ブログトップ

六国峠@ドクター円海山の音楽診療室-無用な営みの、えも言われぬ、この上なき喜び

drenkaizan.exblog.jp

カテゴリ:音楽妄想断章(談笑)( 6 )

弾厚作と言えば・・・・湘南名物若大将の件について

意外に知られていないの驚愕するが。
歌手の加山氏が作曲名義で名称であり
それはこのあたりのベンチャーズの模倣の湘南ビーチサウンドがてけてけ炸裂する、音楽当りに始まる、

そのブラック・サンド・ビーチのビードはある意味灼熱の太陽で背筋が続々する、クールなかっこよさ。
ブラック・サンド・ビーチ/加山雄三 with ランチャーズ
加山雄三withランチャーズ 弾厚作 / ドリーミュージック
ISBN : B00005V4DP

このほかに父の上原謙にささげたピアノ協奏曲などがCDリリースされている次第。
父に捧げるピアノコンチェルト
羽田健太郎 N響団友オーケストラ 弾厚作 森岡賢一郎 / ファンハウス
ISBN : B00005EJCF
スコア選択:

そして押しも押されぬ戦前&戦後歌謡に俳優という芸能の重鎮たる上原謙氏には、余り知られていないが・・・・戦前「パラオの真珠とり」という南方政策的なピョンコ節の歌謡曲作品もある。


さておき・・・・実はこの家族はクラ的音楽的に造形が深いのは確かにて候。
[PR]
by dr-enkaizan | 2006-08-08 02:04 | 音楽妄想断章(談笑)

伝説の名歯科医妄想編てっ・・・・・

CLASSICA - What's New!: 伝説の名歯科医妄想編

まさかゴムとぜリー(仮称)ねたからこのように発展。
レナード・バーンスタインだど、歯医者がバラタインで泥酔していそな腕前で・・・・
ピエール・ブーレーズだと虫歯になった課程を切々と批判されながら正確な切除と埋め合わせをするんでしょう・・・・(*)。

指揮者ではないですがグールドだと治療時に鼻歌を歯医者も一緒に歌ったら嫌そうな・・・・・・・(笑)
ミケランジェリだと最初の沈黙が歯医者の治療前の沈黙とにていて嫌そうな。
>指揮者たちが次々と画面に登場、みたいなステキな映像。トスカニーニ、フリッツ・ライナー、ジョージ・セル、ムラヴィンスキー、ミヒャエル・ギーレン、セルジュ・チェリビダッケ……
この時点ですでに「パンピー」は置いてきぼりなのがとてもクラヲ的にイカしていて素敵です。

はやり指揮者もいいけど、ベスト音楽はモソロフの鉄工所でしょう(嘘)

機械に切り刻まれ、切削される口腔の刺激が頭脳を刺激するのを感じつつ「俺は高度成長期か?もしくは興業増産計画年期の、金属工場の只中にいるんだ」とマゾヒスティックなる妄想に浸って如何でしょう(なわけネイ)・・・・。

(*)ときどき虫歯を爆破せよなんてことになりそうな・・・・・。
[PR]
by dr-enkaizan | 2006-05-29 22:54 | 音楽妄想断章(談笑)

やったねクラヲ君、予想の右斜め45度を行く親切さだね・・・君も世間との剥離の補完が必要だけどドンマイ

CLASSICA - What's New!: 「レッツゴー!クラヲくん」第7回

飯尾様
ついに「円海山の贋作挑発」に乗られてついにクラヲ再開の模様。

今度の相手はイナバウワァ厨也。

引用してナイスナ突込みをマーキーで入れて補完
[PR]
by dr-enkaizan | 2006-04-13 23:48 | 音楽妄想断章(談笑)

アシュケナージュにこれぐらいの決意があったのか否か?

