ブログトップ

六国峠@ドクター円海山の音楽診療室-無用な営みの、えも言われぬ、この上なき喜び

drenkaizan.exblog.jp

<   2006年 04月 ( 15 )   > この月の画像一覧

オネゲル 交響的運動第一番「パシフィック 231」 [TB強制連結2両目〔動力輪〕]

さて最初の第一部 
(表示ダイヤはセクション通過終了時刻=次セクション開始)
                                      
序奏 前半 Modere 1〜11         
F00:25.0M00:28.0
序奏部は、前半と後半に分かれる。前半は弦のハーモニクスによる出発前の機関車の様子が、コンバスのトリルの上に描かれる


であり音盤として興味の軸は、その半音ぶつかったハーモニクスの背景と構造上の運動の開始を示す低音に回答する、弦楽のハーモニクスの応答フレーズであり、ここでの機関での起動開始にパージされ「噴射する蒸気」か「汽笛」を示唆して、その動力の根源の源である内圧された蒸気の存在を示すあたりでの意図がありそうな、管弦楽の異様な状態の音響効果にある次第。

 古来気化した水であるは「湯気や霧」といった漂うものであり、ジャンケレビッチ風に言えば、「何処ともなく現れてはかなく何処へ消え行く」ものであり、音楽にもドビュッシーの霧や、映像第二集、第二曲でのアルペジオに与えられた具象指示などにも、それを反映している次第、そしてメリザンドを見つけた森にも漂うのは霧であり、そうした前世紀にははかなく漂うものが、内圧による変性を経て、蒸気機関の発明にて膨大な力の源と変容を遂げる。

 それを反映してオネゲルの231での蒸気は噴射する様で絵が描かれる、そしてそれ以前の低音トリルの上での短三度上で半音でぶつかる(*)二つのブラジオレッドの白球〔(菱形)ゆれは(*)予感に満ちて、曖昧模糊に見えない向こうに何かが起動しているか、もしくは力が内在している新たなる蒸気の宣言と、この交響的運動の機構の動力源が「何であるか」を示唆するメタを秘めるに他ならない次第にて候。

(*)先駆例にR・シュトラウスのサロメでの、特徴的に随所に現れる半音トリルにぶつけられた単音などがあり、以外にもそれが音響的念頭にあった可能性は強いが、231と様相はかなり異なる。
 オネゲルは、このような、音楽上からは聴きなれない、禁じ手に相当する、本来は自然上の倍音からはありえない状況の密集した「不整合な周波数関係で幾つかの音波がぶつかり、その差と和の関係の周波数で「不整合な複数の倍音」が生じたり、その差音で音が軽い振幅変調する現象を逆手にとり、その内在を描写しており、それはその後の我々知るところの日常雑音でのモーターや回転する機関音などと同類の音であり、これを最初に聞かされると余りに音楽的ではない。

 しかし此処で聴くのをやめるのは早計であり、オネゲルがその音を「音楽的要素」で「蒸気の内在力」の表現として表現した結果の偶然が、先の動力雑音符合することの予見性でもあることと感じると、この曲が単なる「描写」に留まらない予言とメタに満ちた楽曲であるのは、真実にて候。

 この音響現象は、先のリファレンスでのフルネもマルティノンも過不足なく表現されており、申し分ない次第だが・・・あえて此処での表現筆頭は?・・・実は後述する理由で辛い評価をせざる得ない「シャルル・デュトワのバイエルン放送交響楽団」の演奏が興味深い状況である。
とう演奏ではそのスコアに記載された半音ぶつかるアルト音域ハーモニクスのフラッターなゆれが綺麗に聞こえ、トリルも明確でありオケの手腕と指揮者拘りがプラスの方向へ向いて、さらにエラートレーベルのライトな録音がプラスに働いている次第、そして次に斯様な周波数の魔術ともいえるこの箇所に適材していると思われる数学者アンセルメ指揮スイスロマンドも完璧なスコアの音響現象を示し、デッカサウンドに克明に記録を残している次第。

