ブログトップ

六国峠@ドクター円海山の音楽診療室-無用な営みの、えも言われぬ、この上なき喜び

drenkaizan.exblog.jp

音楽掲示板じゃなかったの?

a0007939_143341.gif
_今日は二極間妄想竹のおはなし_

大手老舗のクッシック音楽掲示板の、クラッシク招き猫の最近「散歩道」が社会世相掲示板の様相を呈している。
音楽よりもそれに纏わる社会的な話題をする論客指向の人が増え、本来の音楽の話題に漏り上がった頃が懐かしい。

しかし最近は輸入盤規制に、コンサートの動向に何らかの異変が発生しており、そうした生の情報を得られる投稿は非常に有り難いものゆえ、無論続けて悪い訳ではないが、投稿の前に「やっていることが常識か」「立場の自慢」と「偏り」がなく、管理人の迷惑にならないように、しかも一部の立場の人間に心ある配慮があるか?は考慮する必要があるものもいる。

無論「新聞購読を楯に¥1000-もする雑誌をなんたら」とか、個人的不快な事件をもとに、世相を騙り「やくざ」呼ばわりは、論外である。

 内心・・・個人的には一部思い当たり賛同できる提言は「ベリーグット」なれどどれだけの人間が「個人の価値観ぶつかり合いでの不毛な論争」「偏向した意見」に、「不当な呼ばわり」をされて、トラブルが起きるのもネットの歴史たるもの知るべし。

掲示板とは相手の見えぬ潜水艦の航行の如し、「ピンガー」よりも「聴音」が大切なり、水面にいる、駆逐艦から魚雷・爆雷がきて撃沈されてからでは遅しものといえば、いろいろ暗喩がありすぎな古参の意見に過ぎず御座候。ネット暦が浅そうな投稿者は「撃沈」とは戦争以外にも有る事を知るべし。

それらの前に、モーリス・ラヴェルがラ・ヴェルスをディアギレフが上演したか、しないかを確認して、不協和音一言で成り立つような(笑)評論気取りの感想文を書いたほうが同感できて面白い。

さて音楽雑誌にするようにその配慮を思い出してくだちい。(ガンツ風)

「なにしろ」において、なんか今のトップスレッドも奇妙なお話
クラッシクファンのコンサートの動向で、社会世相及び動きまでわかるとしたら大 間違い、誇大妄想、孟宗竹なんちゃって。(広川太一郎風)
 非常に企業バブルの一般の正規雇用の枠から漏れた青年~中年をいまのマスコミが社会世相として、勝ち組みの良識社会人放送政策&アナウンサーが政治の所為だといわんばかりにまゆに立て皺を寄せて、浮浪者の扱いで報道するが、その辺の話題に囚われた視線で自分か金持ちだから言えそうな感慨の宦官(笑)。

 ようするに、若者とナンタラという構図もしくは、金持ちかボンビーかという、(我は後者と言う事で)間での二極化というより、価値観が多様化し、ネットおよびタブロイドで安易に、廉価である程度の商品的に入手できる情報や知識が溢れている情報社会、さらに最悪は「個人向けの融資」さらに、「サイドビジネスにアルバイト」という高額金銭の発生の手段など氾濫しており。すでに個人単位の、価値意識がすでに中流意識を超えてしまったことに追いつかない状態を表してるに過ぎない。

 社会の構造としてある種の二極化はやはり悲しい現実で偏在するなか、昔ならおおよそ発生しない目的に達する手段が多様に発生していることであり、それらの状況で「誰でも高いものが欲しい」、という欲求があり「それを実現できる自分に見合った幾つかの手段」があるなか、コンサートにはボンビーでも興味があるなら、ハードな「バイト」しても「借金」しても良い席は買うし。金の有るものはよほど拘らなければE席よだったらパスして他のコンサートか音盤を買うという流れの結果に過ぎないわけであると考察される。

 個人的には、本当にクラッシックが心配なら、自分の音楽との接する姿を踏まえて、相手を夢中にさせる、情報発信の方法と参加を切に願わんものにて候、社会がさせるのではなく、己が世相を作る意気を持つべし。

某アニメの「笑い男」も円周上で「そんなに世の中が不満でいやなら目と耳を塞げ、さもなくば自分を変えろ」などといっておりまする。
[PR]
by dr-enkaizan | 2004-04-24 14:33 | 雑文
<< 懲りないのか?・障害者をネタに... マーラーの音楽を語るクレズマ音楽 >>