諸君 私はスクリャービンが好きだ
諸君 私はスクリャービンが大好きだ

殲滅するスクリャービンが好きだ

電撃するスクリャービンが好きだ

打撃するスクリャービンが好きだ

法悦するスクリャービンが好きだ

暴走するスクリャービンが好きだ

突破するスクリャービンが好きだ

乱交するスクリャービンが好きだ

掃討するスクリャービンが好きだ

神秘するスクリャービンが好きだ

平原で 街道で


塹壕で 草原で


凍土で 砂漠で


海上で 空中で


泥中で 湿原で


この地上で行われるありとあらゆる乱交するスクリュアビンの演奏が大好きだ

列をならべた金管奏者にの一斉咆哮が催淫効果あるような神秘和音と共に聴衆を吹き飛ばすのが好きだ
空中高く放り上げられた心持の聴衆が、さらに弦楽の淫靡なフレーズの倒錯にしてその乱交した音楽展開にて、心の芯がばらばらになった不可解な表情をする時など心がおどる

光色ピアノの色彩が聴衆を置いてきぼりするのが好きだ
悲鳴を上げて神秘にアモーレに燃えさかるコンサート会場からから堪らず飛び出してきた聴衆を法悦のトラウマでなぎ倒した時など胸がすくような気持ちだった

適度に解決して進行されるSUSコードに13や11の和音のエクスタシーな推移が聴衆の耳を蹂躙するのが好きだ
その「神秘の音楽」を深く感じつつも、なにが?かを理解できない蔵新参者が無理して「平凡な退屈な演奏でも」長文で的を得ていない賛美評論をネットに「猫」に投稿している様など感動すら覚える

敗北主義の蒙昧な発言をする聴衆をネットに吊るし上げていく様などはもうたまらない
フライングブラボー叫ぶ一部聴衆達が私の振り下ろした手の平とともにネットでの自己弁護投稿への外部への突っ込みにあたふたとするのも最高だ

哀れな音楽論理にか弱い抵抗者達が雑多な知識でで健気にも立ち上がってきたのを、その聴く喜びなエクスタシー瞬間を音楽的用語かあるいは「妄想的表現」でと、豊穣に語りその蒙昧を論破して木端微塵に粉砕した時など絶頂すら覚える

露助のオーケストラに演奏され滅茶苦茶にされるのが好きだ
必死に守るはずだったフレーズもごてごての表現で蹂躙されリズムの調和もが犯され凶暴になる様はとてもとても興奮するが後ろめたいものだ

英オケの金管の物量に押し潰されて殲滅されるのが好きだ
英米ビルトオーゾオケに追いまわされその完璧へのコンプレックスに際否まれ害虫の様に地べたを這い回るのは屈辱の極みだが気持ちがいい

諸君 私はスクリュアビンを地獄の様なスクリュアビンを望んでいる
諸君 私に付き従うスクリュアビン愛好の友諸君
君達は一体何を望んでいる?

更なるスクリュアビンを望むか?
情け容赦のない糞の様なスクリュアビンを望むか?
鉄風雷火の限りを尽くし三千世界の鴉を殺す嵐の様な妄想を望むか?


『土瓶! 茶瓶! 赤尾○ スクリュアビン!』


よろしい ならばスクリュアビンだ


我々は渾身の力をこめて今まさに振り降ろさんとする握り拳だ
だがこの暗い闇の底で半世紀もの間堪え続けてきた我々にただのスクリュアビンではもはや足りない!!

大スクリュアビンを!!
一心不乱のスクリュアビンを!!

