ブログトップ

六国峠@ドクター円海山の音楽診療室-無用な営みの、えも言われぬ、この上なき喜び

drenkaizan.exblog.jp

改宗したブルターニュのケルト人の伝説の無き寺の鐘

さてドビュッシー生誕日ゆえ、道楽息子祭りの前の「鐘」企画
当然前奏曲集第一巻の「沈める寺」でそして鎌倉スイス先生負けずに一ひねりして、ビュッセルの編曲した版のある音盤で
Impressions of the Sea
Frank Bridge Claude Debussy Anatol Konstantinovich Lyadov Felix Mendelssohn Joann Falletta / Albany
ISBN : B00003XAUP
スコア選択:
当曲は余りに有名なゆえに多くを語ると陳腐ながら、ドビュッシーの「鐘」といえば映像第二集の第一曲よりもドラマッティクに仕上がったのは確かである所見さるる次第にて候。

 聞くところによると・・・・そもそもドビュツシーの管弦楽の為の(元は四手9の為の)映像第三集の第二曲「イベリア」のスケッチ帳に描かれた冒頭の酷似した断片が発端であり、最初はそこからスピンオフして、曲として書き上げられた次第であり、そのとき、題名を後に明記するルールの前奏曲集第一巻の10曲目(*)として、どの時点で作曲者が「鐘」と後述の「イスの伝承」を結び付けたかは不明ながら、どう聞いても意図的に伝承の一部の件の過程を克明に追った、ドビュッシーとしては珍しくも・・・交響詩的なる直接的な描写に富んでいる楽曲にて候。 

(*)手稿の前奏曲集での曲の銘銘は宜しく、終止線の後ろに控えめに書かれていた、ゆえに最初から題名で書いた楽曲というより曲のイメージにより題名をつけた可能性のある楽曲もままあり、その後の第二集では、さらに抽象性が増したもので、そのピアノの指の動きだけ明記した「交代する三度」という題名以外に着けられなかったものも現れ、さらに次回作の練習曲集では、さらにピアノ技巧のノウハウ的な題名にて題名が構成されるに至っている。
因みにスケッチの本筋のイベリアも後半に鐘が様々に使用されているゆえに、その素材は鐘と関連深いものを含有している節も推測できる。


イスノ伝承は下記を参照にするかしてもらえれば(笑)曲のあらましがわかる次第だか。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%82%B9_(%E4%BC%9D%E8%AA%AC%E9%83%BD%E5%B8%82)

 要するに後半の件における、罰当たりな顚末で沈んだ町「イス」が
水没したものの、今でもイスは海の底に地上にあった頃と変わらぬ姿で存在し、いつの日か復活してパリに引けを取らない姿を現す

そのときそこの寺院の鐘が鳴り、浮き上がった寺院から人々の古い聖歌の合唱が鳴り響き、モ一つの伝承としてのそれは再び幻としてその歌と鐘を鳴らしながら静かに消え行くといった、有様を描写した次第である。

 冒頭は空虚五度と四度が低音と高音に隔離された、長いペダルの上に、水の波紋のような四度の和音の上昇と低音の動きでピッチを下げて反復され、やがてその和音の動きの頂点でなされるEの音が直接的な鐘の音とし現る。

、その上に東洋の陰旋法とも中世の旋法にもとれる物悲しい、歌が現れ、次に冒頭の和音の動きが上下に山を描くように動き、低音の律動が始まり、みなの強大なるなみの如し、そして鐘楼の鐘とダブル四サイクルでの転回込みでの刺繍進行和音が繰り返され、寺の浮上の予感・・・・・・・そしてそれが頂点になり高音に、中間部の聖歌の冒頭の音形の先取りとも取れる三サイクルの鐘の上に、気高き寺院の大伽藍を表現したかのような、煌めきたるミクソルディア旋法による幾分斜めに雁行しながら下降する音形が現れ、頂点にたっし、その安定の上で圧倒的な象徴での心理的効果の鐘のうとかオルガンのペダルか?最低音cのソステヌートペダル上に、両手のオクターヴを押さえたユニゾンを含む、並行進行和音の壮絶な響きで聖歌が歌われる。

そして、ペンタトニックでの朗々とした盛り上がり、二つの隔離した音程による鐘の対話があり、その下のの鐘の音程が下がる時に、消え行く幻である定めのように、最初に出た東洋の陰旋法とも中世の旋法にもとれる物悲しい、歌が再現曲はアーチを描きだす予感に満ちつつ歌は名残を惜しむかのように幾分展開して熱く盛り上がり、そしてとれを突然さえぎるかのような呪文か魔術の実行めいた、短三度に下降する(*)未解決の二度を含む属9の和音の並進行、そして低音での鐘か?それとも再び寺を沈めんとする水面の動きか?二つのクラスターの僅かな対話がなされる。

