ブログトップ

六国峠@ドクター円海山の音楽診療室-無用な営みの、えも言われぬ、この上なき喜び

drenkaizan.exblog.jp

フルトヴェングラーのモントルー

フジテレビのベルリンフィルの特集・・・・皆様はどのようにごらんになったでのせうか?

 どうも素直に見れない箇所が多くあり、現状における打楽器奏者ラトルの企画らしいのですが、子供のへあたえららる音楽体験が余りに「奔放」「無秩序」なのは?果たしてクラシックとして正しいか?が疑問であり、たんなる音楽啓蒙の「スタントプレィー」のような気もしなくないよう気もいたす次第・・・。

 この子供たちにイメージした事柄への能動的パフォーマンスジャンルは、にこだわらない音楽を行動と捉える点での、ボーダーレスということは一見聞こえ良きことながら、音楽における深い共感や感動としての「受動的な感受性」の方を蔑ろにしているようにも見えるもはこれいかに?まあ取り上げ方の問題があることしかり、ほかにパユファンのフルート愛好家の女性も?あれでは単なる「芸能人オサレ追っかけ」の「痛い女」の扱いにしか見えず、なぜメインページにフルート音楽を愛好するテーマの旨があり、其の傘下に設けられたコンテンツとしてベルリンフィルの「パユ様」を紹介しないのか?あのTV局の「無理解」に怒りを覚える。

 さらに入門用とはいえ当時のフルトヴェングラーとベルリンフィル亡命での周辺者の功績をただゲシュタポの内通者だけの紹介に留まっているのも、また当時のオケ団員に観客というたり着たりなお涙再現ドラマの証言の感動の押し売りと賞賛つくしにも、本題に到達知る前にしょうしょう胃もたれを起こしそうになるくどさを感ずることしかり。


 ユダヤ人をめぐるゲッペルスとの確執についてはあるが、ヒンデミットのマティス事件の言及もなく、さらに急な亡命劇の実際スイス入国にはシェーンベルクがらみでのユダヤ保護へのよしみと、ナチ以外の共産党員へ傾倒してて反ナチ活動をしていたシェルヘンや、スイスの仕事の手配に奔走していたアンセルメなどの周辺人への言及もなく、さらに五時間差で脱出劇や書類が不備を見逃したスイス税関員のGJなど、まあTVとしたらベルリンメインとして仕方なく割愛したのだとは思うが・・・・・あまりに浅過ぎるのに肩を落すこと多きことにて候。

これは重箱の隅の話といえばそれまでのお話

 ちなみに2/12.14スイス・ロマンド管、2/23ヴィンタートゥーア管でブル8を
そしてまだ評判がナチを払拭できずに2/25強い反対運動が起きてトーンハレ管は中止して
彼は演奏より作曲活動が盛んになり第二交響曲がかかれていたりもしますが。

このころの音源はあるようなないような?これはあまりディープではないアンセルメよりの情報からゆえ詳細はこのれぐらいしか不明・・・・ご存知の方はコメントください

 これらは当方「手持ちねた記憶」より無断リンク禁止のサイトさんにはさらに詳しいので
グーグルで「モントルーの」 「フルトヴェングラー」などで検索してみること推奨いたしまする。
[PR]
by dr-enkaizan | 2004-11-10 23:32 | クラシック
<< バチ者キナコ現る、本とのきな粉... 学研「歴史群像」の12月は掩体... >>