ブログトップ

六国峠@ドクター円海山の音楽診療室-無用な営みの、えも言われぬ、この上なき喜び

drenkaizan.exblog.jp

カテゴリ:六国峠海の家「海が好き」情報( 7 )

ドクター・ペッパーのような・・・・・セル指揮クリヴランドの海

承前*
某ローゼスの全米無料配布大丈夫なのか、それゆえ必死なのかこのドクター。
*ネタもとの書き手の安易な今様引用に嫌悪とさっ気を覚えつつ、承前せよ
 某所でドーバーのスコア掲げて、「海」の聴き比べ?きっと、セルのドビュッシー海を聞こうとしている、明らかに、海の家に喧嘩を売ろうとしている(笑)明らかに、練習番号63番以下略・・・。

LA Mer (The Sea): Three Symphonic Sketches (Dover Miniature Scores)

Claude Debussy / Dover Pubns


 セルで聞くなら音友のせめて・・・・スコアでないと・・笑以下略

OGTー89 ドビュッシー 海 (OGT 89)

音楽之友社


 というわけで、久しぶりにセル指揮クリヴランドのCBS録音を聞く。
 海の家創設の頃に、招き猫で色々お祝いレス*と情報を下さったかたのおかげで、再発見できた名演奏であり、シャルルミュンシュやライナーと同じタイプの校訂修正方針**の特徴では録音バランスで理想的なのに、その地味な印象と、セルのドイツ物の印象が祟り、いまだ世間には軽視されている次第な、嘆かわしい状況ににて候。

ドビュッシー;交響詩「海」/ラヴェル;「ダフニスとクロエ」/亡き王女のためのパヴァーヌ@セル/クリーヴランドo.

セル(指揮)/クリーヴランド / ソニーミュージックエンタテインメント



 まあ、炭酸ある清涼飲料でステレオ初期の海の演奏を限ぎり比喩セルに、ミュンシュやライナーがコーラ・・・・、アンセルメはペリエと月並みな例えであるが、セルは当然海に関しては,
立場的にドクターペッパーのような気がしてならない今日、この頃各位想像の程。

 多少メタなので、少々演奏を・・・・・とりあえず仔細はここでは、多く語るつもりはないが、セルの演奏による、第二楽章「波の戯れ」の5:18以後でのハープの重音グリッサンドでの背景弦楽の重厚な辺りが、その他の演奏より、響きの層を重視した、当演奏の特徴を端的に現す次第。
  まあこの構築感覚がドイツ語圏で、音楽を深く研鑽したセルならではといってしまえるのだが。・・・・・・・またフランス表層愛好家に余計な先入観を与えかねないのこの辺で。

 *因みに、ドクターペッパーすきといえば、海の家創立時に猫で賛辞を頂き、早期にリンクしていただいた、斉諧生音盤志の斉諧生さんも確かお好きだったような・・・。

**現行譜面が出回っていない頃の当時のアメリカのオケ演奏*の多くは、二版目譜面に、矛盾の修正と初版の特徴を独自に加えている。63の三連音はあるが、セルは同じ、譜面にミュンシュやライナーのように独自の60-8小節のファンファーレは入れることはせずに、おそらく二番目の校訂譜面をなるべく忠実に演奏を行っていると想像される。なお同時期のパレーは現行譜面に近いものを演奏している次第。

、あと現行譜面の校訂の元になったと想像され、第一楽章のチェロの細分パートの一部をヴィオラに受け持たせる慣例を作ったトスカニーニや、それに追従していると思しき演奏家達は、例外的に現行の譜面様相で比較的早い時期に演奏している。多くは右上のリンクから海の家の本分へたどり着く事推奨。
 因みにドーバーのスコアは現行譜面の初期の版下改造の可能性が強く、現行決定は金に物を言わせれば、デュラン-コスタラ版が校訂報告多くの版や全国規模のオケの譜面の校正にあたり、網羅しており非常に順当であり、単にセルの演奏であれば、音友版のエディショナル・ペータが妥当であり、評論に譜面の相違誤認を防ぐことが出来る次第。なお全音はポケットスコアの初期に近い版下で練習番号62等諸々が初版や自筆譜面の特徴を示している。但し60-8のファンファーレはすでに削除されている段階