(*)この呪文は和音の頭に付いている未解決な二度を半音で交互に折り返した形になり、その部分の動きはメシアンの移調の限られた旋法2番の先駆類例でもあるが、この件のドビュッシーの発想については、鍵盤の未解決の音程をタブタチュアライズに動かしたらこうなったという経験則の可能性もしくはムソルグスキーの楽曲の影響が今後研究の課題として成果を各位に期待したい。 

そして、水面に沈む寺を思わせる情景での聖歌の核の音たるペンタトニックの低音律動の上に、聖歌が静かにしかし荘厳さを保ちつつ歌われ、静まり返り冒頭の和音の群のやりとりが再現して、神妙に朗々たる三和音が引き伸ばされ曲は終る。

今回はこれを鑑賞する演奏としては、ピアノ盤ではもう他所で腐るほどの紹介もあり、さらに管弦楽編曲としては一番適切で著明なストコフスキーに、さらに適切なシンセサイサーの再構築による冨田勲氏編曲などもそれに准じており当然推奨ながら、少々ひねくれて上記の音盤に含まれるビュッセルの1910以後の管弦楽版をご紹介したい、この編曲特徴的なるは、直接に目立つ組み合わせで、金属打楽器を使用し、さらに鐘を一切使用していないものである。

そしてハープの活躍が著しく、その点ではストコフスキーのハリウッド編曲よりケルト伝承らしいところが強調される面白みがある次第にて候。

冒頭の空虚な音程和音の対話は引き伸ばしは低音弦と木管で、上昇は弦、
そして物悲しい歌は背景のEの鐘楼は木管のオクターヴにトライアングル(+セレスタ?)歌が弦楽そして、件の聖歌は金管で低音の弦を背景に歌われと時々ハープがそれをなぞるあたりがケルト的で面白い、そしてl後半では、およそハープの「ケルトではありえない」ペダルによる同名音的挙動によるグリッサンドアルペジオが活躍しており、それが様々な形で随所に現われ、まるで魔術的な色彩効果に変容しており、まさ沈み行く寺の情景をターナ的な色彩を彷彿させる次第。

当演奏はストコフスキーや冨田編曲に慣れた耳には少々最初フラストレーションが溜まる次第だが、ドビュッシー存命中の近親者の編曲である意と・・・・ケルト伝説の素朴を内向的な広がりで求めるには、格好の嵌る編曲として我推奨する。

追伸:でもはフラストレーションは溜まるときはストコフスキー
この録音に間に合わなかったが、開発されていた幻の電子楽器トラウトニュームを使って聖歌の背景のペダルのc音を倍音豊かで重厚なものにしようとした試みも考慮されたらしく、録音ではオルガンを使用してそれらしく威圧感をまして居る次第。

このペダルはピアノでも注目であり、その引き伸ばしは作曲当時のピアノのペダルではありえない中央ペダルで聖歌と低音を独立するものや、ペダリングで巧みに低音切れを回避するものなどあり、重要なる当曲の聴き所でもあることは此処に言及セリ。

さらにべーゼンドルファークラスのC0鍵盤があるピアノではcをオクターヴだダブらせて聞かせる兵ものあるが・・・この辺で終了。



追記:てつわんこさんのTBに伝伝承のモデルの話があり興味深い次第

さてグーグルアースでみるとなるほど
モン・サン・ミッシェル(影の形が凄いことに)
a0007939_19405684.jpg

セント・マイケル・マウント(まだ解像度が低い)
a0007939_19421688.jpg


なおこれらの教会に符合するマイケル=ミッシェル=ミカエルの意味は、sawyer氏のコメントと合わせると興味深き符合である。
大天使ミカエルは異教徒の追撃もその一つの使命にある。

それを扱った楽曲にはレスピーギの教会ステンドグラスでの、サタン軍団との対決をするミカエル率いる天使軍団の様を描写した「大天使ミカエル」などがあり、これも結構強烈なキリスト教受容の一端を思わせるものにて候。

パリの名前の由来・・・聖ミカエル  大天使ミカエル 異教徒追撃 改宗と情報がそろいて この沈める寺は意外にに底が深いところにあるのか?否や?
[PR]
by dr-enkaizan | 2006-08-22 00:00 | ドビュッシー@管弦楽
<< 世界に広げよう蔵オタの輪(笑) ボヘミアのトゥーレの弔鐘 >>