因みにデッカサウンドは第二次大戦でのイギリス海軍の敵ドイツ海軍Uボートの聴音判別のためのテクノロジーがスピンオフされた次第であり、恐らく器楽としての「機構雑音を意識」したであろう(*)アンセルメの拘りを十全に捕らえる事が出来たのは当たり前にて候。
(*)アンセルメの幻想交響曲のリハーサルなどでの第五楽章での鐘についての見解や、火の鳥のリハでのハーモニクスあたり見解が、器楽の特性に違いを如実に容認することでの、音楽と環境音や効果音との区分けを表現の幅として使う意図などが語られ、アンセルメの音響への意識が汲み取れる

そして前述高音ブラジオレッドの蒸気の合いの手を伴い

コンバスとホルンによるGis音が五拍の休符を伴い4回打たれると音楽はクレッシェンドをはじめる。


ここでのクレッシェンドは先の弦楽の音の組織が加算され金管のびり付くフラッターを加えて音量が増大してゆく。
コメント鎌倉スイス様の言葉を借用すると
フラッターのさざ波が大波になって押し寄せる

と言う様相であり、前述の不整合な機能和声的にも旋律的な進行にも適しない、音響現象(*1)ゆえに、和声的推進することは陳腐に帰結すること以外の何者でのないゆえに、オネゲル選びしこの音響に残された推進方法は二つ(*2)であり加算と増大にて候。
(*1)クセナキス当りにブーレーズらの世代でその明確な定義を定めたオブジェクトソノールの先駆例の一つとも?
(*2)スイス鎌倉氏のトピックににもある、次セクションでのリトミックにその音響にてリズムを形成して時間軸を埋めるか、当セクションのに属性と要素を加算して時間軸を埋めるかの意であり、ブレーズの徒弟覚え書きなどにも、12音セリー演算を和声に応用して得られる機能的に組しない和声の応用方法と類似の論法ともいえる次第

 そしてその後半機構の運動の加速伝達を示唆する、半音階的上昇をする低音のフレーズをテューバで付け加え次のセクションへ橋渡しをする次第

さてこの低音のテューバは上昇するごとに音価が減少して、文字度りの緩やかな加速の運動であり、蒸気が運動へ明確に変換されたことを告げる大切なる瞬間にて候


さて円海山的には、当該箇所の好ましい音盤はリファレンスは当たり前ながらも実に・・・?
後にモノラルの条件を超えて最強と賛辞せざる得ない、今回のリファレンスからは購入面で難有る可能性ある故に漏れた、ツィビーヌの名演奏が、フランスらしい吹かせにて非常に軽やかに鳴らしているのが印象的である次第。

そしてバーンスタインの録音あたりの軽く物々しいあたりも期待感十分にて候

序奏 後半 Rythmique 12〜26         
F00:52.0M00:55.0
に続く

次の停車駅
[PR]
by dr-enkaizan | 2006-04-20 00:47 | 解説のない音盤紹介

オネゲル 交響的運動第一番「パシフィック 231」 [TB強制連結1両目]

さて懸命なる皆様はご存知にして周知の如し。
あの鎌倉スイス日記様がトピックなさっている
オネゲルの交響的運動「機関車パシフィック231」考 -01-02-03-04
の興味深い分析

余りにディープなその骨格分析・・・・これは専門の教材に止めてるのは余りに惜しい次第にて候。

 故にこの分析を元に、分析回数に合わせてトピックし、幾つかの音盤を語ることを此処に試みる次第。

さてエントリーとしては特徴的な性格として選考なる音盤。
オネゲル:パシフィック231/交響曲第3番
オランダ放送交響楽団 オランダ放送管弦楽団 オネゲル フルネ(ジャン) / コロムビアミュージックエンタテインメント
スコア選択: ★★★★
以後Fと呼称


オネゲル:シェークスピアの劇「テンペスト」のための前奏曲/交響詩「夏の牧歌」他■プラッソン/トゥールーズ市立o.
オネゲル ミッシェル・プラッソン トゥールーズ市立o / ユニバーサルミュージック
ISBN : B00005MWXK
以後Pと呼称