スコア ドビュッシー海 (Zen‐on score)

ドビュッシー / 全音楽譜出版社


[PR]
by dr-enkaizan | 2009-02-04 02:20 | 六国峠海の家「海が好き」情報

サイモンラトルの「海」他(1)

さて休止間に発売されし、サイモンラトル指揮ベルリンフィルのドビュッシー管弦楽曲集での「海」について言及。

ドビュッシーの誕生日でもあり・・・・・


 今回の音盤のセッションは2004年の後半になされたものが中心であり、曲目がパユの滑らかなフルートが一層アバドのときより、枯れてきた具合が素晴らしい、牧神の午後への前奏曲で始まり、二度目の提示郡の低音のトレモロ体感が心地よく、細部の表情付けの拘りは往年の演奏に+アルファーの視点を添えつつも、目新しさに溺れない不思議なラトルワールドの世界が静かなる爆発をする次第。

 オーボエの第二主題がでて盛り上がる部分でのテンポの自在感はドビュッシーのピアノ曲それが管弦楽でのそれと同一に地平にあること物語る。
ある意味においてはアンゲルブレシュトのステレオの62年ライブの名演奏の、説教臭さと古めかしい表情を取り除くとドビュッシーのパートの重層する構造をもっとも理解した演奏の可能性が大きい。スイス鎌倉さんの指摘するブーレーズ指揮ニューフィルの演奏が、lその欠点としてオケの旧態を処理しきれないで、それを解説した演奏と好対照ともえいえる次第。

ぜひ!かのトピックは読みながらラトルを拝聴することは必至にて候。


さてメインのドビュッシーの海は最初に六国峠的始点では

風と海の対話の練習番号60-8での弦楽への金管はなし

練習番号62は断続から連続のフレーズ

そして63は三連音のコルネットはなしで、トロンボーンのオクターヴ上をなぞる
という状態で
通常のでデュランの1909-38の演奏会用スコアの新校訂である

 ラトルはもしかするとこれをさらに、エディショナルペーターのマックス・ポマー校訂の旧版肯定な(1971年)姿勢を妥当すべくリファインした1997デュラン・コスタラの全集版譜面を演奏譜面に反映させた可能性がある。

 演奏の詳細は後ほど語るが、一口に言えば、近年フランスか交響的的などちらかの拘りで括られた演奏が多い中、両者のどちらにも属さない、ドビュッシー作品としての追求を行った演奏がこのラトルの海ではとも思う所存。

 そしてバレー「玩具箱」(ドビュッシーの指示に基く後述のキャプレ編曲)にも、それらはオマケのドビュッシーのピアノ曲前奏曲集1-2巻から三曲を抜粋して、あの冥王星で一躍話題になったコリンマシューズが管弦楽に編曲した「三つの前奏曲」でのピアノ曲の編曲(*)という視野を越えた、内在する心象風景を再現しようとするコンセプトへの拘りにも一貫しており、今回の色物は逆にラトルのドビュッシーの音楽への、明確な骨のある見解をにおわせるもの。

前奏曲集第一から西風の見たもの
とくに管弦楽に編曲すると、ペレアスの修羅場にいたる場面や、海の第三曲と同じ音楽発想の血脈もあり、さらにサラバンドやグラナダの夕暮れの頃か愛用している、未解決の二度音程を並行する書法が、実に目立つ聞こえ、イベリアのスケッチ帳に書かれたとされる、同曲集の「沈める寺」当りとも符合する、前奏曲集第一での書き癖のようなものを体感できる。

前奏曲集第二から「枯葉」「花火」
前者は、ラヴェルのダフニスの間奏曲にもある、エリックサティーの星の息子あたりの、ソノール的な和音)の語法消化の痕跡があるような、四度累積の和音を展開して、緊張度の高い状態で平行移動(ブーレーズ言及)したり、特殊な狭窄音程の伸縮を含む旋法と、次の曲にもあるストラヴィンスキーのペトルシュカで多用して、ホルストなどが注目した対比する関係の和音交差
が第二集を貫く書き癖であり、これも見事に管弦楽で体感でき、時に、ドビュッシーの自身のアッシャー家の崩壊(未完)とそっくり所や、ストラヴィンスキーのペトルシューカなどを彷彿させる面白さもある。

