ブログトップ

六国峠@ドクター円海山の音楽診療室-無用な営みの、えも言われぬ、この上なき喜び

drenkaizan.exblog.jp

<   2008年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ロドリーゴの標榜しつつげた音楽は何なのか?

 アランフェス協奏曲で知られるホアキン・ロドリーゴはそのイメージが付きまとい、デュカスやモーリスマニュエル門下でのフランス近代書法の多彩な技法を熟知している作曲手腕の持ち主に関わらず、件の協奏曲の評判が引きずり、スペインの内乱期のナショナリズムのころの作品が一人歩きしており、ギターの復興および一部の作品での民俗イデオムの書法から作風に、アウトサイダー・アートの如し天然で表われているかのような、評価言説がまかり通る嘆かわしい現状である。

 しかし、実際ためしにナクソスの管弦楽集成を一巻から追って聴くと、年代順に近い配列で聞け、不幸なことに、アランフェス協奏曲が奇跡だったかのように・・その近接の作品があまりに、一つ考えないで聴くと、シンプルな新古典的で発想展開に乏しい音楽一見評価しかできないものが羅列され少々つらいのは事実である。

 実はこの集成は後ろの番号から聞くのと前の番号から聞くのとでは作曲家の感慨が180違ってくるという奇妙さを具有しする次第にて候。

最近ではこの袋小路に鎌倉スイス先生も嵌っておられるようなので、ここに上記提言と気になることとあるヒントを書いて見たい次第にて候。

 まずこれらの症例を一考して欲しいのは・・・ロドリーゴのアランフェスの頃の時代背景であり、スペイン内乱期に書かれた国家を国中の人々が考えていた時期に、その気運のなかに作曲家は幸か不幸か居合わせたことであり、同時期のナチスのまかり通る独逸でのナショナリズムでのカールオルフの単純主義や、ソビエトでの粛清下でのショスタコービッチやプロコフィエフそしてモソロフの平明な書法への転進と会い通じるものがあることである。

 これはその危うい社会的気風を転機にしたイタリアのレスピーギにも、復古主義的題材にイタリア古楽の復興を目論んだ新古典編曲作品がその現れであり、ことさら鎌倉スイス先生もロドリーゴの上記作品群への鋭い近似を指定している次第である。

しかしながら、当作曲家が音楽書法的に後退して、単に民俗書法を表出する作品*を輩出することを生涯にわたり、標榜し続けたといえは、敢えて「否」といえるだけの作品も、第二次大戦後の70年代の作品に存在する。
(*) また此処で形容に出てくるグリーグも、その表向きとは違う書法的先鋭より民俗イディオムを優先したかということも大いに疑問を投げかけたいが話がそれるのでいずれ。あえて叙情小品集いくつかの音階と音程への大胆な試みを示唆するに留まりたい。


 その書法的先鋭標榜するかのような(*注)・・・代表格は、初期の交響詩「青い百合のために」の民俗素材をコラージュして、管弦楽の即物的表現の混在するカオスへの試みであったり・・・・上記年代のフルート協奏曲の「田園協奏曲」での第一楽章の累積四度の音程を楽想の骨子にして、各種旋律を結ぶという機知に富んだ発想は?もはやアランフェスでの素朴な民俗素材は表出しての演じられていたのか?疑わしくなるほどの作曲書法の職人芸を感じるものに候。

(*注)追記’両作品の時期を言及した記述がごっそり抜けていたため、追加


a0007939_143894.gif
8.555962 ロドリーゴ:管弦楽作品全集 6 「交響詩青いゆりのために」/他

a0007939_1411511.gif


BIS-SACD-1559 ロドリーゴ:田園協奏曲/イベール:フルート協奏曲(ベザリー/サンパウロ響/ネシュリング)
この書法的発想は無論アランフェス以後の成長とも、情勢の変化の反映とも・・・いえるが、それらを踏まえて、大胆さや霊感力の事欠いた作品もある意味合から、むしろ仕事の質を加減できる手腕は持ち合わせていることの証とも、円海山的には所見さるる物にて茣蓙候。
[PR]
by dr-enkaizan | 2008-01-08 01:43 | クラシック

