ブログトップ

六国峠@ドクター円海山の音楽診療室-無用な営みの、えも言われぬ、この上なき喜び

drenkaizan.exblog.jp

異例の売れ行き「初音ミク」にみるクラ的展開

承前
引用
人間の声を元にリアルな歌声の合成音を作ることができるヤマハの技術「VOCALOID 2」を活用し、クリプトン・フューチャー・メディア(札幌市)が企画、制作して8月31日に発売した。Amazon.co.jpでは1万5750円で販売しており、ソフトウェアランキングで9月12日現在1位をキープ。異例の売れ行きで、生産が追いつかない状態だ。

要するに歌詞を歌ってくれる歌手もMIDIで制御できるという次第にて候。
そしてこれを音声元の声優の可愛い声、そしてイメージ映像キャラを添えて販売する戦略が見事に成功した、音楽創造系の明るい話題。
a0007939_0505623.jpg


 それは画像配信「ニコニコ」「YouTube」にて評判が広まり、これらがクリエイターの発表の場としての意ならず音楽制作ソフト市場を活性化している状況にある次第にて候。(*)

初音ミク HATSUNE MIKU
/ クリプトン・フューチャー・メディア
ISBN : B000VCZ75A
これをクラ的に展開を考えると、現状の素声で超絶技巧のクラ系の歌曲も面白いかもしれないが、ここはベンダー側への期待としてはバイリンガル仕様でベルカントにした商品を開発していただくも期待したくあり、さらにユーザーのクラ系の歌曲や未発表の歌曲なども挑戦する輩を期待してみたい。

個人的には初音にドビュツシーの噴水やラヴェルの五つのギリシャ民謡など歌わせたい。

*ニコニコでは一般ユーザーが初音に歌わせたネタ元の音楽ユニット(ave;new feat.佐倉紗織)が刺激され、本家としての威信をもって初音を調教して、ブログ上にアップした事例が凄まじく面白い。 キーワードは きしめん でニコニコを検索、プロがこれを器楽として使うとまたこのうえなく音楽的なるところも、この媒体奥の深さか?

追記
対にクラ的展開が現実に・・・・ミクラシック

さてさらにヴィラ=ロボスのブラジル風バッハの五番とかやる兵はいないのか・・・。

さて体験版をつけた雑誌がどうやらでるので・・・
初音ミクの新規購入を悩んでいる方へ
興味ある者はこちらを。
なお個人的にはブリーチ借用の長葱で有名な北欧トラディショネルな
イエヴァン・ポルッカがツボ

詳細に技術的な意見交換のまとめ
VOCALOID@wiki
[PR]
by dr-enkaizan | 2007-09-13 00:44 | 気になる・・・・・
<< おりしもトーマスのサロメが・・... 「樹海の木々」-三大バレー以外... >>