追伸:タイトルが「早坂」している右脳な舞・左脳な迷さまより、最近誰も相手にしない「海の家」について「血が騒ぐ」とお褒めを頂きました。
恥ずかしいやら、嬉しいやら・・・・有難うございます。トラックバックしたのですが、パワフルゲート失敗の子ナナのようにはじかれておりますので、てめいのブログでお礼を申し上げます。


(*)追記:ドビュッシーの前奏曲の編曲といえばビュッセル・キャプレの編曲にストコフスキーなどが管弦楽として知られているが、前記事「MOOG」に関連するところではあ他の有名な編曲をこえた「次元の原曲の世界の延長」なる冨田シンセ作品に数曲また旧ソビエトメロディアにシンセアーティストのLPを目撃したおりに曲目に「帆」の編曲があったような気もして、70-80年代のモスクワ放送でニュースの合間の音楽に流れていたのがそれの流用と思われる不確かなものまで記憶される。(この辺追記ゆえでおかさんのブログへTB)
[PR]
by dr-enkaizan | 2005-08-22 23:49 | 六国峠海の家「海が好き」情報

これはもう呪詛符のような・・・・・・命削れるアンダンテ


a0007939_0592874.jpg
 さて古から一寸前までの貴重な音源を発掘して丁寧な体裁と出しにくい、ブックレットと;一体になった分厚いCD紙ーケースにいれて「アンダンテ・レーベル」が今度は六国峠的な人々へコアな音源をリリースする次第。真っ黒なので業者が同封している日本語紙を詳細を兼ね・・・・提示ス・

a0007939_0595320.jpg


これの二枚目に我が六国峠にたいする悪意すら感じる内容。
一枚に海の演奏が三種類・・・・・・・・もはや正気の沙汰ではなし・・・・・。
さらに狙い撃ちするかのような・・・・・海のスコアが死後のまとまってきたとされる1938年の再販前の時期の録音がコッポラの演奏で収録。

音質はモノラルでSPゆえに最悪ながら、その状況は資料的価値が高いもの。
さらに1950トスカニーニの放送のライヴと伝説のデゾルミエールのチェコフィルとの録音がありそれも後述の問題での相違が興味深い次第。

「六国峠@海の家」名義で当方が続け開陳している、海の第三楽章の終始部のいくつかの詳細の演奏ごとの相違の由来は、海の出版譜面の校訂が演奏会用とポケットスコアで異なる校訂経緯をふまえて、いくつか存在していることにある。主に1905の初演その後に、で60-8小節のファンファーレ(合いの手)が無くなり、この段階で版下でかなり早い時期のポケットスコアが出版される、これの版下が旧版として権利切れを受けて、現在オレンブルクと全音スコアの元になり、シルヴェストリの録音がこの状態に符合する特徴を示す。一部のリリースのクレジッドで1905初版と表記されるのは恐らく、初期の譜面の使用として当ポケットスコアを根底にした可能性を示唆する次第。

ファンファーレ削除のあと1908のキャプレの編曲あたりで62のフレーズが最初から連続から準備を行う形に整合される。その後1909の時点でドビュツシーもしくは出版元デュランは、練習番号63に対してポケットスコアと演奏会用譜面双方に異なった状態を提示反映させる。さらに死後20年での1938の再販時点では、ポケットスコアと既出の演奏用譜面が異なっており
その再販の版権切れを受け、1970年にマックスポマーが1938ポケットスコアを注目し校訂、同時期の演奏譜面が譜面を見る上で1983年ドーバーで利用した節がある次第であり、丁度コッポラの演奏が1938年前の録音であり、この時期の現行の演奏様式であるファンファーレ(60-8)と準備アリ(62)三連音フレーズ(63)が確立していたのか?そうでないのか興味津々であった次第でもあり、前回のCDリリースで期を逃してた身では朗報でもあった。(涙)その後デュランはポケットスコアも管弦楽の演奏譜面と整合性をとり再販、現行のスコアでは版下ミスで第一楽章の終始線なしの状態が続く、近年デュランは全国に散らばる巨匠たちに書き記したドビュッシーの書き込みスコアおよび著名オーケストラの譜面を集成して1997版を作り現行で今日に至る。

