ブログトップ

六国峠@ドクター円海山の音楽診療室-無用な営みの、えも言われぬ、この上なき喜び

drenkaizan.exblog.jp

うーんヤニグロで胸キュンが頭を巡ってしょうがありません。

a0007939_181460.gif

ATM-CD-1510 MOZART: Serenades and Divertimentos

たしかに拝聴
久しく聞かない様相のウエッドでカンタービレなる演奏。

円海山のころはちょうどホグウッドがブレークしており、古典の学術系がポスト主流になりつつあったころであり、往来の演奏が、古楽系の演奏の前において、なにかネガテイヴな印象を持たされ続けた微妙なじきであり、硬いことを考えずにモーツアルトの作った豊穣に熟成した演奏伝統で音楽を楽しむという概念で聞くことを久しくしていないことに気づく次第にて候。
 この化石は化石なれど一日してなったものではない。





妄想ですよ妄想
a0007939_249924.jpg


a0007939_2493363.jpg

[PR]
by dr-enkaizan | 2007-05-22 01:08 | 康代さん
<< さて初夏近し日にはジョンゲンなのか チャイコフスキー:ロメオとジュ... >>