ブログトップ

六国峠@ドクター円海山の音楽診療室-無用な営みの、えも言われぬ、この上なき喜び

drenkaizan.exblog.jp

Geocitiesの二の舞だね・・

livedoor Blog 開発日誌:利用規約の一部変更のお知らせ

 これは一部の人には闇討ちに等しい裏切りやも。?許すマジの思いがひしひしと。

a0007939_4433367.gif





だが!!大半の人?最初からブログを本になるつもりで書いてるすかっ?まあ日記帳ならリアルに自分の手元に置くし・・・・それほど見込まれているということは「生扉」のブロガー様は物書き名利に尽きるてんでは気を好くしても、バチはあたらない。しかし場の提供者主催者側が明らかにブログの特性を理解していなかった、それで客は誘い集めたが、その動き予想しえない事態に展開していることの現れ。また「生扉」以外にも「此処を筆頭に」他の企業間でブログの規約に仕様がまちまちなのもその現れであり、知的財産云々のまえに入物の統合がなされなければブログのカテゴリーでの利益は発生するほどになるのか?甚だ疑問。

 この自分でヘッドラインを定め、日記にBBSとTB機能はたまた他方へのレーダとピングを組み合わせた「ブログ」は、極プライベート情報が入力されやすい面持ちのインターフェースと裏腹に、膨大な波及効果と伝達力そして情報交換能力をもつことにある。話題に対する反応が、引用、参照、コメントとさまざま形で現れる、にそれゆえに書き手はメジャー突出するのもマイノリティーな情報でいようとすることも、難しく、それらは書き手の意図よりも入力された「情報」の「程度」と「効果」に準じられるのが実情である。

 その会社ブログカテゴリーを作ったかたといってすぐに本できる売りになる書き手があるとは限らないし、個人が始めても情報が波及たらしむる度合いを決める。

 実際「生扉」が最近のCMでブログを取り上げた注釈も「日記」というはなはだ似て非なるものたとえだったのが大いに気になっていたが?

それは甘い認識表だったようで・・・・・・・・結局その情報量に予想以上で驚いてしまったのかも知れぬ似て候。

 ただそれはブログ利用での表向きということに気づいてはいない、要するに情報がTBとコメントをもって統合平均化される過程の魅力がブログであり、それらのメモともいえるログの残骸をかき集めて書物か何かの商品にしたときに資産たりえる保証はない。

 顛末はまあただなんだからといえばそれまで・・・・。「生扉」のあざとさに敬意は表すれど、良識の度合いは反面教師か?学習能力は無しか?金の卵を生ますまえに、待ちきれずに解体したような寓話を現実に垣間見るような思い。

 しかしその策にも盲点があってトラックバック先のタイトルや・・文章引用さらに、トラックバックされた他のブログからの文章はどうするのか?問い問題がのこれば、それは先方との交渉であもありブログのプロバイダーというか鯖業者間のガチンコに発展するのが見ものかもしれない。

 当方とは大違いの、奇特にも?もし本にされそうな優秀な内容のブログ執筆の生扉の諸君、他社ブログにトラックバックされた内容で対戦車地雷のように巧みにカムフラージュしたと元ネタに追記してやり、管理関係を複雑にしてやればいかがと思う所存。

 しかしネットから本というのも・・・多くはなるが其のうち当たり前になってしまい、いつまでも儲かる口ではないのと思うが?

テクストサイトの勢いは侍魂やちゆさん。・・2ちゃんねたムック・・・・・・・電車男の流れから作られるものから自然なハプニングへ・・・・・ほぼTVと同じかも?万人の認めるコミユケーションなんでそうざらに転がっては居ないじゃねぇか?

反感の買われ損になりお気の毒限り。

合掌



a0007939_1354553.jpg

[PR]
by dr-enkaizan | 2004-11-14 04:34 | 雑文
<< フランク オラトリオ「至福」(1) 何事にも序列は着けたいのでしょ... >>