ブログトップ

六国峠@ドクター円海山の音楽診療室-無用な営みの、えも言われぬ、この上なき喜び

drenkaizan.exblog.jp

知られざる すぎやまこういち その交響的世界

16ビットのテレマニアーナ
にて最近注目度が舞いしているブログである庭は夏の日ざかり様
にてすぎやまこういち氏の著名なるドラクエの仕事が言及されている次第にて候。

 当方ドラクエより以前に知った世代的であり、幼少のGSブームの「亜麻色の髪の乙女」に「花の首飾り」から始まり。
第二次円谷と特撮の帰ってきたウルトラマンのテーマあたりでの世代でありまして、クラ的には少し距離があった認知がなされていた次第にて候。

 そしてその氏がその潜在していたクラ的頭角をあらわすのは、1970年代後半のオーディオブームよりJVCから依頼によるオーディオ交響曲第一番(交響曲第一番)からだと愚考いたす次第、その交響曲の作風は敬愛していたバルトークやストラヴィンスキー張りの近代音楽を切り詰めた書法なる緻密な作品であり、構成は次第に時間が長くなる三楽章からなり、四つの音からなる動機を様々に変奏展開する第一楽章に、ときにベルク時にバルトーク張りの弦楽の粘りつき怪しい第二楽章、一番長い第三楽章は、ドラムセクションによる16ビートの上にリフとしてのバルトークの弦チェレ第二楽章風な激しいフレーズやオスティナートの応酬、時に暴れる打楽器を経て、フュージョンアドリブ風ののピアノソロ(羽田健太郎演奏)が暴れ、シンコペイトでポップス風フィルが、半音階で累積するフーガに展開、そして緊張するSUSコードの和音で終わる本格的なものである。

そして音盤には交響曲のトラックの跡に、まるでマーラーの四番のフィナーレのように、こちらは別扱いでジャズヴォーカル風ながら、ラヴェルのダフニスかドビュッシーの牧神の午後を彷彿させる和音付けと、オーケストレーションが素晴らしい、コレットの「青い麦」に寄せたなかにし礼の歌詞による、歌曲「青い麦」が付随されている。

 個人的思いいれながらも、これらの楽曲の半端ではない書法徹底は、今日入手し難い機会音楽的音盤なのが惜しまれる次第でもありなん。

記憶が正しければ?このときにさらにおまけ収録された、「明日に掛ける橋」の編曲をNHK交響楽団が演奏したのが契機で親交を深め交響曲2番にあたるオーディオ交響曲や舞曲N響によって演奏されていゆく。

その後サンライズのアニメでファーストガンダムの次の「イデオン」やタツノコのがッチャマンの映画版音楽を重厚なオケとフュジョンサウンドで担当。

そのうちの前者は交響組曲として再編、イデオンはその音楽を交響曲第三番「イデオン」として編みなおしており、まるでプロコフィエフあたりかイベールのような音楽を展開している次第。

 歌謡的な第一楽章になぞめいた「イデ」のフレーズをちりばめた第二楽章そしてプロコフィエフかショスタコービチばりのソビエト音楽書法と、牧歌的雰囲気豊富なスケルツオの第三楽章、
ブラームスの四番が念頭にあったと作曲者自ら語るフィナーレと幾分書法は後退するも、侮れない。

その後、各種劇伴奏を多数行うが、80年代半ばのドラクエによって再度注目され今日に至る次第である。

むろんドラクエも限られたFM音源の制約の中斯様な、模倣を多く取り入れながらも印象深い音楽を作りえたのも、前述のキャリアが物語るのは確か次第にて候。

亜麻色もリメイクされたのあり、さらに今後は氏のオーディオ交響曲などの仕事も是非再評価が待たれるのではともワレ愚考いたすあたり筆を置く次第にて候。


サイボーグ009 ― オリジナル・サウンドトラック Vol.2 石ノ森章太郎 萬画音楽第全集6
TVサントラ 成田賢 こおろぎ’73 石ノ森章太郎 すぎやまこういち コロムビア・シンフォニック・オーケストラ 熊谷弘 / コロムビアミュージックエンタテインメント
ISBN : B00005EQ8G
スコア選択:
じつはプロコフィエフの交響曲三番のあからさまな引用が美味く効果として利用されている。





弦楽の為の「舞曲」I&II
すぎやまこういち タマス・ヴァサリー(指揮) ロンドンpo. / バンダイ・ミュージックエンタテインメント
ISBN : B000064A4Z
スコア選択:






〈ANIMEX 1200シリーズ〉(6) 交響組曲 科学忍者隊ガッチャマン
TVサントラ NHK交響楽団 すぎやまこういち / コロムビアミュージックエンタテインメント
ISBN : B0000AVT2B
スコア選択:

オーディオ交響曲の残像がすこしある音楽で、圧巻は小林氏のオリジナルテーマのすぎやま流編曲や、コープランド風の5/8拍子の音楽があったり、平和な音楽はドビュッシー風という珍しいもの。


交響曲「イデオン」
すぎやまこういち 東京フィルハーモニー交響楽団 小松一彦 / キングレコード
ISBN : B00005F671
スコア選択:

文中に言及したイデオン交響曲
サントラも合わせて聞くと尚面白い
サントラh羽田健太郎の伝説のアドリヴセッションなど逸話がある曰く付き。
伝説巨神イデオンBGM集
TVサントラ 戸田恵子 サントラ / キングレコード
ISBN : B00005F66Z

「伝説巨神イデオン2」 BGM集
TVサントラ サントラ / キングレコード
ISBN : B00005F670



追記:参考サイト:は「ほうえ」と「すぎやま」でこの円海山と接点ありそう
日々のカンサツニッキさま

勝手に紹介すいませんTBメイド派遣a0007939_21582663.gif
[PR]
by dr-enkaizan | 2006-06-07 02:35 | クラシック
<< ジダーノフ批判の後の自己批判を... マーラー 交響曲六番 不定期特... >>