ブログトップ

六国峠@ドクター円海山の音楽診療室-無用な営みの、えも言われぬ、この上なき喜び

drenkaizan.exblog.jp

しーぽん(by 宇宙のステルヴィア)対抗してBPSこと白瀬では

アニメに出てくるすごいプログラマ
片瀬志摩の俗称(by 宇宙のステルヴィア)
あの12話およびその予告においてのボーイフレンドの「小唄」(当て字で十分じゃぃ)とのキスで某所のスレッドで多数の首吊りAAが生じ中古扱いの株価下落もしたが?しかし!当時は、プログラマー板にトピックが出るインパクトある可愛いいアニメキャラにて候。
a0007939_336890.jpg

少々お団子ツインテールという最強萌え外見で驚異のタイピングテクニック、完璧なプログラム正直根は頑固という二面性もあり典型的「ふたご座にのみぞ判る性癖」ある「ふたご座キャラ」で第二話の宇宙飛行士鍛錬一般教科でブラスバンド?でトランペット?(B管)も「スースー」吹いて息切れ失神していた。
でも大きいお友達は・・・・アリッサなどの親友の一人の藤沢やよいの頭についたアンモナイト縛り髪と巨●ぶりに・・・・・視線が(以下略)。

(*)16歳ぐらいの女の子だからコルネット(B管)か?

なお途中からでてくる番組上の炉成分補強な風祭りんなはテルミンを奏でていた・・「でもあれ音楽じゃねぇ」。

あの、ストラヴィンスキーの「狐」の一部の音楽のようなBGMで発信させらるる、小型宇宙艇「ビアンカ」をコマンド打ちで動かしていた様はかつてオートCAD(GX-5)相当の頃のやつをコマンド打ちして図面を書いていたオペレータを見ていた戦慄がよみがえる。

さてすごいプログラマといえばTVKで宇宙のステルヴィアの後クールごろに短期やっていた
「BPS バトルプログラマーシラセ」でしょうにて候

当作品の発端は天地無用のアンソロジーの内輪ネタからピックアップした実在の人物のアンソロジーで、非常にアングラなネタながら そこに出てくる柚木頼子嬢も強烈

 小学生にてアメリカ情報海軍の美しき女性プログラマー(?)大人びた言動、しまいにゃ逆ハックで先方の電子機器を暴走させて大爆発という荒唐無稽なことを・・・・・。

こんなものが見れる日本てっ国は・・・・・。a0007939_3194261.gif
[PR]
by dr-enkaizan | 2005-03-25 03:20 | 雑文
<< 応用問題1:以下の行為をクラ的... クセナキス:メタスタシス(弁証... >>