ブログトップ

六国峠@ドクター円海山の音楽診療室-無用な営みの、えも言われぬ、この上なき喜び

drenkaizan.exblog.jp

ようつべインクレズマ

Itzhak Perlman plays Klezmer
ご存知パールマン クレズマ演奏
Klezmer music on Sunday October 9, 2005 at the 67th National Folk Festival 1
67th National Folk Festival on Brown's Island in Richmond2
国際民族音楽祭でのクレズマ・・・長い盛り上がり状態のセッション
10;04でマルティン動機が登場する。

Klezmer All Star Clarinet Gang plays Bartok
バルトークのルーマニア民族舞曲をクレズマ調の編成風クラリネットアンサンブル+他で・・・まるでオリジナルのような素晴らしさ
Klezmer Company Orchestra
ラテンとクレズマの融合を目論んだようするに、ユダヤ圏内でのラテンオケバンドの抜粋
一部バンスタのウエストサイドのマンボやアリアに重唱の一部などを安易に想起させる。
そして最後はタイトル「マーラーのフリッシュ」にもあるようにマーラー交響曲第一番の第三楽章の一部をクレズマに先祖帰りさせてエンディングとしている。
Klezmer Modzitzピアノによる骨格的な状態ながらも・・・。
[PR]
by dr-enkaizan | 2007-03-04 03:30
<< ミュンシュの ミヨー「プロバン... もう一つのアニメ「禿山の一夜」... >>