ブログトップ

六国峠@ドクター円海山の音楽診療室-無用な営みの、えも言われぬ、この上なき喜び

drenkaizan.exblog.jp

守れ「音楽の絶対零度」の戦い

さて前回のトピックにあるケージの
「4:33」は嘗て円海山@熊蔵の常連していた開示版「クラッシック招き猫」で同様の意見を、表向きの奇抜さから、自分の蒙昧を棚に上げた層での、現代音楽の実験的要素への攻撃にさらされ、そのつど現代音楽の擁護者たる者達によるRESで、時には蒙昧どもを「血祭り」にしたり(笑・・・別の意外な事例(*)で、双方ケージにあきれたりした事がある、論争を生むにはうってつけの曲でも御座候
(*)同一のコンセプトで時間を変えた曲をその後作っており、確信から、いきなり二匹めの泥鰌
 実際4:33は演奏者の周りの雑音を含めた意味での、音楽の静寂の追求上での、ケージの真摯な仮定と確信により作られた意図がありと所見さるる次第。
 もっともケージの数々の創意はステージパフォーマンスの奇をてらった点の表向きで、(*)
しばし諧謔的姿勢なのだと誤解されがちだが・・・それもやむなしなところもケージの人となりにはあるのは否定できない次第でもありなん。

 ゆえに、ピエール・ブーレーズは、確立的作曲においての、その作曲家責任を放棄したことに批判し、またフランクザッパはこの創意だけでなりたつコンセプチュアリズムを、ライヒらのミニマムミュージックとともに避けるべき現代の音楽の語法踏襲として自らのクラッシックに積を於くところの前衛音楽を書いたという反面教師的扱いも受けており、それらは逆にケージの音楽語法が一元的に音楽に留まらないものであり、語法的模範としては問題があるがメタ的要素がある芸術作品として純粋すぎるところを逆説的に伺い知れるところもある。

 ケージにただ聞き応えという点で嫌悪感をもり斯様なトピックやコメントにネガティヴに擬態語などを交え、いかに、自らの素での聞こえは自由だと主張し、蔑むのを省みない向きもあるが?

 これは金の価値での引き合いなど無意味なほど、一般の消費物と異なり、ともかく芸術作品には時として考えさせられる、考えてみる価値もあると、円海山愚考するもの也。

これはもしかすると?自らに課せられた発展への糸口をみすみす見逃す愚行は是非避けたいものでありなん。

(*)プリペアードピアノや、図形楽譜及びに中国の易や鈴木大拙の禅にヒントにチャンス・オペレーションにより作品を決める偶然性の音楽、そして最近の例では演奏時間639年の音楽、第二のコードが鳴らされる 独などの機構などあり、純器楽の作品も含めると膨大な様相である。

実にこの曲には、そのタイトルから巷説さるることに

「33秒を秒数に換算すると273秒であり

物質の最低温度、絶対零度マイナス273度に一致する点に注目がなされ。

実際には初演での時間による決定がなされながも、実はその絶対0度の意図があるのではと囁かれてもいる次第にて候


 実際サティーの家具の音楽
[PR]
by dr-enkaizan | 2007-03-28 03:40 | クラシック
<< バーチャルネットアイドル終了の... タミフルまで萌えになるこの素晴... >>