ブログトップ

六国峠@ドクター円海山の音楽診療室-無用な営みの、えも言われぬ、この上なき喜び

drenkaizan.exblog.jp

最近の北京放送・・・・

最近安い短波ラジオを枕元において寝る前に海外放送再び聴いてみると、余りに変貌が激しい北京放送に閉口する次第。

ヒップポップ調の音楽にあふれエイべック○でてきそうな歌謡曲が流れる・・・かつてのそよ風吹いてきそうなすがすがしい中国古来の風情が少ない状態に。

唯一の救いは国内の文化変貌の批判をするコラムや、海外の時事への中国の立場の論点の社説など多少左ながらも平明な論説への転換が進行しているあたり。

しかし日本のFM放送やTV番組つくりを真似ることが文化躍進ではないことを当該放送局は考えるべきな時点に来ているのでは。

余りにその未消化なまねが陳腐では?

中国国際放送局
[PR]
by dr-enkaizan | 2006-09-08 23:48 | 雑文
<< ゲルニカといえば上野耕路氏が最... 「TRIO」ブランドが帰ってくる >>