 契機のなった質問をなさった久保氏近年の六国峠盟友の山岸氏の梅沢氏やムッシュS氏にランガーナータン氏ストロング小林少年氏らのご報告や、資料提供受け、演奏用スコア譜面一式は1909で現行状態が確立してのではという結論になりつつあり。1935年でのトスカニーニのイギリスでの記録などもあり、さらに古いコッポラも実に音質によるパート欠損の余地は残しながらも現行の状態と判明、より演奏用実用譜面と学習用ポケットスコアの1909相違同時進行が要因という仮説にまた一歩近づく。

 そして現行状態やパート補強の提案をしたとらえられる、トスカニーニの1950の録音と同時期のデゾルミエールの状態が1938のポケットスコアの状況であり、ポケットスコアを下に現行譜面にアテンションしたか初版のパート譜面が紛れ込んだかの事態が考えられるが、恐らくは前者の状態が考察でるが、さらに当演奏は検証は必要と感ずる次第でもあり。

しかし・・・・高いよ・・命が削れるよ・・・・アレグレッシヴなリリースなのにアンダンテとはこれいいかに?

追記こちらあの「おか」さんがブログ参入を

20世紀ウラ・クラシック!<最新版>での紹介

密林にも登場(2005/5/3時点)音質は・・・・・
Debussy: Orchestral Music
Benny Goodman Gaston Hamelin Claude Debussy Arturo Toscanini Désiré-Emile Inghelbrecht Fritz Reiner / Andante
ISBN : B0007MR0XQ

Nobumassa Visionenobumassa.exblog.jp
mizo_electricさんの紹介
Claude Debussy(ANDaNTE)
[PR]
by dr-enkaizan | 2005-03-30 02:16 | 六国峠海の家「海が好き」情報

フロマンのドビュッシーに目覚めた人がまた一人


a0007939_21554263.jpg
RSS(訂正)にて我捕捉せり

フロマンのドビュッシー

クラッシク招き猫ではもう数年前にドビュッシースレッドで話題になっていた「フロマンの選集」
今度の発売では海外の日本語対応「エロサイト」(*注1)のようないかしたフォントによる危うい日本語のロゴを引っさげて二つまとめてお買い得で登場の模様。

(注1*)もうブラクラ寸前のスプリクトでエロリンクが窓バカバカ開く、閉じてもまた開くような、あるいは思わず米国国籍を取得しそうにもなる

今回は今が旬の音楽ライター山尾先生も「本誌著者も昇天」よろしく「初体験」痺れまくってるご様子。

 当選集は山尾先生の解説どおり、ロンデックスとのサックスの狂詩曲と、道楽息子の行列と踊りそして、ガイヤールの四手スコアからの編曲「バッカスの勝利」(単曲ですよ組曲でなく)でとてつもなく珍しいと言う曲目の付加価値とルクセンブルクの超アレな技術によるフランスのローカリティーあふれる代表曲の収録具合がある種の「危うい」刺激的な魅力を放つ。

a0007939_21582087.jpg


先生とりあえすこれ刷って張ってください。(笑)

    , ⌒⌒ヽ
     リノヽ、卯) 彡
     ,9、゚ ヮ゚ノミ ?  てっこれは親切なのかしら♪
    ⊂ミi本iミつ旦
     ノ(_リ_)
     `しン′


まあ例えるなら・・・・ 地酒を探訪していてオラが村の「養○酒」だと言われて飲んだら、おもっきりニガヨモギでハルシネレること確実な「アプサン」だったような感じでしょう。(わかんねぇーよ)

ようするにお茶漬け宣伝風には・・・・・・

 想像してみてください「関係ないところ加速爆走する「聖セバスチャン」なんてもう・・・・・・・・眩暈が」
a0007939_2203859.gif

なお「海の演奏」はそれなりに面白く、興味あるのは
当方・・ドクター円海山@熊蔵のメイン悪行のサイト「海の家」の
此処1
此処2(画像)
此処3(近代イギリスギャグ配合のアフェリナ思春期冥土へようこそ)の順の趣旨では意味深い音盤にて候。

 なにしろモントゥーやマデルナあたりの演奏と譜面詳細(*2注)が似ているゆえに、初版1905譜面での演奏と考えられる演奏にて候

(*2注)自分の書いた記事が出ているネタをさりげなく掲示板に振るほどお茶目ではなく、この話で、未校訂状態の走り書きみたいなものをいちいち紹介するのはよくいるネット団塊人みたいで少々「アレ」なんですが・・・・・そんな、あなたの海の家かもしれません

