ブログトップ

六国峠@ドクター円海山の音楽診療室-無用な営みの、えも言われぬ、この上なき喜び

drenkaizan.exblog.jp

ドビュッシー 交響組曲「春」(1)原典復元版(甲)

さてゆりかもさんのコメントで言及して、「ざわ・ざわ」と影響があった件

ドビュッシーの交響組曲「春」のオリジナル版想像復元版を中心に。

毎度なる不定期シリーズに。


Debussy: Rediscovered
Claude Debussy Emil de Cou San Francisco Ballet Orchestra Lisa Vroman / Arabesque
スコア選択: ★★★★★


当音盤は主に作曲者以外の編曲によるドビュッシーの各種作品を集成したもので、それらのなかで誠に珍妙なるは、指揮者のエミル・コウによる復元された,交響組曲「春」完全再現というものが収録されている次第でありなん。

さて件懸命なる愛好に音楽家の方々には周知なことながら・・・・・現行の交響組曲「春」にては、必ず「ビュッセル編の件」付くことである。

その経緯は後の章にj詳しく言及するが、あらましとしては、作曲者が「放蕩息子」(1884)による受賞した「ローマ大賞」の成果作品としてつくられ後述の理由で全貌が失われた「ジュレイマ」「森のディアーヌ」などのカンターターなどと同時期に作成される、そして趣向があわないローマからパリへ留学を早めに切り上げて帰国したドビュッシーの「最初の成果」として提出されたが?その特異な作品の状態によるものか、アカデミーに反抗的なドビュツシーへの嫌悪からか?当初アカデミーから拒否される次第似て候。

 その講評時の審査員だったサンサースが評論の言う「ドビュッシー氏この奇妙な印象主義から脱却すべきである」旨の発言から、音楽史上で始めてドビュッシーの周辺の類似した語法の「不確かなくくり」として「印象主義という喩え」が現れた作品にもなる次第であり。

(*)尚成立の一説にはローマ留学のボッチチェリの「春」への印象が一端とされているが、その具体的関係は音楽の構成に影響が見られないが、今後の各位の検証が期待される。
 そしてドビュッシーは次回作「選ばれし乙女」(1887)を作成する、その後他留学作品(*)の初演トラブルを巡り、そのとばっちりで「選ばれし」以外は演奏される機会を完全に失った、さらに追い討ちをかけるように「春」「ジュレイマ(注)」「森のダイアナ」などの音楽院の倉庫の火災で焼失してしまう。

(*)ピアノと管弦楽のための「幻想曲」での抜粋初演を巡る初演者ダンティーとドビュツシーのやり取りが要因であり。言及すると長くなる「諸説」ある理由の為作曲者が総譜を引き上げた顚末

 その消失した編成は同時期のカンタータ「選ばれし乙女」こ酷似している管弦楽と女性合唱という組み合わせであり、後の夜想曲の「海の精」の編成の前駆とも言える。

なおこの編成への執着がドビュッシーのオリジナルといえばそうでもないようであり、当時は文化教養として女性合唱が流行しており、社交慣習的タブーとして混声合唱は民間で形成することが趣味としては好ましくないという背景もドビュッシーの当編成の起用の要因の一つとも言われいる。

なお同様の編成では非難をしてサンサーンスがサムソンとデリラの次女の合唱当たりの前駆があり、同時期にはフォーレのカリギュラおよびプロメテウスといった1880年代の作品にもあり、その前後に類似の編成の作品(*)もある次第でそれらを裏付けている。

ショーソン「聖セシル」ダンティー「マドレーヌ」キャプレの「弦楽四重奏と女声合唱のための音楽」など出現しており、その後当該例と遠い影響を感じる英国のホルストの「惑星」の「海王星」などがある

さてはなしを戻して、消失したスコアをよそに、その曲の残された2台のピアノと女性合唱の草稿が雑誌の付録として発表され、それを1912-13にビュッセルが作曲者の承認を受け、当草稿の合唱部分の器楽化をメインにした編曲を行い1913年の4月に初演される。

 このビュツセル版の春には特異なる「2台のピアノ」などが残されているのは上記理由によるものであり、その版の音楽も、おそらく余長な理由で作曲者と協議した可能性もあるが?現在出版されているドーバに収録されている草稿版の2台ピアノ+女性合唱版と比較せると、何箇所にわたる小節のカットがなされており、一番大きい終楽章のゴーダの直前の削除部分は結構音楽の印象が変わるほどのものにて候。
a0007939_2174729.jpg

今回のエミル・コウはその失われた管弦楽部分を、2台ピアノに残された部分も含めて管弦楽化しており、それはビュッセル版で削除された部分まで再現している次第。

 それゆえに2台のピアノは編成から除かれ、弦楽とハープの流麗さが際立つ編曲になり、より同時期の「選ばれし乙女」や当時ドビュツシーが心酔したワーグナーのパルシファルのかすかな影響が見えるものに変貌している次第にて候。

なお詳細の言及はまたいずれ
[PR]
by dr-enkaizan | 2006-03-09 01:59 | ドビュッシー@管弦楽
<< 管弦楽のための三つの「夜想曲」... 久し振りに「猫」が「読みモノ」... >>