッフに割れ厨かニコ厨がいるのか、自棄に早しアニメ事情通ぶりはなんとやら?
期間限定ですのでお早めに。
[PR]
by dr-enkaizan | 2008-04-14 00:30 | 雑文

緊急家族会議になった。って・・・おい

承前オヤジがジャニオタだったので、緊急家族会議になった。
春の夜に軽く吹くww
■オヤジがジャニオタだったので、緊急家族会議になった。 完結
[PR]
by dr-enkaizan | 2008-04-08 00:06 | 雑文

カラヤン生誕100年

承前:帝王百年
生誕百年記念演奏会

ヘル・ヘルベルト!

世評どおり反発も共感もし、そ晩年の活動はFMでリアルタイムに体感。
とりあえずベートヴェンの序曲集にて生誕100年を祝う次第。
Overtures
/ Universal Internation

 情報未開発の時代の折に、巨匠主義と放送と記録媒体にて世界の隅々に、研磨された流麗さをもってクラ音楽を届けた彼の功績にどれだけ我々は報いたのか、これをもって考えてみたい所存。

 なおスイス放送曲にルツェルンのライブがデジタルで録音されており、その音源がいつか音盤にならんのかと期待もしている。

 主にオネゲルの交響曲第三番やプロコフィエフの第五交響曲などは、壮絶ながらDGのデジタル正規録音から漏れたレパートリーでありなん。

またバルトークのピアノ協奏曲第三番もザルツブルクでのゲンダのライヴから以来の?演奏である手兵ベルリンとルネ・デュシャーブルのライヴもあり、それら放送音源に商品化絶対なにかなされるべきであるが・・・なされず、業界の弱体を意味するのか否や?
[PR]
by dr-enkaizan | 2008-04-05 23:44 | クラシック

NMLで聞けるドビュッシーの「燃える炭火に照らされし夕べ」の世界二回目の録音

さて4月早々ドビュッシーからNMLでの話題を。
ドビュッシー愛好家の間では最新の話題の一つとしては2001年に発見されたピアノ曲
Les soirs illuminés par l'ardeur du charbon「燃える炭火に照らされし夕べ」であり、すでに専門家においてレコーディングがなされているが、今一入手困難なものであるのは変わりない事態にて候。

このたびNMLのブリッジレーベルにてのベネット・レィマーBennett Lerner のドビュッシーピアノ曲集にて収録が確認された次第にて、ゆえに此処に報告せるものにて候。
a0007939_22415925.gif

BCD9219 DEBUSSY: Piano Music (Complete), Vol. 3
リンク

 当曲は晩年の第一次大戦物資不足の折に、ドビュツシー家に石炭の補給を特例的手配をした石炭商への感謝が契機になった曲だが、実現の契機は石炭商のドビュッシーへの懇願としての「自筆の譜面の所望」ゆえであり、自身は余り乗り気で書いておらず、心なしか、某サイトの紹介言及にもある、前奏曲第一集の四番目の「音と香は夕暮れの大気に漂う」の素材が使用されており、多少労力が軽減されている、冒頭の音形が低音で移行され、一瞬同じ和声展開になり、前奏曲第二集の「カノープ」にでてくるジプシー風もしくはMTL風音階のフレーズが導入され展開、その後四拍子刻みに三連音の朗々とした主題が演奏されクライマックス形成して、その後消沈しながらも暖かい思いをこめて終止和音が低音と高音の隔絶した作曲家らしい配置で終わる。
 ただヴァイオリンソナタ等と比べると、かなり前奏曲集の頃のドビュツシーの要素が強く、色々検証が要する可能性もあるが、創作力の減退の時期、過去の作品のスケッチから、短時間にてでっち上げた想像もできる次第にて候。

 実にドビュツシーの前奏曲集は映像第三集のスケッチに書かれた要素が多く、これ真作ということ前提に意義考えると、そうした混沌としてなされた、斯様な創作現場と思考の一端を垣間見れる貴重な資料とも言える次第。
[PR]
by dr-enkaizan | 2008-04-02 23:04