ブログトップ

六国峠@ドクター円海山の音楽診療室-無用な営みの、えも言われぬ、この上なき喜び

drenkaizan.exblog.jp

カテゴリ:気になる・・・・・( 52 )

大人の塗り絵・・・・っ卑猥な想像したら負けだ・・・。

承前
さすが60色の画材色鉛筆・・殆どプロのデモ

ヴァンゴッホ色鉛筆60色セセット(メタルケース入り)

サクラクレパス


此処にも言及ある補色関係を利用すれば可能性あるツールとも見える。
かって見たいような・・・・金と暇がないような。
私信おかさんどうでしょう・・・。
[PR]
by dr-enkaizan | 2009-07-20 00:53 | 気になる・・・・・

小林源文氏の漫画作品「Cat Shit One」3Dにてアニメーション化

承前

ミリタリーオタには、そのデッサン確かで、考証を吟味した各種独逸物を中心とする、ミリタリー・ドキュメンタリとそれら周辺の創作空想漫画で神扱いの、戦記およびSF劇画の小原文もとい小林源文氏*の、近年の新機軸。
*ハルヒコさん御免(笑)
動物登場人物にしながら、昨今の軍事問題をサラリと題材にしたアイロニーある問題作が・・・・3Dで再現。

その告知がようつべにおそらく公式リーク中。

その流麗なCGは氏のタッチの雰囲気を継承しているとは思わないが・・・・自作の扱いに厳しい氏の了承を得て公開にいたるゆえ・・・それなりの気になるものと所見さるる次第にて候。

 追伸 消防の頃、知識系本での独逸機○軍団の掲載漫画以来の長年お世話になっている立場で、この勢いで黒騎士(*)は無理としても・・・・・・空想戦記の氏により劇画化したハッピー・タイガー(*2)あたりを実写映画にしてもらえば・・・・・・。昨今のローレライなどのような腑抜けた以下略。
*

黒騎士物語

小林 源文 / 日本出版社


*2

ハッピータイガー (SEBUNコミックス)

小林 源文 / 世界文化社



なお、あまりにリアルな動物CGゆえか、この手にありがちなフィクションの断りに、実際の動物は使用していない旨が追加されているのがなんとも。
[PR]
by dr-enkaizan | 2009-03-28 09:05 | 気になる・・・・・

一つでミュージックコンクレートスタジオに?電子楽器「ELECTRIBE」

 承前1 現在ヴァーチャルヴォーカロイドがはやっているDTMであるが、それを一部の向きがミュージックコンクレートという用語の誤用で語ろうとしている向きが多々あるが、一部は当てはまるゆえに、前面に否定は出来ないが、厳密には、現実音を解析した再構築音声と現実音の一属性を変容させて使用された音声の違いがあり、この件では実用に電子音楽系機材を使用したもの以外、コンクレートとヴェーチャル音声のくびきは多少難しいのかもと所見さるる次第にて候。
 もしミュージックコンクレートの末裔を今に探すならこの辺の系列になるとここで小声で囁いておきたい。
承前2
 無論一要素は継続されるも、静寂の要素諸々削り取られたのは芸能の経由での使用され方所以でありなん、そもそもコンクレート及び電子音楽の機器の発展に反比例したジャンルの衰退は、実験要素の役目を終えたことが大きく、その後、多くは余りに現実楽器の代行で使用され、メーカとして器楽の使用法の権利ゆえ広く広まらないのもその要素でありなん。


 そんななか、動画共有サイトなるものがそれらの成果を広く知らしめており、我々は電子楽器の普及しずらき事態に多少明るい異変が起きていることを認識スル次第にて候。

さてこれを使用して他のジャンルの人間は何を作るのか?期待もしてみたし。
承前3(コルグ)
承前4(当該機器)
[PR]
by dr-enkaizan | 2008-04-28 10:30 | 気になる・・・・・

メディアが草の根を見る目はいつも同じなのね・・・wwww

「3次元に興味無し」「俺の嫁」…TBS「初音ミク」特集、「オタク印象操作」「職業差別」と批判相次ぐ

上記承前

リアルにみて絶句・・案の定祭りになる。

 放送局の偏よりは毎度あきれるが・・・・オタクたたき以前に問題ある映像に仕上がる素材を提供してしまった、取材を受けた者は「その言動」では弁明の余地はなく、仮に氏の提げる資料や経緯があったとしても、メディアリテラシーに照らし合わせた自分の性根の危ういところでの隠蔽すべき姿を、深く知るべきにて候。

初音に留まらず、DTMの印象が悪くなるような、自分の趣味性の制御なき開陳のはしゃぎぶりには大いに胸糞が悪くなるのを覚えた次第にて候。

 氏はあるコミュニュティーの代表ということだが?代表者の世間での著明化による暴走、これは嘗て何処かで見たような風景でもある、敢えて言うなら、コスプレが本質とは違う音楽ネタ駄洒落に摺りかえると自ずと解る次第でもありなん。