フランス名曲集
スイス・ロマンド管弦楽団 ラヴェル アンセルメ(エルネスト) オネゲル デュカス シャブリエ ドビュッシー / ユニバーサルクラシック
ISBN : B00005FLY1
以後Aと呼称


パシフィック2.3.1(オネゲル:管弦楽曲集)
ピュイグ=ロジェ(アンリエット) フランス国立放送局管弦楽団 オネゲル マルティノン(ジャン) フランス国立放送局合唱団 モラーヌ クーロー(マルセル) / 東芝EMI
ISBN : B00005GJLY

以後Mと呼称



オネゲル:交響曲全集
デュトワ(シャルル) オネゲル バイエルン放送交響楽団 / ワーナーミュージック・ジャパン
ISBN : B00005LK3T
以後Dと呼称




20th Century French Masterpieces
Claude Debussy Paul [composer] Dukas Arthur Honegger Darius Milhaud Maurice Ravel Leonard Bernstein / Sony
ISBN : B00000C29E
バーンスタイン NYP
以後Bと呼称



番外ながら興味深い分析的編曲になる
宇宙幻想(紙)
冨田勲 R.シュトラウス ワーグナー オネゲル アイヴズ ジョン・ウィリアムズ ロドリーゴ グリーグ / BMG JAPAN
ISBN : B0002RN9OU
以後T編と呼称

を中心にときおり他音盤も交えて追記し進める次第にて候。

 さて全体の理解を促進する分析セクションごとのタイムシートは今回聞き比べにて廉価で充実していたフルネ及びマルティノンのものを使用する予定。
 なお逐次計測で出来第他の演奏も追加する予定ながらも、当音盤をもって鑑賞に臨めば当該箇所を耳を持って体感できる次第にて候。

それでは皆様・・・割目して待たれよ。

尚・・・・曲目自体は、てつわんこ氏の博学的興味の偉大なる切り抜き帳面なる
神戸阪神地域芸術文化情報アルチュール・オネゲル(6):パシフィック231 交響的運動第1番
ご参考に。
強制連結TBa0007939_4344638.gif
追記:忘れてはならなにのがさらに
 率直な感慨を意外な方向から痛快に論じることで曲の興味を提示するyurikamome氏のブログ

yurikamomeの妄想的音楽鑑賞とお天気写真にある。

オネゲル作曲、パシフィック231
 当トピックは、一見するとネガティヴな論調ながら。さにあらず、反意的表現にてその興味を引きつけるトリッキーなトピックな次第であり、そのコメントの反応を見れば一目瞭然也。

 ここでの文意の流れはあくまでも拘った「素で聴く状態での貴重なこの曲の現象」を捉えており、それらが音楽的要素で作られた当曲の目論む、音楽的素材で生じさせた「未踏の領域」たる、既製の音楽の悦楽を逸脱した「機械様式」共通の感慨の帰結を持ちえるある側面での「事実」を、その類稀なる「音楽へのマインド」にての「素」述べている点は大いに注目される意見。

 今回のTBの意図は音楽を鑑賞しそれを評論して、伝える行為が、論理検証と言う縦軸と聴かれることによる感慨と横軸の別の次元で始め、それらが積を形成した上に成り立という思いによるものであり、六分前後の曲の多様な側面をTB先を含め感じていただければ幸いに候。
なお我と思われる方は・・・キーワード広告以外は231TB連結参加されたし。

タイムシート計測経過 (逐次更新)
[PR]
by dr-enkaizan | 2006-04-19 04:29 | 解説のない音盤紹介

荷札途中経過・・・・・音盤次はネタで萌かいな・・・・。(ため息)

着けてみました

音盤評(82)
ネタ(55)
萌 萎え(51)
世相(35)
ドビュッシー(26)
演奏家(21)
音盤(21)
TV(19)
フランス近代(16)
譜面問題(15)
プロコフィエフ(14)
オーマンディー(12)
伊福部 昭(9)
追悼(9)
ストラヴィンスキー(6)
ラヴェル(6)
冨田 勲(6)
マーラー(5)
ショーソン(4)
証言(4)