我らはわずかに一個大隊 千人に満たぬ愛好家に過ぎない
だが諸君は一騎当千の古強者だと私は信仰している
ならば我らは諸君と私で総力100万と1人の愛好家集団となる

我々を忘却の彼方へと追いやり眠りこけている連中を叩き起こそう
髪の毛をつかんで引きずり降ろし耳を開けさせ思い出させよう
連中に法悦の味を思い出させてやる
連中に我々の神秘の音を思い出させてやる

天と地のはざまには奴らの哲学では思いもよらない事があることを思い出させてやる
一千人の官能の響きをする桶でで
世界を燃やし尽くしてやる

元ネタもう旬ではない
漫画「ヘルシング」から

出 典 :平野耕太 「ヘルシング」 少年画報社 YKコミックス
      ヤングキングOURS 2001年9月号掲載  同 単行本4巻収録
発言者: 「最後の大隊」大隊指揮官の少佐

追記は此処
[PR]
by dr-enkaizan | 2006-04-12 17:23 | 音楽妄想断章(談笑)

全国の専業作曲家に、ちょっとした緊張感を与えます。

夢をみてしまった・・み○の・・・ちょっと聞いて・・・おもっきり生電話の・・・・・という次第にて候
BUBBLE-B】最新チューン「Rumania Montavideo」
某先生の此処を見たら
ドクター円海山!!全国の専業作曲家に、ちょっとした緊張感を与えます。TB出来ないけど(涙)

a0007939_22485968.jpg


み○以下M「もしもし。」 

相談者Y以下Y「もしもし。」

M「こんにちわ」

Y「こんにちわ」

M 「こんにちは あなたお名前は?」

Y 匿名で願います・・・・

M ハイそれじゃ手元にある資料みて「Yさん」としますね。あなたはおいくつですか今?

Y 53歳になります

M はーん ご職業は?

Y 作曲と補助的に音楽文筆そして放送での音楽コメントなどを生業にしておりますそうれから一回アニメのサントラもやってました。それからポンチ絵も描きます。

M 作曲家の先生ということですね。どうも でっ?本日のご相談は?

Y この前ショスタコーヴィチの交響曲のバルシャイによる全集を買って聴いたんです

M アー ショスタコね (腕組みして眉をひそめて)バルシャイ?さぞかしお安かったでしょう。

Y 全15曲、CD11枚)が4,000円台でした 、おかげで15曲を繰り返し聴き続けて頭がタコ漬けで・・・

M 嬉しそうですね?でっそれがどうして相談する悩みになったんですかまさか タコ漬けで豪儀に音楽を聴いている自慢?ではないですよね・・・。


Y ああっ...えぇ その・・・余りに安いのが心配なんです・・・・作曲家の方からしたら、一生かけて書いた15曲の交響曲が単価で算出してトータル5,000円前後ということは

M はいファイナルアンサー!!!300円ちょっと!!!。

Y 有難うございます そうです・・・一生かけて書いたわりには「アレ」ですよね・・・今の手軽に音楽を手に出来る廉価盤や音楽配信の流れが、単価では返す刀で、
生きている作曲家たちの首を絞めているとおもうと、心配で心配で・・・放送局の解説のお仕事も、前任者やっているような解りやすい入門解説が出来なくて・・・・
単純な紹介と作曲者論でお茶を濁してしまい、おまけに交響曲の筆が進まなくて、ブログばかり更新してしまうんですよ。

M いやいやぁ・・・たしかに音楽文化よりそれの経済要素が尊重されないご時勢で。厳しいんでしょうねぇ・・・私は伏せている所。見れるんですが、あの人ですよね。
いろいろ心配事はあるけど・・・放送の仕事はその路線で面白い発見を示唆してるし・・・青少年でのシューマンの「モーダリアン的解釈」なんか聴いているとなかなか斬新で説得あって、
前任者と違う切り口と諦めてもらい新たな層を切り開けばいいじゃないの(僭越ですが、これはみのだから説教めいているですよ)
無論交響曲は執念で書くでしょう  あっブログは、(手元に伏せているPCをみて)ホホォー お若いリアクションで、
 それに知る限り・・・あなたの他の仕事ぶりを見ていると・・)チーズフォンデュのような書法でのポストモダン折衷振は、もうクセになりそうで、いまどきの作品にしては、なにか心に訴える何かがありますようんうんそうそう(非常に「みの」なのでエラそうに話し出すそしてつづけて)あの
コウノトリのなんたら・・・(完全に適当な思い起こしが始まる)