 これと同じように閉塞空間では、抑制し理解に勤めされようとすると、その何かが欠損する運命なのかもしれまいか?自分棚に上げて敢えて、言うと無作為にだらりという行為をアートや趣味性と勘違いする輩を輩出するに至ったのはそこに属する者達、誠に今一度考えるべし。
なお
アッコの番組はある意味好きなところもあり・・・その辛辣なコメントは、芸能人として序列社会に君臨する人物の旧時代の教訓を知ることに感銘すら覚えたが、この情報に引いたコメントは余り旧人に気の聞いたコメントは期待できないし、望むこと自体酷にて候。

さて最後に、今回の初音の声の元を提供した声優嬢のブログ

藤田咲の電子庭園☆~さっきぃのおはなばたけ~  じつは。←

の事件をを悲しく受け止めながらも、屈することはない、このムーヴメントの不滅を信じてエールしている下記引用のコメントをしており、今回の各位の動きでは一番清清しい思いを受け、感銘と感激を受ける。
彼女の所属していた事務所も社長の不祥事があり、いろいろ大変そうだが、このような有能な人材がいるところも、萌えやアキバ文化でもあることを各位認識するように。
では、これを記してこの項を終えたし。
どんな報道があろうと、
皆さんがミクを愛する気持ちは
ゆるがないでしょう?

ミクはけして
やさしい気持ち
歌を愛する気持ち
DTMと真剣に向き合う気持ちを
裏切りません。



追伸
円海山的予定にはある時期に購入に矢先にはデーリアスのアレとラヴェルノのアレとか合唱作品をやってもみたい。

なおクリプトンには軽率な取材の対応はやはり問題はあり、協力者としてありがたいが、一般に受けないキャラ層を絡めたあたりには賛否あり、そのすばやい対応に好感は持てる、しかし、本来の音楽ソフトとしての流れなら・・・・予定にあるポストミク声のヴァリエーションの増加をさらに継続。今後さらにこの路線では母音の数を増やしたりしてある程度擬似外国語が出来るデーターの補完し、さらに本格化してもらったほうが、今回の不名誉な「キモオタ専用の萌ソフト¥のレッテルを払拭することができると、読んではいないと思うが提言したい。

もっともその路線でも成功も賞賛した上でのはなしではあるので、語弊なきようにあしからず。

追記こちらを聞けばこのソフト可能性は多様であることがクラオタもにも解る次第
ミクラシックで拓かれる未知の世界
[PR]
by dr-enkaizan | 2007-10-16 00:12 | 気になる・・・・・

異例の売れ行き「初音ミク」にみるクラ的展開

承前
引用
人間の声を元にリアルな歌声の合成音を作ることができるヤマハの技術「VOCALOID 2」を活用し、クリプトン・フューチャー・メディア(札幌市)が企画、制作して8月31日に発売した。Amazon.co.jpでは1万5750円で販売しており、ソフトウェアランキングで9月12日現在1位をキープ。異例の売れ行きで、生産が追いつかない状態だ。

要するに歌詞を歌ってくれる歌手もMIDIで制御できるという次第にて候。
そしてこれを音声元の声優の可愛い声、そしてイメージ映像キャラを添えて販売する戦略が見事に成功した、音楽創造系の明るい話題。
a0007939_0505623.jpg


 それは画像配信「ニコニコ」「YouTube」にて評判が広まり、これらがクリエイターの発表の場としての意ならず音楽制作ソフト市場を活性化している状況にある次第にて候。(*)

初音ミク HATSUNE MIKU
/ クリプトン・フューチャー・メディア
ISBN : B000VCZ75A
これをクラ的に展開を考えると、現状の素声で超絶技巧のクラ系の歌曲も面白いかもしれないが、ここはベンダー側への期待としてはバイリンガル仕様でベルカントにした商品を開発していただくも期待したくあり、さらにユーザーのクラ系の歌曲や未発表の歌曲なども挑戦する輩を期待してみたい。

個人的には初音にドビュツシーの噴水やラヴェルの五つのギリシャ民謡など歌わせたい。

*ニコニコでは一般ユーザーが初音に歌わせたネタ元の音楽ユニット(ave;new feat.佐倉紗織)が刺激され、本家としての威信をもって初音を調教して、ブログ上にアップした事例が凄まじく面白い。 キーワードは きしめん でニコニコを検索、プロがこれを器楽として使うとまたこのうえなく音楽的なるところも、この媒体奥の深さか?