わけのわからん物が上位とは・・・・
荷札恐るべし・・・・人となりを丸裸にする次第也
[PR]
by dr-enkaizan | 2006-04-18 00:53 | 雑文

朝比奈海外で評判に

隆じゃないですみくるです。
1

2

3

4
5さっそくマッドもんが作られるとは・・・・。SEEDネタが多いのがなんとも。

6



このエンディングも・・・・このように となる
ハルヒ嬢はこんな下品なことはいいませんが・・・・。

......
[PR]
by dr-enkaizan | 2006-04-17 00:20 | 雑文

「ホールの運営で何が一番大事だと思いますか?」

やくぺん先生うわの空様すいませんTBネタにします。

横浜みなとみらいその後   [指定管理者制度]  

「ホールの運営で何が一番大事だと思いますか?」

「安全です」。


はぃぃ・・・?

まるでリアルにイオナズンのガイドライン ・それとも居直って最初から「箱物行政」?なヨコハマ市なのか(笑)まさか。

ふとこの会話にこんなやり取りの妄想が(笑)

面接官「第一に必要なのは安全とありますが?」
団体 「はい。安全です!それは第一に人が集まる場所の管理です。」
面接官「人が集まる場所の管理とは何のことですか?」
団体 「会場の交通動線各種設備の管理で、緊急時の誘導、各種警備などもします、全てはその第一目的上一番大事なのは、人の命です。」
面接官「え、一番大事なのは、人の命?」
団体 「はい。管理上大切なのは、人の命。その人が集まる場所を私どもは管理します。」
面接官「・・・で、そのその人が集まる場所管理は芸術文化において働くうえで何のメリットがあるとお考えですか?」
団体 「はい。人の命の危機が襲って来ても守れます。」
面接官「いや、管理においては人の命は基本ですよ。でも芸術文化においての企画もあるわけですよね。」
団体 「でも、警察では此処まで安全を管理しませんよ。」
面接官「いや、安全とかそういう問題じゃなくてですね・・・芸術文化においてでのですが・・・」
団体 「芸術文化を支える場において、様々な危険要因からの守るべき、「人の命の安全」は基本なんですよ。それらのそれらの対策は必要不可欠なもので・・・」
面接官「何かかみ合っていませんね。それに危険要因と対策って何ですか。だいたい・・・」
団体 「さまざま人員の動線そして駐車や交通整理・防災 などや生命維持での空調・衛生設備の不備などです、その対策はそれら管理です。その管理スケジュールは号令点呼にはじまり、各種箇所安全の示唆点呼及び各ポイントの安全確認・・・」
面接官「その辺の仔細は聞いてません。ありがたいご説明は、ご苦労さまでした、それでは 芸術文化においての話を出来る人を変わりに呼んで帰って下さい。」
学生 「あれあれ?説明はいいんですか?怒らせていいんですか?取り合えず号令点呼しますよ。」
面接官「いいですよ。号令点呼して下さい。各種箇所安全の示唆点呼及び各ポイントの安全確認とやらを。それで満足したら帰って下さい。」
団体 総員起立!!!整列!!!気を付け^!!!番号!!!
面接官「一!」
面接官「二!」
面接官「三!」
面接官「てっ・・・・・・なにやらせるんですか(笑)!!!」
団体「てへっ(ハァト)」
本当は「いずれにせよ、神奈川フィルがみなとみらいホールを中心とする定期演奏会のラインナップを昨日の朝日新聞にでかく広告したりしてたり
」ともリ沢山のようで心配は50%無用な模様。

なお反面今までは当ホールは「催し物」より「安全は蔑ろ」だったのか思うとガクガクブルブル・・・・・50%。

 いやはやネタはさておき、さて見る限り民間の参入は芸術施設もそうだが、斯様な横浜市の様々な行政のサービスや業者への、その風とおしよきことにての幅広い選定に、新参でなおかつ悪いことに不慣れな業者が参入している杞憂は別業種に存在し弊害発生していることは確かなこと此処に言及。