Y あの匿名の意味なくなりそうですが・・・・朱鷺なんですけど(心配そうに)
観客+コメンティーター 笑い

M コウノトリでも朱鷺でもいいけど(*)、あの全音ハーモニクスなクラスター組織和音のうえに底知れぬちりばめたられた韻律が奏でられるる情景は、音楽史に残る奇跡的音楽作品だよこれ本当だよ!!(すこしつっこまっれて誉めながら怒る)それから あのアニメね?(不利になったので話題を切り返す)毎朝最初の頃は見てましたよ。アニメサントラシーンからは180cm浮いていたような高承さだったけど、よかったねぇ。でも製作者が要求した音楽の数が話数にたいして少なくて、選曲も少々あれ?なんで、本来はアニメ製作サイドが「も少しお金を払ってくれて」、あなたに音楽を書いてもらいたかったよね?(さらにあつかましい)だってこの道大御所のジャングル○○や映画ブラック○○○と処遇が・・・・やめましょう。
(*)すいませんねたしにしております

でもねぇぇ副業のほうのクセ○○○のプログラム解説なんで、作品の中傷しかなくて・・まるで厨・・・おっと匿名でしたよね。あっこれもやめましょう。一時は名前が出るだけで、「カタカナ表記の音楽のあるジャンル」とセットで掲示板が荒れるきっかけになったものです。君(女子アナに声をカケ)この当りはボードから消してねそして女史アナ淡々と白板に相談者素性を書き、思わす「ゲ○○イ○○○ク」と「厨」の字を釣られて書き出すが・・・慌てて消す。

M「はい!!本題へそれで?あなたが交響曲を作り、演奏されると幾らくらいの収入になるの?」

Y「曲の長さや国によって差はあるんですけど、最低2千円から最高でも1万数千円くらいです」

M「ウソでしょ?」

観客・コメンティター「ざわざわ」

Y 「実際、私が最初に演奏使用料というのをもらった「一番有名な音楽歴史的名曲」クラスの某著名オケでのコンサートの時は2,600円。
旧ソヴィエトで演奏された時なんか7円でした

観客・コメンティター「ざわざわ」意味不明にカメラその一人にUP

女史アナ・淡々と黒板にその話を箇条で書き

Y一番気前のいい国の大ホールで45分のフルサイズの交響曲が演奏されても、2万円になるかならないかなんです・・・・・。

M「んん2万円に へーぇ そ、それじゃ全然儲からないじゃない!」とい義憤に駆られぶかしげになりつつよそに目をやり あっYさん!!

Y「はい儲かるとでも思ってましたか?」(と話をはじめるが)

M「はいコマーシャルやってから続きを聞きますから電話切らすにまっていてください」(無愛想に放送進行のリアクションでさえぎられれる)

インターバル

M「はいそれでは、たしかあなたの作品が高くならないご時勢が不安でしょうがなく、副業が落ち着かないでしたよね、
  それで一番気前のいい国の大ホールで45分のフルサイズの交響曲が演奏されても2万円 たしかにそれは安いものです」

Y「はい儲かるとでも思ってましたか? しかも、著作権が切れたモーツァルトやベートーヴェンは「ただ」なのにこんな金額だって演奏する側からすれば「有料」

だから、死んで50年以上たって著作権が切れたのを確認してからじゃないと、誰も演奏しようとすらしないのがクラシック音楽界なんだ。

M 「おちついてYさん!それって何か、社会的にも経済的にもありえない話なんだね」

Y はい。もうまるで交響曲は。作曲家が持てる英知のすべてを傾け、人生すべてを捨てて作り上げる「作品」なんかじゃない。燃えないゴミ」なんですよ。

M へぇ「燃えないゴミ」なんだ。「え。燃えるんじゃないっスか?」。

観客+コメンティーター 笑い

Y ああ、確かにスコアは紙だから燃えるけれど、CDになれば不燃ゴミだろ……って、そんな話をしてるんじゃないんですよ

観客+コメンティーター さらに大きい笑い

M (Y氏の一人ぼけ突込み方が受けがいいため不機嫌な表情で棒読み口調に)それはお後がよろしいようで。

Y あっはい・・・(威圧される)