バラキレフ:ピアノソナタ ピアノ表現の歴史を一気に無謀に駆け抜ける書法カオス

 さてバラキレフと聴くと、皆様のうち、ピアノでの技巧難曲の「イスラメイ」以降記憶がたどれる方々がいたとしても、交響曲や交響詩であり、それをなぞるかのように音楽ベンダーも、イスラメイ以外のレパートリーは希薄に辛うじて大半の各分野のレパートリーが点在する次第。
 しかしながら、恐らくロシア五人組のなかでも、とりわけ音楽書法を自在扱える教養をうかがわせ、リスト ショパン シューマンを理想とするピアノ技巧性とロシアおよび中央アジアの民族性そして、西欧文化圏のロマン主義にまで広い視野のある音楽は今後注目される作曲家であるのは、昨今の彼のピアノ作品全集の譜面などの話題からも、今後我々が知りえる音楽宝庫として留意すべき事項の一つであると所見さるる次第にて候。

さてそんなバラキレフの知る人には著明な稀少なものに、あるピアノソナタはその宝庫への導入として相応しい、珍妙な内容ゆえ我拝聴推奨セリ次第。
ピアノ・ソナタ変ロ短調 (1900-5)

嘗て80年代レコゲイの特集にも紹介がなされており、かなり昔からの珍妙な秘曲だが、昨今のトレンドから忘れ去られている観もある。

第一楽章はダイアトニックな短音階の装飾が、ドビュッシーの「ピアノの為」の前奏曲や、ストラビンスキーの春の祭典の冒頭などの主題の原初の血脈を感じるロシア的主題が、バッハのフーガのような遁走的多声展開がなされ、それ古典派のような伴奏上になって、それがショパンのピアノ曲の響きに変容し、最後はまた折り目正しい終止がなされる。
第二楽章のマズルカはリズムの扱いはドビュッシーのそれに近いが、ロシア調の節回しがかなりの風情。
そして第三楽章は間奏曲であり、歌というよりショパンの楽曲にあるアルペジオや途切れる歌による音詩であり、次第にスクリュアビンを思わせるかのような官能的盛り上がりもするが、静まり途切れるような終わりかたをする次第。
そしてフィナーレはチャイコフスキー的なアカデミズムなエリクチュールでロシア的叙情を表現し、技法的要素で開放している音楽展開している、短調のロシア的情緒あるロンド主題に前の楽章の回想もなされ、構成を引き締めても進み、最後は、ハーフディニッシュコード含む機能進行で、多少静まり心地よい憂鬱で曲は終止する。
現状どれだけ音盤があるのか不明ながら、NMLでモノラルながら、ケントナーの演奏で再会できるのが嬉しい次第。

a0007939_17421.gif

8.111223 バラキレフ:ピアノソナタ/リスト: 巡礼の年 第2年より/他(ケントナー)

なおショパンについてバラキレフの考は、ピアノ曲を簡素整理したような、敢えて編曲と呼ばず組曲「ショパン」としている作品のスケルツオなどで伺え知れるが各位に委ねる。


a0007939_1172239.gif
8.220324 バラキレフ:ショパンの作品による組曲/序曲集
BALAKIREV: Chopin Suite / Overtures
[PR]
by dr-enkaizan | 2008-01-07 01:09

新たなるクラアニメか?「七浜フィルハーモニー交響楽団」の常任指揮者アニメ

の●●はもう古いのか・・・・
承前
早速第一話で黒髪ロングがボロディンの「韃靼人の踊」管弦楽版を・・むろん原作は18禁ですが・・・・

a0007939_4532491.jpg
『君が主で執事が俺で』(きみがあるじでしつじがおれで)は、みなとそふとより2007年5月25日に発売された18禁恋愛アドベンチャーゲーム。
信頼度30%のヴィギより。
 