たとえば
横浜市 まちづくり調整局 i-マッピー まちづくり地図情報
などには業務的に不要な所に広告が入り、用途地域をみるたびに、時期によりエロサイトみたいな動く不真面目な広告をみなければならない始末であり、又スペックの低いパソコンではそのサービスを当バナー広告の動画のために受けることは出来ない弊害もちらほら聞く。

 第一行政のサービスに赴いて、怪しめいて見えてしまう広告見ない権利迫害していいのか?、はたまた疑問な次第であり、採算のためとはいえ、如何なるものとも思い候。


 まあコンサート会場に行ったら、企業努力と証した大儀での、パイプオルガンや桟敷の縁に、はたまた、ピアノの蓋や演奏家、指揮者の背中までに広告が張られているようなご時勢にならないことを祈りつつこの項終了。
[PR]
by dr-enkaizan | 2006-04-14 16:39 | とろける脳みそ

へぇ・・時間外窓口サービス廃止へ 郵政公社、3600局で

絶対におかしい
サラ整体師の一生勉強だ!!様
便物の引き受けなどの時間外窓口サービスを廃止で検討

将来的には現金自動預払機(ATM)の取扱時間も短縮

???オークションに、調書い書類などの配送に日頃そのサービス利用者の円海山的にも
迷惑千万・・・。

 ようするに民間会社でいうところの、「サービスの低下の公言」という訳であり。

現状ニーズに相応しい企画作り出さない状況は、自殺行為ともとれる次第。

 今後の格差による雇用形態や数労形態の多様化に応じたところの、利用時間多様化およびネット社会での即時対応と背をむけ、長期的にみて成長の株たる「サービス」を止めることは、とう団体が公言している、何かしらの代わりのサービスの明確にして具体的内容(*)が不明な今?はたしして賛成しかねることは明白にて候。

はたまた?目先の課題解決に居直り、削除、怠慢を容認させ。民営化した事業を長期的に成長性を削ぎ、後にの不採算にして、再び国に組み入れてもらい意図すら感じる次第。

このような世の中を混乱不安に陥れることを「公言する社会」の結果が導き出されるなら?

当団体を民営化した改革は改悪の間違いかも?

かの当団体民営化の発起人「リアルマシリト」は、「花見に有名人はべらせ自称理解のオペラにうつつ」を抜かす前に、責任と言う文字の「革」と「悪」の文字の違いに理解を巡らせる事を希望。
(*)一部では郵便局の24時間を局をコンビニストアー隣接もしくは一部を合体することなどの実験が念頭になる発言と思われるが?はたしてそのための「人員確保・宣伝や流布」には「時間と費用」がかかる可能性が懸念さるる次第。
[PR]
by dr-enkaizan | 2006-04-14 15:22 | 気になる・・・・・

やったねクラヲ君、予想の右斜め45度を行く親切さだね・・・君も世間との剥離の補完が必要だけどドンマイ

CLASSICA - What's New!: 「レッツゴー!クラヲくん」第7回

飯尾様
ついに「円海山の贋作挑発」に乗られてついにクラヲ再開の模様。

今度の相手はイナバウワァ厨也。

引用してナイスナ突込みをマーキーで入れて補完
[PR]
by dr-enkaizan | 2006-04-13 23:48 | 音楽妄想断章(談笑)

「萌」の裏技中の人「萎」攻撃

KINCHO | CM情報 | CM集 | 【コンバット】アニメ篇

 ようするに、萌オタを罠にはめる点では、ゴキブリ駆除と同類の効果と言う宣伝と診断。

萌の経済効果と商業的利用価値は逆説的にも高いと言うお話でした。

参考:エースをねらえ!(岡ひろみ)
[PR]
by dr-enkaizan | 2006-04-13 23:35 | つかの間の再開

アシュケナージュにこれぐらいの決意があったのか否か?

