ブログトップ

六国峠@ドクター円海山の音楽診療室-無用な営みの、えも言われぬ、この上なき喜び

drenkaizan.exblog.jp

客の要望に応えて○○を選ぶ手助けをする、○○専門の給仕人

 まあそれがあの四文の字であり、教養や感性が大切でな次第。
 祭事の場に遊ぶ時の己と、主催者*のネクタイにいたる服装や、侍る様を、開陳するだけなら、敢えて言おう、それはむしろ四文字ホ○○スか太鼓持ちと。

 まるで北の亡国某国のマンセー放送のようなあるいは、以下略

 まあこれも宴には必要不可欠な生業であり、たゆまぬ努力の成果であり、一概に卑下したり無碍にできないのは確か。 
 それが、仲間内や、表層に評判にても、対象物に対して幸いか、文化なのか熟して考慮すべき。

 物事は末永くは、調子に乗ると足元が以下略・・・

汝 。真の顧客は場の酔狂ではなく、音楽への熱狂を欲していおるのだ、・・・といいつつ、良いんですけど、個人的には萌ました次第にて候ww。
任せられた信用への印象に対してという自覚の問題のお話。
プライベートなもので何書いてもといえばそれまでのお話。

 それともクライアントははかのインフレーションを狙っているとでも・・・・まさか・・・・まさかかな?現場大変そうで、雨に負けないこと願わん。
 色んなところで傘を差す必要もお忘れなくww・・雨は戸外だけで降るものではなくネットでも降り注ぐ。
これはエールと聞こえうるか、上等と感じるか、否か聞くもの次第似て候。

 正直箱の装丁でなく、聴かれる音楽を語ろう。
かの職種では一途に瓶の中身を語ってこそでは。背景はそれからのお楽しみ。そして臭いを嗅ぎ別ける感性は、大切だが・・・適切な場で働かせ以下略
くれぐれも異見故、大多数の支持を十分得ている祭りへの、さらなる、くる顧客獲得の向上を切に願わん故の。
 正直こればかりは・・つづいて個人的に少々アレだが・・・・なにか鼻につくのは何故だ?モラルファザード過ぎても如何な物ではあるのでこの辺で。ちゃんちゃん

リア王 (岩波文庫)

シェイクスピア / 岩波書店


よのなか一人ぐらいコーネリアス。
a0007939_2011554.jpg

追記・・・本来、まあくだけていて、華やかな場の利かせは、ノンノットということで。嗚呼・・・知っていてもネクタイ結びは苦手ずら・・涙。大概はブランドに目が行くが・・・本来の要は巻き方だといわれ、その辺でよく突っ込まれたトラウマが・・・・嗜み下手な己であった次第。まあ厚顔は時には薬にも毒にも・・ピングが真上に何でそんなタイミングが・・・・・またバチがあたった、多謝
*の周辺バイザーの意を大雑把に表記・・御幣なきように
[PR]
by dr-enkaizan | 2009-05-05 19:04 | 雑文
<< 評論でもなく友達でもない透明な...  「サラリーマンNEO」ディレクター >>