 いくのが「めどい」さんに説明すると、はまあ練習番号60-8小節の金管の合いの手と62でのフレーズの連続がドビュツシーの連弾版や1905初演譜面と一致して63がコルネットで三連音のフレーズを吹くわけです。(もうこれでこなくてよくなりましたね・・・素)

さて皆様も痺れくださいまするよう御願います。

いや

      ___    
    く/',二二ヽ> 
    |l |ノノイハ))  先生に準じて買いやがれですーッ!!!
     |∩#゚⊿゚ノ∩
    ノ l_|(l_介」)丿 
    ≦ノ`ヽノヘ≧ 
.   ミく二二二〉ミ


山尾先生、とっても高機動なメカ山尾先生(うさ耳モード)、お忙しいなかブログで楽しい記事をいつもありがとうございます。
今回の記事はどちらでしょうか(ぼかすかほかすか)・・・(笑)失礼しました。

追伸エミルコウの「春」ネタではいろいろ言いたいのですが、またいずれ。

ドビュツシーあり地獄へようこそ
[PR]
by dr-enkaizan | 2005-02-02 22:08 | 六国峠海の家「海が好き」情報

新規リンク  CD芸術 Classical Music Review

CD芸術
芸大のならでは音盤評が中心で論調に敬服
海の聞き比べは海の家より役に明瞭で立つかもしれません。

以上熊蔵
[PR]
by dr-enkaizan | 2004-08-16 20:43 | 六国峠海の家「海が好き」情報

ドビュッシー「海」/アバド指揮続報!

マーラー「復活」&ドビュッシー「海」/アバド指揮
a0007939_15131939.gifa0007939_15133015.gif
かなり個性的処理も期待できる可能性大購入は「密林の果実が熟す前」にか?
関連1
関連2

海の大雑把な代表イタリア系指揮者の録音履歴

モノラル時代トスカニーニ サバタ カンテルリ

からはじまりステレレオの録音などになってから

マデルナのライヴ(62の連続を除きアバドの状態に譜面の使用状態が近いのでは?)

ジュリーニの3度の録音の間に

ムーティーがあり

今回のアバドということに。

次はシャイにでも期待したいところ。

追記:マデルナといえばよいよ「某氏曰」(笑)くこんなノリだけの文章で許してくれる(笑)上司だったらいいーなーのネット上司ストロング小林様ご提供の「海」情報もよいよデーターに入れないと・・・暫くお待ちを。
[PR]
by dr-enkaizan | 2004-08-14 12:26 | 六国峠海の家「海が好き」情報

アバドの《海》 の使用譜面はミュンシュタイプの折衷状態を採用?

■ アバドの《海》
■ムッシューS(205) 投稿日:2004年8月6日<金>08時23分


アバド指揮ルツェルン祝祭管弦楽団のCDを入手しましたので、とりあえずマーラーは置いて《海》を聴きました。ざっと聴いた限りでは、かなり興味深い盤であることは間違いないと思います。正直言って、ベルリン・フィルの録音では(リンク先へつづく)

さて裏アオでの2003頃に温泉好きさんや IANS さんのレビューにあった「海」がついに正規の発売になりました
さて近日購入予定でありますが、我が恥ずかしいタイトルの掲示板「海が好き」に
ドビュッシー論客で海の家のコンテンツに多大な協力ヲ頂いているムッシュSさんからファーストレビューのご報告が届きました。

 さて円海山@熊蔵で「海の家」と言えば馬鹿の一つ覚えが天下採ったように例の問題の箇所ですが、今回のムッシュSさんの報告から照合すると・・・・・
>この盤は「合いの手あり、三連符あり」の録音です
練習番号60-8問題
練習番号63問題

>62の問題の箇所は、興味深いことに「断続」を採用していました。

練習番号62問題

これらのことからアバドの演奏での譜面の系列は音盤の分類からは

状態2.5+ファンファーレ=便宜上ミュンシュボストンタイプ?

となるようです。
[PR]
by dr-enkaizan | 2004-08-12 22:24 | 六国峠海の家「海が好き」情報