ブログトップ

六国峠@ドクター円海山の音楽診療室-無用な営みの、えも言われぬ、この上なき喜び

drenkaizan.exblog.jp

おりしもトーマスのサロメが・・・・Nice boatある意味正解

アメリカのオーケストラのプロムスのライヴがあり、本日業務帰りのカーステで拝聴・・。
ティルソントーマスのサンフランシスコの演目で、サロメとショスタコービッチの交響曲五番。
トーマスの円熟はかなりのものであり、シュトラウスのサロメのモノローグの狂おしい音響と旋律の渦におなか一杯状態であり、さらにタコ5のフィナーレのテンポのクリティカルな拘りにも注目され大いに興味深い内容にて候。
 さて帰宅後に昨今の事件の影響を受けて、高校生が殺害をする旨の描写のある問題を受け最終話の放映が地上波での中止が話題になった(*)UHF局の深夜アニメ
「School Days」
の衛星での放映が祭り状態になっているので・・・可能な手段で、内容を確認する、修羅場、刃傷沙汰、殺害、生首との恋愛成就なサロメ状態と構成され、アニメ史上嘗てな異様な状態を呈しているのを確認した次第にて候。
承前

もはや・・・猟奇事件の現場を目撃しているかのような恐怖と嫌悪感、そして唯一納得できる主人公の末路と、ヒロインへの哀れみと多くの、マイナスの感情を抱かせる内容にて候。

 正直心臓の悪い人間に、影響を受けやすい人、そして児童には、絶対成り行きの説明なしには見てはいけない内容であり、その事件以前にこの内容を不特定多数に視聴させなかったことは正解とも所見さるる次第であり、商業的にも話題を獲られる結果とも相まって、当然の成り行きだったのではとも思える内容でもある。

(*)今回放送中止にて指しえられていた風景番組の冒頭が湖畔か河川の遊覧船にはじまったことから実況者達から「Nice boat」と揶揄されており、その揶揄はおりしもその最終回もエンディングの一部に重要な要素としてヨットが登場する奇遇もあり、非常に意味深な扱いを受けている。

そのエンディング折りしもトーマスのサロメを聞いた後ゆえになんともいえない・・・

 当アニメ自体は放映開始時にR18ゲームでの画質を維持したアニメという評判に関わらす、主人公の恋愛概念の不遜極まりない態度が共感得ないところがあり、それでもハーレム状態ゆえに、幾つか用意されたエンディングには、バットとして前述に近い破局は原作にも存在しており、ゲームしているもの、していないものでの興味となっており、またグットなエンディングも容用意されているのに関わらす、ネット上では主人公に「死ね」の声が数々上がり、その恋愛感情を巡って論争が絶えない状況であり、かく言うアニメでの全容掌握での円海山も主人公の行動には反感を覚え・・・・(*)正直ついてゆけない内容にて、数回遅れでまとめ飛ばしぐらい当番組への確認していたのだが・・・しかしそんなアニメが物凄い纏め方をしているのに今回驚愕して次第此処に報告セリ。

*実際上記様な恋愛関係から身を持ち崩した実例を知っており事件に至らないもかなり悲惨なことゆえ、このストーリープロットはマルチエンディングなら可能だが、アニメに向いていないという感慨をもつに至る。但し誰もが事態を最善に導こうとしてあやまった判断で陥った不幸ではあるが、明確な強い意志があれば回避できたゆえに視聴には相当のストレスが付きまとう。

 はたして?表現の自由はあるが、実写のドラマの出来ない感情や事象の飛躍領域を、アニメが踏み込んでいる挑戦は今後何をもたらすのか深く考えても見たい心情にもなったのも確かな次第にて候。
追記
各所で地上波放送中止が肯定されている模様。
その纏めはこちらにあるゆえ、これが最大の理解しやすい内容。
School Days最終話 事件関係無しに地上波では放送できないような内容でした
因みにやはり見返しても「酷い」。
女子をまがいなりにも育てた、円海山的にも「誠氏ね」と言いたい。
 各位も出来うる手段で確認推奨。
School Days 第1巻(初回限定版)
/ エイベックス・エンタテインメント
[PR]
by dr-enkaizan | 2007-09-28 02:07 | つかの間の再開
<< メディアが草の根を見る目はいつ... 異例の売れ行き「初音ミク」にみ... >>