諸君 私はスクリャービンが好きだ
諸君 私はスクリャービンが大好きだ

殲滅するスクリャービンが好きだ

電撃するスクリャービンが好きだ

打撃するスクリャービンが好きだ

法悦するスクリャービンが好きだ

暴走するスクリャービンが好きだ

突破するスクリャービンが好きだ

乱交するスクリャービンが好きだ

掃討するスクリャービンが好きだ

神秘するスクリャービンが好きだ

平原で 街道で


塹壕で 草原で


凍土で 砂漠で


海上で 空中で


泥中で 湿原で


この地上で行われるありとあらゆる乱交するスクリュアビンの演奏が大好きだ

列をならべた金管奏者にの一斉咆哮が催淫効果あるような神秘和音と共に聴衆を吹き飛ばすのが好きだ
空中高く放り上げられた心持の聴衆が、さらに弦楽の淫靡なフレーズの倒錯にしてその乱交した音楽展開にて、心の芯がばらばらになった不可解な表情をする時など心がおどる

光色ピアノの色彩が聴衆を置いてきぼりするのが好きだ
悲鳴を上げて神秘にアモーレに燃えさかるコンサート会場からから堪らず飛び出してきた聴衆を法悦のトラウマでなぎ倒した時など胸がすくような気持ちだった

適度に解決して進行されるSUSコードに13や11の和音のエクスタシーな推移が聴衆の耳を蹂躙するのが好きだ
その「神秘の音楽」を深く感じつつも、なにが?かを理解できない蔵新参者が無理して「平凡な退屈な演奏でも」長文で的を得ていない賛美評論をネットに「猫」に投稿している様など感動すら覚える

敗北主義の蒙昧な発言をする聴衆をネットに吊るし上げていく様などはもうたまらない
フライングブラボー叫ぶ一部聴衆達が私の振り下ろした手の平とともにネットでの自己弁護投稿への外部への突っ込みにあたふたとするのも最高だ

哀れな音楽論理にか弱い抵抗者達が雑多な知識でで健気にも立ち上がってきたのを、その聴く喜びなエクスタシー瞬間を音楽的用語かあるいは「妄想的表現」でと、豊穣に語りその蒙昧を論破して木端微塵に粉砕した時など絶頂すら覚える

露助のオーケストラに演奏され滅茶苦茶にされるのが好きだ
必死に守るはずだったフレーズもごてごての表現で蹂躙されリズムの調和もが犯され凶暴になる様はとてもとても興奮するが後ろめたいものだ

英オケの金管の物量に押し潰されて殲滅されるのが好きだ
英米ビルトオーゾオケに追いまわされその完璧へのコンプレックスに際否まれ害虫の様に地べたを這い回るのは屈辱の極みだが気持ちがいい

諸君 私はスクリュアビンを地獄の様なスクリュアビンを望んでいる
諸君 私に付き従うスクリュアビン愛好の友諸君
君達は一体何を望んでいる?

更なるスクリュアビンを望むか?
情け容赦のない糞の様なスクリュアビンを望むか?
鉄風雷火の限りを尽くし三千世界の鴉を殺す嵐の様な妄想を望むか?


『土瓶! 茶瓶! 赤尾○ スクリュアビン!』


よろしい ならばスクリュアビンだ


我々は渾身の力をこめて今まさに振り降ろさんとする握り拳だ
だがこの暗い闇の底で半世紀もの間堪え続けてきた我々にただのスクリュアビンではもはや足りない!!

大スクリュアビンを!!
一心不乱のスクリュアビンを!!