 因みに・・・・・その指揮者の二人いる妹片方は・・・・うちの康代さんシリーズの康代さんの舎弟後輩三人娘の一人(*)と炉という点を除くとキャラデザが被るのがいて、中の人が「線香持参の部下」もしくは、「SOS団の天然エロ担当の未来人」・・・あるいは、「収穫物私物化の幼馴染」だったりもして、その新境地 (但し正規名義上で) が・・・含めて激しくツボで、彼女役どころが製作したナビゲートAIをもつロボットの声は旧ジャイアンもしくはワルサーの中の人というベテランが起用されている。

片方の妹のアマチュア無線の趣味・・・・でっアキバの裏路地系w激しく地雷アニメの予感。
TVKは今期このあとのサイコ欝な死後文とのギャップがいかんしがたい。

 ちなみに韃靼人は中盤のワルツあたりで、普通合唱がないとショボイのだが、ここでは非常に充実していて使用音源が気になる・・・・だれかレコ芸の相談室へ問い合わせヨロシ。(海軍仕様呼称)

ちなみに砲台のあいざーまんさんはこれをとりあげるか?否か・・・。

私信あいざーまんさん観てたらなんかコメントください。
追記’もともと設定は横浜市で、本編上では七浜市であるが、舞台の屋敷が円海山元町山手散策コースのベーリックホールというコアさで軽く吹く、聖地訪問ネタが・・・・そして第二回の次回予告で中の人関智一氏繋がりのGガンにつづく ●だめの‘千秋ネタ・・jが前回は、軽く元ネタの ハヤテ ネタで今回はこれパロディー主体予告なのか?切るに切れない予感w。

(*)
[PR]
by dr-enkaizan | 2008-01-06 05:03 | クラシック

何を新年初聴きとしてみるか?

 さてプレートルの明確に違いがわかるニューイヤーに刺激をうけ、ここは一つフランス近代からロマン派の間のものが、無性に聞きたくなる次第で、さっそく思考をめぐらしてみる。

 なにかピアノと管弦楽ものをしかも、フォーレのバラードの路線で品位を保ちつつ、力強い表現をしめす、というような事で想起して、マスネーとその弟子のピエルネのピアノ協奏曲のアルバムがVOXにありそれが、NMLにも存在しており、それを新春の早起きにがてら聴き二度寝を敢行。
a0007939_5121458.gif

CDX-5110 FRENCH PIANO CONCERTOS

 前者は第一楽章から九度の抜けるような爽やかな分散和音からとオケの対話、そして主部のスルルツアンドまで品位と豊穣の音色がちりばめられ、ラルゴの安息のコラールはまさに、その装飾段階にてフランスの高音重視のバスの軽妙さの美徳を一心に受け止めることが出来、一般的にフォーレの括りで語られる品位について、タイスで通俗にされているマスネーのそれ以外の作品まで拡げられることはなく、一般の聞き手は語らないあたりに、いかにフランス音楽をエスプリや人名で先入観や雰囲気で理解してきたことが解る次第にて候。
フィナーレは多少エキゾティクでありマスネーの異国趣味であり、弟子のドビュッシーのローマ大賞受賞作の「道楽息子」の参考になったのではというフォルムを多数含んでいる。
 そしてピエルネのそれも、丁度、友人にて同じ門下の同期ドビュッシー幻想曲と比べると幾分古めかしいビルトオーゾな楽曲の様相で、まるでサンサーンスや師匠の影響下にあるも、その力強さ才気そして時折でてくる旋法性あるメロディーラインはピエルネの個性の萌芽を垣間見る次第だが、後の作品の片鱗というより、非常に優等生的な出来栄えであり、その傷のないところが多少興奮を削がれるが・・・・今後多くのコンサートレパートリーなる聴き栄えは約束できる`次第にて候。


演奏はオケが多少荒いが、非常に健闘が伺われ未知よりの楽曲を斯様に聞かせること自体有り難い次第、

なお二枚目の内容も言及したいが本日はこれまで、さて・・・如何に。
[PR]
by dr-enkaizan | 2008-01-02 05:17 | クラシック

謹賀新年あいさつ但し騒ぎは自重(笑)

さて多忙にての反休止状態の当ブログながらチェック入れている奇特な皆様、今年も家主の余命のたわごとにお付き合いください。
[PR]
by dr-enkaizan | 2008-01-01 15:11 | 雑文