M それはさておき,.お金になるなら?作曲以外の世評の定番高うれしき内容の与太本(失礼な)やあのカットを転向しないで?、ある意味多芸なYさんはどうして曲書いてるんの?あの入門所のカットなんかキャラグッツにして楽天して、楽譜とCDと抱き合わせで売ったりできるかもしれませんよ」(み○がいっているですよ私は「思っているけど」書けません(てっ書いているすっとこドッコイ)


Y ああ、いい質問です。私がバカだから。でもあなたはほんとにヤバイかもしれません。

M うーんあなたねぇ音楽を廉価され消費される嘆かわしい世の中への厭世は十分解りますよ。でも馬鹿なんて卑下してないで、あなたの方から歩み寄らなきゃねぇ(み○説教属性本領発揮)もう完全に馬鹿になりなさい、

Y はぁ・・・・
M 交響曲の作品依頼請負をオークションにして値を吊り上げ、馬鹿路線で六番の副題は「ちょっと聞いてよ思いっきり生交響曲」といふうにする、どうです凄い馬鹿でしょう。

Y+コメンティター+観客 いい加減にしろ!!

ショートカット音楽(ドリフにでてくるようなトロンボーンのグリッサンド短三度上下にティンパニーの二打)

すいません すいません 作曲家ならだれでもよかった・・・・今は凄く後悔している(円海山)
本家さんのTB毎度派遣が 「不可」みたいなのでナナちゃんはっときます。
a0007939_23274653.gif

出典八分音符の憂鬱
交響曲は燃えないゴミの日に
追記 さて駄文を書いているうちに専業作曲家さま鎌倉スイスさんの複雑な心情がアップトピック著作権20年延長はどうなったの?
それも含めて考えると・・・・文化として優遇され、前衛も古典もポストモダンも19-20世紀音楽の様々な諸相もネットいぇメディアを賑わすようになるクラッシック周辺のように見えるが・・・・・・その著作的保護や経済的保護ならびに団体の健全さにおいての内情は矛盾に満ちており。

その新規開拓より過去の資源にたよる様は?資源枯渇の石油産業の二の轍をふみそうな、危うさともいえる次第。

 著作権のありかたも「相手の利害」「名誉」に絡まないとみなされる区分を明確にして。
さらに規定においての「引用」や共有の定義、及び評論や二次創作への接点を細かく程度規模を定めて「規定」に設けないとデーター配信社会に「表現芸術」は一方的メディアとして取り残される恐ある次第である種の書法的発展からも取り残されるは必定。

 逆に接点を定めることで新たなる利益の流れも、さらなる問題も生じる可能性があるとも考察されるが・・・現状の伸ばしたり増やしたりするほかに?何かが変わらなければならない・・・?のは確かな次第。
よって此方にもTBメイド派遣a0007939_2321318.gif
[PR]
by dr-enkaizan | 2006-03-29 23:18 | 音楽妄想断章(談笑)

ヴィラ=ロボス「カイピラ(ア)の小さな汽車」-もし交響的楽章「江ノ電」があればこんな曲に

ゆりかもめさんの記事をよんで後半に出ている「江ノ電」の記述をよみ、日ごろから妄想していることを、取引先連絡の待ちの、昼の休養にふと思い出す次第の妄想我ここに記述セリ。