我らはわずかに一個大隊 千人に満たぬ愛好家に過ぎない
だが諸君は一騎当千の古強者だと私は信仰している
ならば我らは諸君と私で総力100万と1人の愛好家集団となる

我々を忘却の彼方へと追いやり眠りこけている連中を叩き起こそう
髪の毛をつかんで引きずり降ろし耳を開けさせ思い出させよう
連中に法悦の味を思い出させてやる
連中に我々の神秘の音を思い出させてやる

天と地のはざまには奴らの哲学では思いもよらない事があることを思い出させてやる
一千人の官能の響きをする桶でで
世界を燃やし尽くしてやる

元ネタもう旬ではない
漫画「ヘルシング」から

出 典 :平野耕太 「ヘルシング」 少年画報社 YKコミックス
      ヤングキングOURS 2001年9月号掲載  同 単行本4巻収録
発言者: 「最後の大隊」大隊指揮官の少佐

追記は此処
[PR]
by dr-enkaizan | 2006-04-12 17:23 | 音楽妄想断章(談笑)

シンクロニシティかはたまた「おでんくん」と「ぐつぐつ」

正月の時期からNHKでスペシャルで放映されしアニメ連作短編「おでん君」を巡り。
その放映アニメの原作の絵本での「擬人化されたおでんの具の繰り広げる」ストーリープロットが、柳家小ゑん氏の創作落語「ぐつぐつ」を酷似しているとの巷の関係者の杞憂になりし模様。

 実際アニメを偶然拝見している円海山には、たしかに脳裏に件の落語が脳裏浮かび、での原作者リリー氏は、副業ながらその手法は「ポップアートデザインの系」ゆえに?おそらくそれの「オマージュかリスベクト」の手段での作品という思いではあったが・・・・・関係者のコメントに微妙な回答を告示している、柳家小ゑん氏サイトをみると結構な杞憂になりしことに大いに驚き、関係者間での溝は深い模様。

 実際、このことを唯一とりあげたマスコミの週刊文○あたりは?、その酷似する点は多くと表明、とくに煮すぎて色つきのゆで卵あたりが、その問題点として挙げられている。

たしかにコンセプトはにていて、ここでは一昔流行のガングロ女子高生の属性を与えている次第であり、このあたりに代表されるが他にも多数はオリジナリティーもあり、はたまた憶測の流れる通りなのか判別がつき難くもあり、白黒を往復する。

多くの芸術作品には、少なからずモデルになったものが透かしとれる事例(*)が存在するのは確か。
(*)
 たとえばドビュッシーの「月の光」を含むベルガマスク組曲の「前奏曲」の有るフレーズは、フォーレの歌曲「月の光」のフレーズであり、さらに同組曲「パスピエ」中間にでてくる三連音のフレーズの後ろ最初に、八分休符をもって現れる上向アルペジオは、同歌曲の伴奏との関係なしにはなし得ないとこなどがあり、創作者が潜在的か意図的引用した例


月の光(ドビュッシー:ピアノ名曲集)
ベロフ(ミシェル) ドビュッシー / 東芝EMI
ISBN : B00005RGVV


フォーレ:月の光(フォーレ歌曲集)
スゼー(ジェラール) ボールドウィン(ダルトン) フォーレ / 東芝EMI
ISBN : B00069BOAU
スコア選択:

はたまた、ベルリオーズやリストにラフマニノフそしてサンサーンスなどに引用されたグレゴリア聖歌「怒りの日」に代表さるる共通の題材がある様々ケースもあるが、ともかく作品間での酷似する指摘できるケースがある次第。
 

 しかしこの場合の酷似は確かに先例の影を揺るがしかねない自体ゆえに、意図が有る無いに関わらず何らかの双方の歩みよりは、もしくは調整必要なのでは思う今日この頃。

それに反して、現状では多くのマスコミがこの問題から、経済的効果の理由から黙認をしている次第。

 又、これをとりあげよりメジャーに拍車をかけたNHKには、その創作落語のアーカイヴも存在している可能性もあり、文芸的な担当はこのような衝突の危険を孕むことも予測できる環境にあり、企画選定にあたりその辺の確認と折衝を行わないことも?何かしら問題を感ずる次第にて候。


切にジャンルは違うが同じコンセプトとしての「双方の傑作」が相反して相殺されないことが第一に願いたい。
[PR]
by dr-enkaizan | 2006-04-12 01:01 | 気になる・・・・・