ブログトップ

六国峠@ドクター円海山の音楽診療室-無用な営みの、えも言われぬ、この上なき喜び

drenkaizan.exblog.jp

ヒンデミッドの横顔イルジ・ビエロフラーヴェク指揮チェコフィルのヒンデミッドの管弦楽作品集

NMLより

イルジ・ビエロフラーヴェク指揮チェコフィルのヒンデミッドの管弦楽作品集

 NMLの利点の一つには多作の作曲家の全貌とまでは行かないが、それでも個人の購買では敵わぬ量の作品を、拝聴できる点にある。

 むしろ本道はこれであるような気がして、ブログでむやみやたらにNMLにて埋もれた作品を取り上げて推奨したい気持ちも解るが、今一度多作の作曲家のアウトエリアをこの際探訪することを皆様に、いくつかある一つの道筋として推奨いたす所存にて候。

多作の作曲家といえば、最近すっかり珍妙な方面の作曲家にしびれまくってる(笑)、鎌倉スイス先生が先行してご紹介の、ミヨーとならんで膨大な量を誇る、独逸のパウル・ヒンデミッドなどがあり、NMLでも若干世相の不人気を反映してかマイナーレーベルでも扱い少なめではありなん。

 しかしながら、この際自宅の棚にマティスよくてウェーバ・シンフォニクメタモルフォーゼンぐらいしの諸氏には、誠憂い無き好機到来の機会(笑)ゆえに是非ご拝聴推奨にて御座候。



効用および服用例
a0007939_0483318.gif

二つの著明曲の間に挟まれた木管とハープのための協奏曲の、勇壮、明晰と辛辣とりまぜたアルカイックな、旋法的語法での多調と多義的な拡張された機能和声に基いた少々捻くれた旋律が、その器楽編成と楽しげな表情付けにて、心地よく患部にとどまり、あなたの「ヒンデミッド硬い」患部に留まりすぐとけて、症状を幾分緩和します。

 なお三楽章には、あの著明なメンデルスゾーンの「真夏の夜の夢」の「結構行進曲」のAメロBメロそしてトリオ断片配合、その意地悪な和声学の課題の正解に基いたかのような、対位法の実例みたいな伴奏がユーモラスで心地よく感じられ、拝聴時の違和感を和らげます。

なおこれで症状が改善しないで、もしくは重厚を不足と感じられるなら

a0007939_0491549.gif
FECD-0022 ヒンデミット:室内楽第2番/ヴィオラのための協奏曲/ピアノ協奏曲
Lawrence Leighton Smith, conductor
Louisville Orchestra
を併用してください。

ピアノ協奏曲 のフィナーレナのメドレーの、勇壮でモダンな律動的なる終止付近は、あなたを校風の坩堝に陥れます。

なお聞き過ぎは逆効果となるのでご注意ください。

さらにクラリネット協奏曲のオスティナートな第二楽章も推奨しますが各自自分にあった量を服用ください。
a0007939_1134631.gif

BIS-CD-893 コープランド/ヒンデミット/アーノルド:ベニー・グッドマンに捧げるクラリネット協奏曲
-Frost, clarinet-マルメ交響楽団
-Shui, Conductor
[PR]
by dr-enkaizan | 2007-04-19 00:36 | 解説のない音盤紹介
<< ヴィラ=ロボス:ショーロス第8... N珍妙なるML:ラヴェル三題(... >>