 あの「よたよた加減」で次第に駅を数えるごとに・・・・民家の間を危険に加速してやがてひらける海岸線の風景を走る。

そうだ!!まるでヴィラ=ロボスのカイピラの「小さな汽車」だな・・・・。

「カイピラ小さ・・・・・な」でというとご存知無い方々も多いが・・・?
ブラジル風バッハ第二番のフィナーレのトッカータで、

それ着けられた副題といえば、一目瞭然にて候。

 唸りと「か細い悲鳴」みたいな蒸気音か鉄板の軋みの如し描写に始まるあたりのメカニック描写一応あり、常にオスティナートや、刺繍的挙動の器楽に支えられ加速、やがて歌謡曲「思い出の渚」(日本人にはそう聞こえそうな律をもつ)如し「歌」が朗々表れ、おそらくこの辺で「車窓のビュー」が展開されたような想起をうけル次第。

そして幾分の最加速を示唆する機関全開の描写を受け、ノッキングする機関の打撃描写と思われる大太鼓の鼓動と、きしむ車体かもしれない、ラテン・パーカッションを伴奏にして再び「あのメロディー」が出現、到着し停止してパージされる蒸気か熱や挙動変性で軋む金属のような木管や弦楽のクラスターの描写に「ドン!!」という総奏の和音一発で終わる次第。

 その描写や定位法的処理の由来は規模こそ違えども?かなり「オネゲルのパシフィック231」と近いが、その根底にあるのは悲劇性ではく、幸福な感情の眼差しがあることよもしれない。

曲には?南米の機械文明の交通のありがたさと、「汽車の旅情の事よきかな」の喜遊に満ちている次第の趣きありなん。

民族の違いは歴然。a0007939_1395873.gif

ヴィラ=ロボス:ブラジル風バッハ
カポロンゴ(ポール) パリ管弦楽団 ヴィラ=ロボス メスプレ(マディ) テタール(アルベール) デボスト(ミシェル) セネダ(アンドレ) / 東芝EMI
ISBN : B0000896N0
スコア選択:
ここはその洗練されつつも、緩さ加減が評判のカポロンゴの演奏は押さえておきたい次第
作曲者の名演奏では少し引きしまるが、さらに南国情緒が増す。
ヴィラ=ロボス/ブラジル風バッハ第1番
アンヘレス(ビクトリア・デ・ロス) フランス国立放送交響楽団 ヴィラ=ロボス / 東芝EMI
ISBN : B00005GJQY
スコア選択:
あとは、LP次代から評判な、エベレストのグーゼンスのヒナステラのカップッリングにあったこれ単体の演奏が凶暴で愚鈍で面白いが 、CD化されつつも今は入手が困難な模様なのが遺憾なり。


追伸:さてストロング小林少年様がこれに相応しい小説をコメントに書いてくれるのを期待
(メイド曰く:おいおいひとまかせかよ・・・・・ですぅ)
やはり「江ノ電」は、ご当地の「鎌倉スイス」の先生(*)に作ってもらいたい気分なので、皆様このコメントに投票を(メイド曰く:おいおいおい・・・・・なんて迷惑なあつかましさ・・・ですぅ)
てっ失礼しました。

追記;あッTBしていただいているてつわんこさんの先駆的な「交通機関ネタ」がありましたありましたねぇぇ。
MGVはよか曲ですかつて頻繁に出張した新幹線の車窓を・・・・・万国共通の高速交通(遠い目)。
オネゲルの「パシフィック231」とマイケル・ナイマンの「MGV」
それと本命なる231が進行中のオネゲルシリーズに
アルチュール・オネゲル(6):パシフィック231 交響的運動第1番

追記(*)2006-04-05 などと失礼なことをのたまいていたら・・・・別件の円海山の一言にて鉄道ネタにて「スイスの汽車」ねたの曲をおつくりになっております。

「カイビラの小さな汽車」に習って 鎌倉スイス日記様2006-04-05 のエントリー
非常に恐縮です・・・。
[PR]
by dr-enkaizan | 2006-03-16 13:10 | 音楽妄想断章(談笑)