ブログトップ

六国峠@ドクター円海山の音楽診療室-無用な営みの、えも言われぬ、この上なき喜び

drenkaizan.exblog.jp

ヒナステラ:交響的三連画「オランタイ」他

NMLでヒナステラ(アルゼンチン1916-83)の狙い撃ちをすると非常に成果のあることに皆様はお気づきであろうか?
a0007939_2475087.gif

GINASTERA: Ollantay / Pampeana No. 3 / Jubilum
FECD-0015 ヒナステラ:オランタイ/パンペアーナ第3番(田園交響曲)/ユビルム
 初期のささやかなる集大成で、書法の円熟の兆候が著しい交響的三連画「オランタイ」の初録音に近い初期の録音が収録されおり、このほかにピアノ協奏曲のころの現代音楽の実験的テイストとリズムある野蛮なリフが交差する世界に近親ある「ユルビム」はステレオで収録されており、非常に熱演しだ、前者の第二曲の野蛮な低音弦の刻みに、短三度を核とした、バルトークのようなペンタトニックの土俗的主題がコラージュされる次第に細胞的発展を繰り広げも盛り上がる様を早いテンポで一気に描くのは、ルイヴィル管弦楽団という余り知られないオケの力量をコントロールするジョセ・メスター(Jorge Mester)の楽曲の理解度の深さであり、メキシコやアルゼンチンがヨーロッパから戦災を逃れた音楽家がそこで音楽並びに教育活動を行った(*)故の土壌化ともふと愚考する次第にて候。
(*)「オランタイ」なども、南米の山岳地帯の民俗を題材とした楽曲ながら、初演は独逸からアルゼンチンへ亡命したエーリッヒ・クライバーによりその初演がなされているなども象徴的な一例

またパンペアーナ第3番と言うヴィラロボスならショーロスに相当するヒナステラのライフワーク的パンベアーナ名義の連作の一端も、モノラルながらあり、これも中々優れた表現を提示する次第。
さらにこれと酷似した曲目でブリッジレーベルからも
a0007939_2584268.gif

BCD9130 ヒナステラ:オランタイ/パンペアーナ第3番(田園交響曲)/エスタンシア
GINASTERA: Ollantay, Op. 17 / Pampeana No. 3, Op. 24 / Dances from the Ballet "Estancia"


がありこちらは代表曲エスタンシアに、たしかマーキュリーレーベルでのイーストマンオケの録音でハンソンの録音である「ファウスト序曲」の新録音が収録されている次第。
当序曲は一音のユニゾンから五度の累積の交差にはじまり、エスタンシアのような六拍子系の行進の主部を持つ機知に富んだ楽曲だが、余り知られていないのが残念な楽曲ゆえ、新録音は大変嬉しいしだいにて候。

さらに
a0007939_313988.gif

CHAN9094 グリエール:コロラトゥーラ・ソプラノ協奏曲/ハープ協奏曲(ハルス/マスターズ/ヒコックス)
GLIERE: Coloratura Soprano Concerto / Harp Concerto / GINASTERA: Harp Concerto
があり、当曲はハープという楽器のギターに通じる撥弦律動に着目した土俗性と神秘性を前面意押し出した問題作であり、非常に南米の熱気溢れる曲想にてハープの優雅なイメージを逸脱させるに十分な曲といえる次第。

このほかに
a0007939_342776.gif

8.557582 ヒナステラ:バレエ音楽「パナンビ」/「エスタンシア」
GINASTERA: Panambi / Estancia (Complete Ballets)
コニファーソサエティーからの移行販売で当初ヒナラーの間で初のパンビナとエスタンシアの全貌を知る音盤として、その秀逸な女流指揮者の演奏とともに、重宝がられた経緯を持つもの也。

歌と語りを交え途中未知の楽曲を交えたエスタンシアは当時全曲ピアノスコアを見て想像してた円海山にとっても、実際に管弦楽で繰り広げられる豪快な音楽に感嘆し、さらにグーゼンスの組曲でしか聞いていない「パンビナ」のラヴェルとバルトークの影響がさらに全曲にわたっていて、ヒナステラが消化していたことに、感心したしだい。

圧巻は組曲未収録の「ロデオ」の場面で六拍子(修正:五拍子らしく聞こえる)の豪快な音楽続き、ちょうどジェリー・ゴールドスミスの映画音楽に通じるオスティナートとメロディであり、当初ピアノスコアのころから目をつけていた楽曲であるが、このクライマックスは組曲からは想像しない次第にて候。

追記:鎌倉スイス先生の所では鍵盤音楽の音盤が紹介されておりいずれにしても、ピアノ協奏曲のELPやエスタンシア以外のヒナステラも、今後意欲的CDのリリースやNMLを通じて、容易に広く聞かれる可能性がでてきたことを歓迎される次第。

この南米のバルトークの世界を皆様ご拝聴召され。
[PR]
by dr-enkaizan | 2007-05-02 01:47 | 解説のない音盤紹介
<< 新ナル就任先でフランス物のカテ... ニュストレム:北氷洋 >>