ブログトップ

六国峠@ドクター円海山の音楽診療室-無用な営みの、えも言われぬ、この上なき喜び

drenkaizan.exblog.jp

世の中は冒されるのに「どんな熱か」を?選べない人も居る事実

 本日所用事の帰路、 駅にての観光客や諸事の人あふれる、ラッシュのホーム似て、日本のチームの青いサッカーのユニフォームを着てはしゃぐ小さい、外人を含む、一団がありて、周辺の引きと迷惑を同団は感じていないという、お定まりの情景に出くわす次第。
 
 どうも自分の趣向の諸事に置いては、団体同士は寛容になり、あまり周辺への配慮の感覚というものはなくなってしまう物なんだと言う、自らも含め再度感じてしまい、一種の同属嫌悪に近いが、なんとも嫌な気持ちにさせられた次第にて候。

 ことさら、同様で、それが祭りのような、晴れがましい場所になると、ある種の言動に、逸脱とか不謹慎が生じることが多々あり、さらに色々とその上記の問題点が、本人の純粋な思惑とは別の方向を思わせる、リスクヘッジを生み出しているのは、己のかつての掲示板での失敗も含めての上で、とても微妙な感慨にならざる得ない。

 良い意味でのサッカーのフリーガン宜しく、己の熱狂を分かつべく、世間の不安や憂鬱を乗り切ろうという好意での、意気と元気と勇気を鼓舞する、そんな祝へ望む心著しい、コピーだが、語句対象が、二つの街の熱狂とは、同義かはかけはなれ、それをよそに、、遠い不運で不遇な人たちに、最大の不幸*をもたらした事であることを思うと、多少、それを見過ごすことがいいのか悪いのか、悩ましい限りにて候。

さらにそれは今、人類にものしかかる何かにもなりつつあるのは確かだ。
追記リンク真偽不明なれど・・・・こういう英語も訳があると・・・以下略
 あの祭り+については、つぶろぐではネガティヴなる感情を記したが、決して楽しみにしていないという訳ではないのだが、楽しみ方ありきで、こうした上記の事例を見るにつれ、感情のインフレーションという状況で全て受容する意味合いが?・・その事例にとって幸か不幸かをいう価値はその後検証されるべきではある、むしろそれが一時代を代表する事例になったのも確かにてござ候。
ぜったい、参加者の良識的行動をもってという条件で継続はされるべきには違いない次第。
それが・・・・ことさら情報取得におわせになっているところで、多少アレだと辛い、書くべきか悩んだ。悩んださ・・・。
妄言多謝いやはや又あちこちスルーされるなwwこれは。

*情報が多少周知なのだと思うが、ウイルスが今回猛威をふるった要因の背後には、社会的要因が取沙汰されている。
+なお熱狂が悪いのではないので御幣なきように・・それに組み合わされ、個人ベースでの病原体のほうがという話

 まあネット全体がハブ広告状態になるのもアレなので、一つの異見として愚考セリ、ともかくみんな人類に有益なる熱狂の心が、悪き不安を駆逐する熱に変わらん事は信じている次第。
しかし24時間TV化救済展開は禁止ww
各位万全の体制で熱狂に参加、報告セリ、ワレ全裸待機するものなり。
[PR]
by dr-enkaizan | 2009-05-03 01:25 | クラシック
<< 遮られた休息 ひらがな4字で「!」蔵的には? >>