追記
対にクラ的展開が現実に・・・・ミクラシック

さてさらにヴィラ=ロボスのブラジル風バッハの五番とかやる兵はいないのか・・・。

さて体験版をつけた雑誌がどうやらでるので・・・
初音ミクの新規購入を悩んでいる方へ
興味ある者はこちらを。
なお個人的にはブリーチ借用の長葱で有名な北欧トラディショネルな
イエヴァン・ポルッカがツボ

詳細に技術的な意見交換のまとめ
VOCALOID@wiki
[PR]
by dr-enkaizan | 2007-09-13 00:44 | 気になる・・・・・

中日本エクシス、高速道路の案内標識をモチーフにしたハンドタオルを販売

承前
気になる揃えそうな予感
[PR]
by dr-enkaizan | 2007-08-26 00:18 | 気になる・・・・・

動向が気になる

承前1
承前2

これはある意味他人事ではないような人は多いのではとも思う次第。
円海山的には嘗て音楽データーベースの梅沢氏より六国峠海の家のたわいの無い、
「ドビュッシーの海の譜面問題」についての一部資料ついて、クロスオーバする旨の報告を受け、情報への慎重さがうかがい知れ、プロのかたの責任への思いが伝わり大いに共感させてもらった次第だが。

現在渦中の当事者のHP
 当該の人物は円海山もトピックの契機になった小説の紹介などカルト知識が豊富と羨望でああったが。・・・その情報の入手方法が、今後の展開によっては大いに幻滅するようなプロセスで無責任であったなら幻滅しえる事態でありなん。

 ともかく事実は明確に穏便なるなる当事者間のやりとりが望まれる次第にて候。

 いやはやかつて某現代音○ネガティヴキャンペーンで半生を過ごす作曲家y松先生や後進の育成に邁進して自身の活動ををブログにてご教示いただける鎌倉スイス先生がブログで嘆いている、正論の作り手への報酬、そしてオリジナルの名誉へ寄与が疎かになることへの危惧はこの辺で目に見える状態になっていることは明白にて候大いに憂鬱は八分音符台か16分への逼迫へ変わりつつある。


ちなみにとうブログは密かに
面白い漫画についての四方山と評論があり、いつぞやの森薫氏のエマにおいての「ひとさらい」とヨーロッパの「ユダヤ文化」の扱いを巡る問題など、漫画のなかの文化背景や血脈などの示唆に富んだ指摘もあり、非常に読み応えある内容で埋め尽くされている次第で、非常に推奨セルブログにて候。
青空やウィギでの譜面なそして廉価での配信など、情報が物凄い速度で経済を超えてやり取りされつつあるご時勢だが、
 さてこれを読むと、たわごとお許し願えるとして、某現代音○ネガティヴキャンペーンで半生を過ごす作曲家の高説する漫画選が自己満足の薄い開陳見えてくるといえば、とても円海山は意地悪だが・・・・あまりにあれで人に世紀ごとの漫画というには説得かけているような気がすると小声でつぶやく次第。
まあコンサートの曲目の紹介に曲目をくず呼ばわりような意地悪も許されるようなので・・あえて変に文化人ぶる前に本業極めてくれれば十分と、一過言(笑) 

憂鬱なクロッシュ先生

マニアはそんなに世間から認められることに酔いしれてはイケナイ(笑)ですよ。
[PR]
by dr-enkaizan | 2007-06-05 21:52 | 気になる・・・・・

クルマの形をした可動式リスニングルームてっこれでつか

iPodを載せた『ランボルギーニ』がApple Storeに登場


ーんの凄いものの片鱗を思わせる一行をあじわったような。
[PR]
by dr-enkaizan | 2007-04-09 23:15 | 気になる・・・・・

金ちゃんノドンといってみよう(w

あるいみお笑い北朝鮮より笑えそうな
a0007939_2162851.jpg

北朝鮮なんでも大図鑑―金正日将軍様生誕65周年記念
[PR]
by dr-enkaizan | 2007-03-23 02:18 | 気になる・・・・・

もう一つのアニメ「禿山の一夜」アレクサンドル・アレクセイエフ

ムソルグスキーの禿山の一夜のアニメといえば一般にリムスキーコルサコフの編曲をさらにカットしたストコフスキーの演奏のディズニー版が著明だが・・・・。
アレクサンドル・アレクセイエフのピンスクリーンによるグラデーションのアニメも、異様に早い、ノーカットに近い全曲に白黒のグラデーションにより生成される具象の動きと変化が、その概念的イメージより生成された妄想と幻覚のようなでダウナーぶりを示し非常に魅力的な次第。

どうも最近映像作品の集成が販売されておるもようであり。


a0007939_23332436.jpg
ニュー・アニメーション・アニメーションシリーズ アレクサンドル・アレクセイエフ作品集
非常に気になる次第
またようつべにも(最初のHは除いて置く)
ttp://www.youtube.com/watch?v=W7fGbZgth2s
として拝見できる次第ここに報告セリ。
追記てつわんこさんの一昨年のトピックでの演奏者への疑問と考察に答えるねたがどうも「通常は添えられないクレジッド」にあり・・意外にもイギリス勢の演奏!!?ロン響働杉
a0007939_1333258.jpg

[PR]
by dr-enkaizan | 2007-03-03 23:33 | 気になる・・・・・