ブログトップ

六国峠@ドクター円海山の音楽診療室-無用な営みの、えも言われぬ、この上なき喜び

drenkaizan.exblog.jp

今回取り上げない奴らは、所詮以下略。

さて件のパリ編のアニメの放映が始まった次第にて候。
かねてからこの作品には、一部肯定ながら、多くの部分で否定的であり。
それを話すと長くなるが・・・この作品の真骨頂はこのパリ以降にあるのは確かであり、作者の更なる取材や情報取得と作風がよいよ一致し始めるあたりを楽しむのが、本来のありかたなれど、どうも一般蔵人系の食いつきは、ドラマでのパリ以降以来悪いと所見さるる次第にて候。
 これを読んであわてて取り上げようが、そうでないも、結局多くのサイトが、アクセスほしさ、掲示板での話題づくりに「さも面白いですかのようなこと」をこの作品の表層を浚って語っていわけという構図が見え隠れ知る次第にて候。
 このアニメの巴里編の放映にして、各位は冷淡で、かつて強引に紹介記事を割り込み、ものすごい軽薄な文面で記事を書き、その号の圧倒的部数を売り上げた雑誌・・・にはじまり、大手の音楽ライターの文面の単語を散りばめたさも熱烈なレヴューそれ自体、作品を何かの目的や顕示欲の小道具にしていたのではという疑いすら感じられる。
 本来それほど熱烈なら・・・グラビア扱いや製作者への取材を某雑誌なら敢行してもおかしくないのだが?それはサブカルチャーへのある種の視線や、その文脈の難解さも要因にあるのも否めないが、この潮の引き具合とチェックの甘さは・・?突き詰めると上記構図であるのは明白にて候。
 当該者のむしろ同胞氏らの、その善意のサービス心かはたまたで、無理をして浅い洞察で騒ぐ醜悪な身振りを見ないで、静かに、私の某カンタービレを考えることができて幸いな次第にて候。


実際アニメもサブカルチャー的な補足がなされており、これは蔵人は明確においてかれているのが痛快であり、なるほど表層の蔵というだけで話すにはあまりに未知の要素(*)があり、実はこの作品が蔵向けではないところにも面白みを付加できる論点もこの際、各位は認識して、慎重にそれを知る機会にもしてほしい次第似て候。

これから騒ぐ大手ライターやブロガー諸氏のその辺の認識もどれぐらいかはおいて置いて・・・・
蔵の希望の火のように騒いでいて、いきなりスルーということに、その事例に対しての深度が知れ、このブームは所詮以下略だったのは確かであり、これからが本当の正念場としてついてきている各位健闘を願わん。





*さて今回第一話の見所がフランクのオタクが強化されていたのだが・・・・・
原作に近い時点での、フランス語版プリ以下略が笑いどころといわれているが・・・・。
さて本当の笑い所はこの辺で・・・・これは蔵人はついていけない強化振りに我戦慄せり。
a0007939_08357.jpg


a0007939_092473.jpg


 プリント柄やフィギュアで表現される、この赤い長い髪のセーラー服を着た小さい少女はライトノベルからアニメ化された
灼眼のシャナの主人公シャナであり、そのアニメはU局放映の一期の好評から、灼眼のシャナ I
/ ショウゲート
二期はV局のTBS系で放映された、現代のアニメの文化の隆盛の現象、そして商業姿勢を代表している次第でありり、これをフランクへ組み合わされているところは非常に、今のオタクらしい小道具ぶりででありなん。

原作 
灼眼のシャナ (電撃文庫)
高橋 弥七郎 / / メディアワークス
ISBN : 4840222185

 たとえばこの原作ライトノベルの挿絵でシャナをデザインした、イラストレーターいとうのいぢは同時期に、こちらも千人やタコ7チャイ4ダフクロ第二の使用(+)で、蔵的に騒がれたアニメ「涼宮ハルヒの憂鬱」、
a0007939_0285184.jpg

(限定版アニメDVDのジャケはいとうのいぢ)
涼宮ハルヒの憂鬱 1 限定版
/ 角川書店
ISBN : B000FBG0NK

涼宮ハルヒの憂鬱 6 通常版
/ 角川書店
ISBN : B000FBG0QM
(-)最終回でのマーラ以外の当該する内容の、11話射手座の日と、リアルなバンド演奏の器楽演奏描写が評判の12話ライヴアラィヴの音楽系に話題ある話を収録
の原作ライトノベルの挿絵を書いており、なかなか双方興味深い、シンクロニシティーでありなん。

なおさらに中の人など含めて突き詰めると・・いろいろきりがないのでこの辺で。
この辺がアニメ層に笑いの壷になっており、製作者も蔵人受けばかりを狙っていないので、小道具の文脈もなにか注意が必要な予感も無きにしも非ず、まあシャナはたまたまアニメと原作をおっていたので・・・・であるが・・・あなおそろしや。
 
[PR]
by dr-enkaizan | 2008-10-23 00:30 | クラシック
<< ジャン・フルネ死去 7億円のイモ? >>