ブログトップ

六国峠@ドクター円海山の音楽診療室-無用な営みの、えも言われぬ、この上なき喜び

drenkaizan.exblog.jp

ゆうつべのビアギッテおばさんとショルティーと懲りないレコゲイ

思わぬところで話題のショルティーといえばこの爆笑指輪ドキュメント映像が・・・・・・
http://www.youtube.com/watch?v=GI1F7ziJIE
ビルギッド・二ルソン・・デンマーク読みでは名前はビアギッテとのこと古傷情報

ワーグナー:ニーベルングの指環
ショルティ(サー・ゲオルグ) ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 ピッツ(ビルヘルム) ウィーン国立歌劇場合唱団 ワーグナー ニルソン(ビルギット) シュロッサー(ベラ) ポップ(ルチア) クレスパン / ユニバーサルクラシック
ISBN : B00005FM1T
スコア選択:
デッカ黄金期・・・・

レーベルと言えば・・・

ちなみにレコゲイのあの特集で感心するは早計・・・たしかに表向きは豊富な情報量ではあるが・・・・・。
まず、多くが某分厚いオーディオ雑誌の近年の連載の引用に近くしかも、RCAの記事では以前レコゲイで言及した、デッカとの技術交流でのモントゥーやショルティーの一部RCA録音への参加や音源の返還問題など幻の音盤への言及がない片手落ちをやらかしている次第。


初期のRCAの声楽録音の伴奏にショルティーがありデッカにライナーのVPOがある当りや、RCAで一部のモントゥーのベートーヴェン当りがあるのを詳細言及なしという次第。

きっと此処でストロングさんもしくは好事の方々ががコメントで入れてくれるかも・・・。

レコ芸さん猫がいないくなって、安泰と思うなかれよ(笑)またネタ目当てにという意味で毎月買うかも・・・(爆)
a0007939_0393755.jpg

追記
ブルックナー:交響曲第4番
シカゴ交響楽団 ブルックナー ショルティ(サー・ゲオルク) / ユニバーサルクラシック
ISBN : B00005FKVD


ブルックナー:交響曲第4番
バレンボイム(ダニエル) シカゴ交響楽団 ブルックナー / ユニバーサルクラシック
ISBN : B00005FJJ9

これで筋肉VS不健康ラテンのタイマンが実現するぞ・・・・ベルリンで比較は八百長だからな約束だぞ。

ショルティーの円海山的お勧めはブルックナーはならVPOの7番だが、この指揮者の初期の実力を読める
The First Recordings as pianist and conductor, 1947-1958
Bela Bartok Ludwig van Beethoven Johannes Brahms Zoltan Kodaly Franz Schubert Richard Strauss Georg / Decca
ISBN : B00008CLMK

での収録のコダーイの辛辣さを・・・・。
ロンドンフィルがこの1952-4の録音以後どれほど此れに匹敵する鋭い演奏を行ったかは、両手足の指を持って数えてみよう。

ハリーヤノシュの三曲目のナポレオンの戦いと彼の敗北の音楽での、マーチの勇壮と滑稽の辛辣さと、敗北後のユーモアを明確にキビキビとした時間軸で描き分けは見事。

その前半の若干スフォルツアンドに誇張されたアコーギクなトロンボーンのマーチ旋律はクセになるほど特徴的。

 そして孔雀変奏曲の第7変奏曲以後のディンパニーのパティドラルの見事なバーバリスティク振りはモノラルを忘れる見事。
民族の情緒郷愁より、民族音楽+近代語法に迫り、さらに帰結がドライに滾る血潮というガランタ舞曲は作曲者の脳裏に流れる民族舞曲の躍動の概念を垣間見れるかのような次第、後半のアレグロ以後のバルトークに親近ある書法を的確に捉え、バルトークに近代語法の刺激を与えた元凶のコダーイの側面を前面にさらけ出しもしている次第。




いぬかみっ!で8/2シンクロニシティーが(汗)
http://www.youtube.com/watch?v=jRAJMYQf7RM

比較
へんたいへんたいへんと 放送禁止で走れば ・・
・が頭から抜けないスッ

追記:若手寺山系アングラ劇団舞台女優兼当アニメのたゆねの声担当の意森永理科(注)嬢のブログには、原作者も参加との報がある・・・・。

(注) 因みにアングラ声優の森永理科はサブカルに造詣があり少々軽いクラオタが入っている、デビューのワンダバスタイルでは、ネット・オークションで自分の下着を売りさばく元子役アイドルのブラックなる怪演技など披露し度肝を抜く。
その頃の日記にはプロコフィエフのロメジュリにストラヴィンスキーのペトルーシュカの言及がある。
[PR]
by dr-enkaizan | 2006-08-02 20:37 | クラシック
<< なんとあの曲が!!横浜で演奏さ... ラッド・マッキントッシュのビッ... >>