ブログトップ

六国峠@ドクター円海山の音楽診療室-無用な営みの、えも言われぬ、この上なき喜び

drenkaizan.exblog.jp

作曲家田中公平氏のブログにて

承前あらかたはネットで言い尽くされた事柄なれど、自身もそれを踏まえつつ敢えて公言する意図は、昨今の某団体への勧告などが関連しているのかとも邪推するものなり。
 配信の規定に柔軟に対応しないうちにビジネス・チャンスを逃し、不正な者たちにかいくぐられてしまう制度には、音楽の作り手もいらだっている証拠似て候。
 昨今イベントや関連する諸事のイメージで売られがちな音楽だが、音そのものを知らしめることは旧態依然に近いのは確かであり、コンテンツの充実や正確さはいまひとつであるのも確か、唯一NMLが壁に挑戦しているが・・・・もう一つでありなん。詳しくは承前を。
[PR]
by dr-enkaizan | 2009-05-16 00:17 | クラシック
<< 何でもあり時代の終焉かも・・・・。 市民メディア以前に、会社として... >>